スポンサーリンク
ヌメ革

オススメ6選!各種レザークリームの長短所を一斉比較!

今まで数々の革用クリームを塗り倒してきた私奴が、なるべく偏見を除外したフラットな意見にて各社の革用クリームをご紹介しようというこの企画。
ヌメ革

初心者も安心!たった5工程のヌメ革メンテナンス!

さてさて、ヌメ革メンテナンス第3段! 多少更新の間隔が空いてしまいましたが、とうとう本編に突入しませうか。 今回は、ヌメ革製品をおろした!日光浴もすませた!いざ、使わん!としている方に対する、私奴オススメのお手入れ方法です。
メンズファッション

これぞTricker’sで味わえる幸福感だ!

先のデンツ・ラベンハムと続き、最近はどうもイギリスネタが続いています。 ラルフローレンが好きと良いながらも、イギリスネタの連投で恐縮ですが、今回もイギリスが誇る高品質シューメーカー、Tricker's(トリッカーズ)社のカントリーブーツについて。
メンズファッション

ON/OFF使える汎用性!大人が選ぶアウターはLavenham!

前回は、企業戦士を守る伝説のアイテムとして、デンツの手袋をご紹介させて頂きましたが、今回はドラクエでいう所の守りの要である鎧のご紹介! というわけで、世のビジネスマンに贈る、コート・アウター関連における伝説アイテムをご紹介したいと思います!
メンズファッション

イギリス的アプローチとアメリカ的アプローチ

さてさて、 昨年あたりからイギリス風なスパイスのきいたファッションが流行しており、どこの洋服屋さんにいってもツイード系のジャケットやパンツ、エルボーパッチ付きのセーターや、ハンティングジャケット等、古きよきイギリスのカントリースタイルの装いが目立っております。
メンズファッション

国内価格から幾らお得?ラルフローレンを個人輸入してみた!

日本定価:¥23,100 これが、本国では$162。($=90円で計算しても¥15,000以下。) 定価時点で¥8000近い差額www さらに、向うではセール時期が早く、そこから値引きされて$86(約¥7,800)での販売ですた。
ライフスタイル

3000円でプロの愛機が手に入る!HOHNERのハープ

ハーモニカといえば、カッコいい? ダサい? かくいう私奴も、かつてはオヤジ臭い、ダサい等のイメージを持っておりましたが、人間の感覚とは勝手なもので、都合良くコロリコロリとその場にて変わるモノだなと実感。 今回はそんなハーモニカについてのお話。
メンズファッション

伝説を実感するのだ!DENTS(デンツ)のペッカリー手袋

ご存知の方も居られるとは思いますが、DENTS(デンツ)社は、イギリスの高級手袋専門メーカーです。 最近はイロイロなブランドより手袋は発表されてはおりますが、餅は餅屋。手袋は俄然手袋メーカー性が良いですね。
ヌメ革

失敗例も大公開!ヌメ革日光浴の手引き

新品状態をおろした場合、すぐには使用ぜす1ヶ月は準備期間として御留意ください。 と、いうのも、この1ヶ月の過ごし方によって、今後のヌメ革のエイジング具合に大きな差が発生してくるのです。 『一年の計は元旦にあり』と言われる様に、『ヌメ革の計は購入後1ヶ月にあり』といっても過言ではありません。
ヌメ革

絶対失敗しない!ヌメ革エイジングの手引き

ヌメ革というのは、植物より抽出されるタンニンという成分にて革をなめした状態の革を指します。 一般的な革製品は、この状態から染色や、シボ・型押し加工等、様々な工程を経て製品化されるのですが、一般的なヌメ革とは染色も加工もされていない、言わば 『すっぴん』状態となります。
スポンサーリンク