一度GRETSCHを買ったら他のギターは買えない!

GRETSCH2

さて、ついにコイツについて筆をとる機会がきましたか。
以前よりチラリチラリとソレっぽい事を匂わせつつ記事を更新しておりましたが、何を隠そう私奴はギターこよなく愛す、趣味の範疇を大きく超えない万年補欠クラスの駄腕ギタリスト。

身分不相応な高級機材であります愛器GRETSCH(グレッチ)を日々ギュインギュインと鳴らし 日頃の鬱憤や 愛だの恋だの、逢えなくて震えるだの を唄にしております。(爆)

短いながらも 私奴の今までの人生に中における物欲解消の本丸といっても過言ではないこのGRETSCH(グレッチ)。

多少なりともギターをかじった事のあろうお方であれば、一度は耳にした事があるであろう伝統的なギターメーカーでありながら、『使用ギターはグレッチ』 とカミングアウトするだけで、好きな芸能人に剛力彩芽選手を挙げた時ヨロシクな 得も知れぬ空白の1拍を生むと言われる程に世間に愛されているグレッチ様www。(実体験よりww←被害妄想過多)
※いや、私は、剛力選手大好きですよ!カワイイす!

と、言う事で 今回はそんなグレッチについてシェゲナベイベーwww

【関連記事】

今回の記事に関しては、以前にご紹介させて頂いたグレッチのスピンオフ企画。 そう、何を隠そう今回はエレキギターの相棒ともいえるアンプについて筆をとりませうか。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

GRETSCH(グレッチ)のテネシーローズ

さてさて、前述したエピソードは少々大袈裟すきるきらいはありますが、実際に音楽番組や、好きなアーティストの使用機材を見てみると、ギターメーカーの2大巨頭といわれるギブソン・フェンダー社に比べると、目にする機会は決して多くはないと思います。

まぁ、それにはソレでキチンとした理由がある(後述参照)ワケなんですが、ソレを補って余る程にこのグレッチというギター(メーカー)には魅力が溢れているのだ!!

今回はココでそんなGRETSCH(グレッチ)の魅力について語り、琵琶法師よろしくGRETSCH(グレッチ)の良さを広めさせて頂きますwwww

では、まず私奴が愛用するギターをばご紹介。

GRETSCH1

愛器グレッチ G6119 世に言われるテネシーローズとはこの事よ。

テネシーローズに関しては、同じG6119という型番でも1950年後半〜60年にかけて作製されたモノは『テネシアン』と呼ばれたりと、ナカナカ住み分けが複雑ではありますが、私奴の愛用するG6119は何を隠そうテネシーローズ(所謂現行品と呼ばれるモノww)

一般的にはテネシアン時代のG6119の方が、高価で 音がイイと言われていますので、間違っても私奴のテネシーローズは自慢する程のモノではありませんがwww

※テネシアン/テネシーローズ の名称等については、ググれば詳細は分かるので割愛しますが、大人の事情が絡んでの事だそうですよww

そんな、冒頭の通り 場合によっては 同じギターであっても煙たがられる事が 無きにしも有らずな このグレッチギターについて。

さて、そんなグレッチについてご存知無い方の為に 僭越ながら 今より、世間一般的に云われるグレッチの特徴 及び 総評をばご紹介しませうか。

GRETSCHの特徴その①:音が悪いwww

記載内容に語弊がアリアリですが、詳しく言えば特徴的過ぎる音といいましょうか。
聞き比べて頂ければ一目瞭然(この場合 一耳瞭然)ですが、全然違うんですよ、コレが。

有名な ギブソン・フェンダー社のギターは ”THEギター” という名目にて100円均一でお馴染みのダイソーに音色CDが取り扱いされそうな程に ジャカジャーン!!! ってな感じの 皆さんが容易に想像できる音色なのですが、 対するグレッチといえば、乾いた音といいますか、バララーン!とギャララーン!が同時に鳴った様なホントに独特な音色なのです。
(ギターの構造に違いも有りますけどネ。)

この音色こそが、特徴的過ぎるが故にアンサンブルとしては使用しにくかったり、エフェクターと言われる音色の変換装置があるのですが、仮にソレを通してみても 『あ、グレッチ!!』と分かる程の強烈な個性が光ったりという 悪く言えば協調性の無い音色こそが、グレッチユーザーを少なたらしめる理由ではあるんですが。。。(爆)

とはいうものの、モチロン ソレはグレッチで無ければ鳴らせない音でありますので。
音が悪すぎるが為に、逆にソレが長所と呼ばれ 一部のユーザーに熱烈に指示されているのも事実。

かの有名なブライアンセッツアーはデビュー当時からグレッチ一辺倒ですし、元ブランキーのベンジーこと 浅井選手や、元ミッシェルガンエレファントのチバユウスケ選手、違ったジャンルでは元フリッパーズギターの小沢健二選手 といったビッグネームも愛用しているのが、ココンチのギターなのです。

もうね、自分で書いときながら、『音が悪い』というのは都市伝説で、実際はホントにカッコイイ音が鳴る楽器であるという事を 全国のグレッチユーザーを代表して声を大にして言いたいwwww

GRETSCHの特徴その②:デカイwww

さて、コレはまんまですが、ボディもデカけりゃ、ネックも長いです。
もっというと箱ギター(ボディの中身が空洞になっている)為、厚みもあるという。

私奴の所有するテネシーローズはまだマシですが、コイツの兄貴分てきな存在のG6120(通称:ナッシュビル)に関しては、更に1.5倍以上の厚みを要するという、下手するとアコースティックギターよろしくな大きさとなります。

更にさらに、ボディが大きい(分厚い)という事で、なんともパイポジション(ボディに近い部分)で弾き難い! フェンダーのギター等の場合はハイポジションもラクラクなんですが、グレッチに至っては15フレット目で投出したくなる程の演奏者泣かせ。

私奴は、ソレを理由に、ハイポジションでキュイーーーン!!なんて絶対やりません。
もとい、元々出来ませんwwww(猛爆)

GRETSCHの特徴その③:見た目がカッコイイ!!!!

今まで散々音が悪いだのデカくて弾き難いだのと文句タラタラでしたが、もうこのルックスで全てをリカバーできる程にカッコイイです。

というか艶っぽいwwww

世に箱ギターと呼ばれるギターは数多くありますし、ボディに施されたfホール付きのギターだって山の様にあります。
しかしながら、なぜかグレッチ程に見た目がセクシーなギターはナカナカないと私奴は信じています。

GRETSCH3

著名な箱ギターとの比較。
あぁ、どれもカッコイ・・・いや、グレッチが一番カッコイイ!!wwww

更にはビグスビー社製のブリッジ(弦を止める所)もグレッチのルックス的特徴を担う重要なパーツであり、この独特の構造を利用して、ダダリオ社製の弦の6色ボールエンドを見せるというニクい小技が出来るのもグレッチならではw

GRETSCH2

この6色ボールエンドにて可愛さというギャップをプラス。
全て計算されたこの仕様は稀代のイケメン顔w

誰が言ったか、世界で一番美しいギターと云われるホワイトファルコンも、グレッチ製ですし、キラキラ感もありつつ、妖艶な造形美はやはりグレッチでないと味わえないでしょう。

いまや有名なホワイトファルコン。
個人的にwカッタウェイが好き。

間違っても日本家屋には似合わない 神々しい程のデザインww
もうね、見てるだけで ご飯3杯は軽くイケると自負するほどグレッチが好きですww

GRETSCHで不便を感じる事はあるのか?

そんなグレッチ好きの私奴ですが、小遣いでヤイソレ!と購入できる程 懐は潤沢ではありませんが、いつかはもう一本、60年前半のオールド品という奴を所有してみたいという願望があります。

ただ、グレッチ全般に言えることですが、ブリッジが固定されて居なかったり、箱ギター特有の高い現高にて弾き難かったり、弦の交換が面倒だったりというネガティブな要因は多々ありますwww

もっというと、同じくギターを弾かれる方より 『ソレ(グレッチ)使い難くない??』 と言われる事も少なく有りませんが 『いやー、使いにくいっスよー』と言いながらニヤニヤして使いたい、傍に置いておきたい位、カワイイのです。

おそらく、世のグレッチユーザーは皆同じ気持ちかと思います。
短所含めてそれ全てがグレッチの魅力なのです。

細かく挙げるとタウンページよろしくなページ数の原稿を入稿できるくらいの魅力が満載なのですが、一旦ここでは割愛ww

ふふふ。 本記事をご覧の諸兄諸姉諸君。
ちょっとグレッチが欲しくなったんじゃないでしょうか?

いいんですよ!日本経済の活性化の為にも買っちゃいなよ!!!!
そしてグレッチの魅力を世に広めませう!!ww

【関連記事】

今回の記事に関しては、以前にご紹介させて頂いたグレッチのスピンオフ企画。 そう、何を隠そう今回はエレキギターの相棒ともいえるアンプについて筆をとりませうか。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする