永遠の大定番!ブルックスブラザーズのBDシャツの魅力!

Brooks Brothers10

今回も前回のオーダーシャツの記事に引き続いてシャツネタ。

冬のボーナスも使い切り、そろそろ夏ボーナスを何に使おうかなんて終わりのない煩悩ループ&捕らぬ狐の皮算用を炸裂させているであろう諸兄諸姉諸君、いかがお過ごしでしょうか。

というのも、襟付きのシャツ好きなんですよ。個人的に。

長袖も夏場でもガンガン着用します。
もちろん袖は捲っていますが、半袖シャツのシルエットよりも、長袖を捲り上げたシルエットの方が好きなんですよね。
故に、フツーのオックスフォードシャツなんかだったら一年中愛用してます。

基本的に仕事でもシャツネクタイですが、別に仕事用と割り切って着用しているワケでもなく、前回ご紹介したシオーダーシャツなんかも、ON/OFF問わず着用したりします。

そんな中、今回久しぶりにONには使えないであろう、カジュアル用途に全パラメータを振ったシャツを購入しました。 ソイツがコチラ

Brooks Brothers2

ご存知、ラルフローレンと並ぶ、アメトラ界の2台巨頭、ブルックスブラザーズ。
レッドフリースではなくて、メインライン(と呼んでいいのかな?)です。

ベーシックなトリコロールカラーのチェック柄でありながら、青の面積が大きいのでジーパンでもチノパンにでも結構重宝しそうです。

実はコイツ、秋冬のセール品ですが、素材もコットン100%ですし、厚手なワケでもなく、夏場に短パンに併せてもよさそう。

実はオーダーシャツの回収時に店頭で一目ぼれしてしまい、デステニーな出会いからお持ち帰りしてしまったこのシャツ。
電撃入団でありながら即戦力のルーキーとしてローテーションメンバーとして大いに活躍が期待できます。 今年の新人王となり得るのか!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

BDシャツは襟が命

『芸能人は歯が命』たるキャッチコピーは、よもやの同年代以上の方であれば耳馴染があろうかと思いますが、BDシャツに言い換えるとするならば襟ではないでしょうか。エリ。

Brooks Brothers7

ブルックスの代名詞ともいえるBDシャツのお襟。 長すぎず、短すぎずちょうどいい。 また絶妙なボタンの位置が演出するクルりんとしたカーブがいい。

ラルフローレンシャツ

例えば、ラルフローレンにも、オックスフォードBDシャツが定番アイテムとしてありますが、お襟はコンパクトな仕上がり。
この辺の襟のカタチは同じくアメトラ対決としても、ラルフローレンよりもブルックスが好きです。

ORIANシャツ

こちらは毛色が少々異なりますが、前回ご紹介したオリアンのBDシャツ。
ORIANもキレイなカーブを描いていますが、押えきれない色気がたっぷりなイキフンはサスガのお国柄。

ブルックスのカッチリとトラッドなイキフンとは一線を画すのは、襟の開き具合が秀逸。
上記の具合を見てみると、襟のきれいなカーブ感を演出ようと思うと、大きめの襟が必要ですね。

ちなみに、ブルックスのセカンドライン?のレッドフリースも同じく購入候補だったんですが、なんせ今回ご紹介したメインラインの襟のカタチがキレイだったことより、コイツを選択した私奴。
レッドフリースも若干小さめの襟だったかと思います。
モード感溢れる小さい襟もキライではないですが、どちらかと言えば、ブルックスやインディビくらいの襟のサイズが好きだなぁ。

そういえば、本記事を書くにあたって【えり】という文字を今までの人生の中で一番タイピングしたのですが、その際に 息子が大好きな保育士さんの名前も 『エリちゃん』 だったことを思い出しましたした。

親子揃ってエリにはうるさいwww(猛爆)

スーピマコットンを使用した極上の肌触り

さて、襟のカタチは上記でお腹いっぱい(爆)かもしれませんが、ブルックスブラザーズのシャツにはマダマダ素晴らしいポイントがあるんです。
そのひとつが、シャツの生地。

というのも、ユニクロのTシャツで一躍知名度を上げた長綿種でお馴染の、スーピマコットンが使われています。
それ故、スベスベとした肌触りで、素肌に着用しても気持ちいいんですよね。

Brooks Brothers4

元来、オックスフォード生地のようなガシガシとした生地も好きなんですが、やはり肌触りという観点で比較しちゃうと違うなぁと。

今回は、意図してこの生地を重要視してを選んだワケでは有りませんが、良いモノはイイwww
とはいえコットン生地に関してはガシガシした生地もスベスベとした生地も愛せる両刀使いの私奴(爆)。
まだまだこのコットン生地ガシガシvs.スルスル論争の決着はついていませんwww (この辺りは、チャンピオンのT1011の生地にも通ずるモノがあったりなかったり)

ただ、打ち込みも結構しっかりしてて、洗濯してもイイ感じに草臥れてくれそうなんですよね。
またいい感じに洗濯されたスーピマコットンの気持ちよさたるや。

プレスしてもアリですし、洗いざらしでも◎ 主にカジュアル目線のシャツですが、コットンスーツに併せてみても案外イイかもしれません。

攻める!攻める!ブルックス・ブラザーズの攻撃!

今回のBDシャツ、大きくはチェックの柄(容姿端麗)と、BDの襟のエレガント(ナイスなスタイル)さ、生地素材の気持ちよさ(所作や立ち振る舞い)、この3点で得る程度の物欲を刺激され、ムラムラと欲情した私奴に、試着時のシルエットの丁度良さ(ボディタッチ)がダメ押しツーラン。
コールド負けとなり あえなくお持ち帰りと相成ったワケですが、持ち帰ってイロイロと観察していると、サスガはブルックス・ブラザーズ。
細かいディテールも作りこまれています。

Brooks Brothers2

アメトラといえば表前立て。 前立てに併せてココの柄をもってくるのがニクイ。

Brooks Brothers6

同じくセンターボックスプリーツ。
ダーツと異なる、背中のシワ感が演出できます。
ココらへんはアメトラの王道ディテールではないでしょうか。

Brooks Brothers3

ボタンもブルックスオリジナル。
貝ボタンではないですが、コストを考えるとまぁそれなりかと。

どうした!?ブルックス・ブラザーズ!

ただ、ここからは若干ネガキャン的な内容になるかもしれませんが、一部の細かなディテールが省略されておりました。
このあたりは、手持ちのラルフのBDシャツと比較しながら見ていきましょう。
先ずはコチラ。

①ハンガーループが省略

Brooks Brothers8

別に無くても何も問題はありませんが、個人的にコレは残念

というのも、洗いざらしのシャツをここのループで吊るのがやりたい(爆)
ハンガーでなくさり気なく。このチェックのシャツなら結構いい雰囲気かとおもったのにww

②脇マチが省略

Brooks Brothers9

元々はココの補強については、シャツが擦り切れたり、破れるのを防止していたとかナントカ。
いまや、滅多に裾が破れる事態には遭遇しませんが、そういった細かい所まで作りこまれてるというのが、情熱というか品質のバロメーター的な扱いになっていたりする点は少なからずあります。
※個人的に脇マチはラルフのレジメン柄が好きwwこの辺りはラルフ御大の上手いトコロですよね。
※ただ、他のラルフのシャツでは脇マチがなかったりするのもあるので、BDシャツがフューチャーされている可能性もあります。

とは言え、前述の通り、アメトラの基本ディテールは踏襲しておりますし、生地やデザイン的にも結構良い感じで、更にセール価格、、、となると細かいディテールの省略は置いておいても、新年早々良い買い物ができたと思います。

あ。そういえば、これは着用される方の好みによるところが大きいかと思いますが、着丈は長いです。
おそらく、タックイン前提の長さとなっていますので、タックアウトして着用される方は注意くださいね。 この辺り、レッドフリースはタックアウトを見越しているのか、着丈は短めでした。

Brooks Brothers1

170cm/65kgのややガッチリ体型の私でSサイズでジャストサイズ。
若干袖丈が短いかな、、、くらいですが、許容範囲内です。

着丈は長めですが、基本はタックイン派ですので問題なし。 真夏でも前を開けておけばどうにかなるでしょう。

あとがき

前回のオーダーシャツ</a>にひきつづきシャツネタでしたが、改めて筆を執ってみるとシャツの出番が案外多いことを再発見。

素肌に触れる面積が大きいことも何より、なんせ着用回数が多いんですよね。
もはや精神安定剤のような言い訳ですが、日々の生活を少しでも幸せに過ごすには、着ていて気持ちが良いシャツを集める!(素材というワケでなくて精神的にですwww)というのも、効果的だったりして(爆)

今シーズンはシャツにパラメータを振ってみようかしらwww

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする