【PR】シンプルデザインの時計をお探しの方 必見!アンダー10万円で選ぶオススメ時計はコレだ!!

シンプル時計 MIDO 05 PR

姉さん事件です!(HOTEL風)

ななな、なんと!この度 本ブログに(半年ぶり2回めの)【PR記事】の執筆依頼が舞い込んで参りました!!!

いやはや、如何せん時代を感じる書き出しで始まった本エントリですが(爆)、今回ご紹介する内容は如何せんタイムリー!!!
というのも、今回執筆依頼があった内容はズバリ、

『シンプルなデザインで飽きのこない時計!』

この春から社会人となった方や、晴れて大学へ進学された方も、これから長年に渡って愛用していく相棒を探すには超オススメの内容となっております。

ただ、いくらPR記事依頼とはいえ、私奴自身が気にいらない時計をオススメ!!と紹介するのは断固やりたくない!!どうせ紹介するならば、今後もずっと愛着を持って使用できる時計を選んで欲しい是!!という事で、

今回も 依頼主様にご了承頂き、キッチリちゃん貴目線にて厳選させて頂きました!

というわけで、まず今回は手に取りやすい価格帯である、アンダー10万円の時計をズバッとご紹介したいと思います!!!

本エントリでビビビっと来たなら(表現が古いwww)ソレは貴方との運命かもしれませんよ!!!

スポンサーリンク

オススメなシンプルデザイン時計!(U−10万円編)

シンプル時計 MIDO 07
出典;The Watch Company

では早速、アンダー10万円の予算枠におけるオススメ時計をご紹介して参りたいと思いますが、ひとつだけ誤解を恐れずいうと、、、

私奴はアンダー10万円の時計は玉石混交の価格帯だと思っています。

というのも、この価格帯(一桁の後半万円)って、ちょっと名を馳せたアパレル系ブランドがソレっぽい時計にブランドロゴを付けて参入してくる価格帯と被ってくるじゃないですか。 それもあって、アンダー10万円という予算で時計を選ぶ場合、しっかりとした見極めが必要となってくるんですよね。

しかし!!

玉石混交と言うからには、この価格帯においても堅実な仕事をする時計ブランドがあるのも事実でして、今回ご紹介するブランドがまさしくそれ!!!
というわけで ようやく満を持してご紹介しましょう! ちゃん貴が選ぶアンダー10万円時計のイチオシはコチラ!!

MIDO(ミドー)!!

なかなか聞き覚えのないブランドかと思いますが、ミドー自体は100年を超す歴史のある超老舗時計ブランド。
ミドーの詳細はリンク先を参照頂きたいのですが、そんな歴史有る MIDO/ミドー の製品ラインナップの中で、ちゃん貴がオススメするモデルといえば ズバリこちら!!!!

そう、名作【バロンチェッリ】!!

シンプル時計 MIDO 02
出典;The Watch Company

見て!!!!これ以上削ぎ落とすデザインは無いと言わんばかりのシンプルデザイン!
余計な装飾もなくシュッとした針に、12時だけにマークされた『XII』の文字。
白文字盤にシルバーのインデックスと、控えめ&シンプルにまとめながらもブルースチールの秒針で白文字盤のコントラストを付けてくるあたりが最高!!!わかってるねMIDOさん!!(爆)

正直、この佇まいだけで名作の予感はプンプン香ってくるのですが、更にこのバロンチェッリの魅力をカチ挙げるディテールがコレ!
6時部分に付けられたカレンダーに注目!!!

シンプル時計 MIDO 03
出典;The Watch Company

なんと、10の位と1の位の表示窓が独立したビッグデイト表示が!!!!
高級時計に見られるこのディテールをこの価格帯で実現するとは実にニクイ!!!

バロンチェッリ ビッグデイト/ホワイト/ステンレス/φ40mm
ミドー Baroncelli III M027.426.16.018.00 全国一律送料無料✅、保証&#201...

また、同じバロンチェッリでも、黒文字盤のバロンチェッリもめちゃめちゃステキ!!コチラ。

シンプル時計 MIDO 01
出典;The Watch Company

コチラはヘリテージモデルとなるため、カレンダーは3時位置についた通常のディテールですが、この無骨で男臭い雰囲気がミリタリー調のファッションにも合いそう!!!
ベルトをオリーブカラーのNATOベルトに変えてもカッコ良いと思います!

https://www.thewatchcompany.co.jp/ミドー-m027-407-16-050-00.html

また男性だけでなく、女性の方が付けてもハマるのがバロンチェッリ!
上述した2つのモデルも女性が付けてもカッコイイですが、ローズゴールドをコーティングしたバロンチェッリも華やかでステキですよ!

出典;The Watch Company

レディースモデル故のコンパクトなケース経で、6時位置についた丸窓カレンダーが女性っぽい!
また丸窓の周りには12個のダイヤモンドが控えめについているのもポイント!!!

https://www.thewatchcompany.co.jp/ミドー-m007-207-36-036-00.html

しかも 上で紹介したバロンチェッリは、いずれもアンダー10万円(7〜8万円くらい)の価格帯でありながら、時計大国スイス謹製 & 機械式腕時計という”奇跡とも言えるコストパフォーマンス”も魅力!!!!

正直、後輩が『10万円の予算で時計が欲しい』という相談に来たとしたら、私奴は間違いなく『バロンチェッリを買ってお釣りでインディビのシャツを買え!』と伝えると思いますwww(猛爆)
※もっというとバロンチェッリはAmazonよりもウォッチカンパニーさんの方が安かったです!!!

シンプルなデザインの時計をオススメする理由。

シンプル時計 MIDO 06
出典;The Watch Company

というわけで、今回【シンプルなデザインの時計】というお題で時計を紹介させて頂きましたが、そもそも何故シンプルな時計をオススメするかというと、

様々なシチュエーションで違和感なく使えるので、愛着を持って長い期間愛用できるから!

コレに尽きます。

というのも、シンプルな3針時計は何が良いかと問われれば、私奴は『守備範囲の広さ』にあると思うんです。

それこそ、冠婚葬祭といった日常で発生しうるフォーマルイベントには3針時計が一つあれば全て対応可能ですし、カジュアル使いでもキレイめカジュアルは勿論、男臭いミリタリー系ファッションをも包括できる守備範囲の広さを誇ります。 

まさに、その守備範囲の広さこそが、長年に渡って愛用できる!と言われる所以ですし、これ以上ない魅力だと思うんですよね。

そもそも、時計というアイテム自体が靴や洋服と違って特別だなぁと思うのが、時間という概念を管理するアイテムだという事。
時計があるからこそ時間が分かるし、時計があるからこそ一日のプランが立てれるワケで、そう考えると時計というのは人類の中でも素晴らしい発明だと思うんです。

よもやスマホさえあれば時計は不要と言われる昨今ですが、上述した内容を鑑みればどの時代においても時計というアイテムに秘められた魅力は変わらないと思いますし『時間が分かれば何でも良い』という概念で時計を選ぶのは勿体無い、、、と思います。

やっぱり、自分が気に入った時計を相棒にして、人生を一緒に過ごしていくというのは素敵じゃないですか。 

本エントリが、皆さんの時計選びの参考になれば幸いです!!

【PR】
このエントリは 東京は中野にお店を構える時計専門店の「The Watch Company」さんの提供でお送りしました。
TWC-腕時計専門店 通販サイト
新品、中古ブランド時計の販売・買取ならThe Watch Company。東京中野に実店舗があり、ロレックス・オメガ・チュードル・パネライ・ウブロ ・ハミルトンなど腕時計の在庫を豊富に取り揃えています!全国送料無料、ラッピング、サイズ調整無料!海外発送にも対応しております!

コメント