同い年のカレッジリングで使えるテクニック!

カレッジリング1

桜も散り、ジツに過ごし易い日がつづいております。

こうなりますと、夏も直ぐソコ。
世の諸兄諸姉諸君は夏を迎える準備は万全でしょうか。

夏といえば軽装となりますので、重要になってくるのが小物の類・・・って、この流れは一度wakami(ワカミ)のアースブレスレットの紹介の際に書きましたねww

という事で、今回は身のある男のアクセサリーシリーズ第2弾と銘打ってご紹介しようかと思います。

【関連記事】

さてさて、桜の身頃も終盤を向かえ、これからはどんどん軽装になるであろう季節。 まだまだ季節的には重ね着や色使いでお洒落をキメ込む事が可能ですが、これから来たる夏関しては、そうも言ってられない!

さて、今回ご紹介しますのは、アメカジ好きなら一度は通る道、カレッジリングで御座います。

結構ボリューミーな形状も珍しくないカレッジリングですので、前回 『ゴツゴツしたモノよりも、小ぶりなモノが気分。。。』といった発言と相反する内容とはなりますが(爆)、アイビーファッション等に代表される洋服の着こなし = ある種のコスプレ として捉えた場合 やはりこのカレッジリングは定番ですから。

上記の発言以外にも 『あえてそういったスタイルを狙って、云々の特異ケースは除外、、、』 と、あえて含みを持たせて書いているもの、ジツはこのカレッジリングの事の伏線であったのですww

着こなしを選ぶアイテムではありますが、定番アイテムとして一つは持っておいても損はないかと思います。

本記事にて諸兄諸姉諸君の物欲を刺激する事はできるのか!?www

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

カレッジリングとは何ぞや!?

そもそも、カレッジリングといえば、アメリカ・イギリスの高校生・大学生が、自身の学校を卒業する際に卒業記念として作製した指輪。

大ぶりなリングの中央にカラーストーンが付いていたり、メダルの様な刻印があったりと様々で、1950年代のアンティークモノのカレッジリングでいえば、装飾もシンプルなモノも多いですが、1980年代以降のカレッジリングには様々な装飾が施されているモノも多いです。

装飾といっても、学校名と卒業年は確実に彫り込まれていのが一般的で、その他に様々なアイコンが彫りこまれているといった具合です。

カレッジリング1

デザインに一目惚れした私奴所有のカレッジリング

カレッジリング2

聞いた事の無い学校で、ドコにあるかも調べた事も無いwww

本来であれば、卒業生しか持ち得ないリングであります故、市場に出回っているリングの殆どはメーカーのサンプル品であったり、卒業生の流出品かと思われますので、必然的にタマ数としては少なくなり、気に入ったデザイン等のカレッジリングは一期一会といっても過言ではないかと思います。

映画や海外ドラマでも、指にカレッジリング等をはめている描写が見られる様に、おそらく本国では日本以上に出身学校にプライドを持っていたのでしょう。
ある種のステータスといいますかね。

いや、コレは良い事だと思いますよ。
デザイン(実用)に秀でた卒業記念品とか、日本でも本格的に広がればいいのにと思う次第ですが、まだまだ記念リングといったお洒落な風習は浸透していない様子。

つける指としては、士官学校を出た軍人サン等に注目するに 右手の薬指・小指が一般的というのが私奴の認識ですが、特に決まりは無いようですww
ただ、結構ゴツ目のデザインの為、中指用のサイズにするとやっぱりデカイwww
小指等の細い指で主張する位がスマートでカッコイイかと思います。

カレッジリング3

かく言う私奴の所有するカレッジリングは中指サイズとカイデーww
まぁ、コレも一期一会なので仕方がないwww

同じ誕生年のカレッジリングという楽しみ方

と、まぁ本来は上記の様な目的で制作されたワケですが、日本ではファッション性に富んだ指輪という認識の方が一般的かと思います。
例えば自分の誕生年が彫られた(誰かが卒業した)カレッジリングを、ある種のお守りとして持つという風潮もあります。 (実際はお守りのご利益は定かでもないwww というかご利益は無いんじゃなかろうか。。。)

自分と同い年の1ペニー硬貨をお守りとするという風潮に近いのかもしれません。
(で、このペニー硬貨をコインローファーに挟むという定番テクニックwww)

かく言う私奴が購入したカレッジリングも、私奴と誕生年と同じ年に作製された(誰かが卒業した)カレッジリングです。(猛爆)

とはいっても 前述のとおり、サイズが大きいのでナカナカ普段使いはムズカシイww
紺ブレ×スラックス といったいかにも着こなしには 良い具合にハマるので、重宝していますが、今度はもっと汎用性の高い小指サイズのカレッジリングでも探そうと思います。
(今度は自身の卒業年と合わせて、なんちゃって帰国子女でも気取ってみませうかwww)

カレッジリング

私奴のようなヤツは、例え3度生まれ変わろうが 入学困難と思われる アメリカの名門、ハーバード大のカレッジリング。
コレ、欲しい(猛爆)www

日本にもカッコいいカレッジリングはある!

そんなカレッジリングですが、日本でもカレッジリングはあります。
とはいってもアメリカのカレッジリングの様な意味合いにて作製する事は稀有だと思いますが、アクセサリー作りに定評のあるJAM HOME MADE からカレッジリングがリリースされております。 コチラ↓↓

JAMHOMEMADE1

JAM HOME MADE製のカレッジリングは雑誌等に取り扱われる事が多く、目にする機会が多いかと思います。
コチラに関しては完全受注生産で、センターのカラーストーンも選べるのが嬉しい。

邪気を吸収すると言われるオニキスが人気の様子。
若干ハードなデザインであるが、ロックな雰囲気と相まってカッコイイ。

まぁ、JAM HOME MADE においては、カレッジリングのみならず、その他のアクセサリーにおいても秀逸な作品がテンコモリ。

JAMHOMEMADE3

私奴の愛用するJAMはネックレス/ブレスレット/アンクレット の3WAY使用で汎用性が高い。 リゾート風にもキレイ目なカッコにもハマる、夏の主力戦力ww

継続的にリリースされている有名高級時計メーカーの風貌に オマージュうけたミッキーマウス時計もジツに秀逸。

JAMHOMEMADE

ちょっと、JAM HOME MADEについて語っていると これまた長くなりそうなので、JAM関連については また後日にでも!

ツイッターフォローボタン

【物欲解消備忘録ツイッターはコチラ!】
ブログ更新情報や、フライング気味な物欲解消案件を公開中です!(爆)
よろしければ是非フォローお願いします!

ツイッターフォローボタン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする