世界に誇るドメスティックブランド「sacai」の異素材の組み合わせが美しい

SACAI レディースファッション

こんにちは、misaです。

あっという間に夏、秋が終わり、どんどん肌寒くなって参りましたね。

秋冬はキャメルやブラウン、レザーなんかが特に映える季節。

今年はレザーのパンツやシャツが欲しいなと思っています^^ あとファーコート。

ファーコートに大振りアクセサリーをつけてブリンブリンに決めるのが好きです♡笑

メイクに関しては赤系のメイクが映えますが、雑誌を見ているとどうやらブルーのアイシャドウがトレンドだそう。

真冬にやるブルーメイクも素敵だなと思うところです♪冬の白とかもすっごく素敵!!!!

鮮やかな色のセーターも欲しい!!ということで

さて!本日は久しぶりに原点に返り、「ファッション」がテーマ!!

そして今回ご紹介するのが、ドメスティックブランド(日本初のブランドのこと)

「sacai」でございます!

ご存知でしょうか?東京初の日本人デザイナーによるブランドです!

パリコレでショーを開催している日本を代表するブランドの一つです。

決して気軽に買える値段ではありませんが、sacaiの魅力は繊細な素材の組み合わせ。

ベーシックでありながら、変わったデザインを取り入れる、そんなブランドです^^

今回ご紹介するのは最新コレクションではありませんが、sacaiが定番で出しているアイテムです。

ブランドの魅力と共にお届けします!

【関連記事】

スポンサーリンク

sacaiとは?まずはブランドのこと

sacai(サカイ)は1999年にデザイナーである阿部千登勢さんによりスタートしました。

東京初のドメスティックブランドです。

ハイブリッドの発想を組み込み、ニットと繊細な織素材など、対照的なテクスチャーのファブリックを組み合わせ、パターンを再解釈し、予想外のフォルムとシルエットに洋服を変化させる。コレクションがフェミニンな様相を呈する一方、阿部の関心は、独特でありながら普遍的、そして革新的で実験的な服作りに傾倒し続けている。自身をとりまく日々の生活や、周囲の人々を観察することからインスピレーションを受け作られるコレクションは、ベーシックでクラシカルなアイテムを崩し変化させながら、独特のエレガンスを放つ。ある特定の機会だけではなく、日々の様々なシーンにおいて成立する「日常の上に成り立つデザイン」をコンセプトに置く。 

(sacai HPより引用 http://www.sacai.jp/profile/)

「スタンダード」を大切にしながらも彼女の独特な感性、デザインを落とし込んだコレクションがエレガントで素敵なブランドです^^

ウィメンズブランドでのスタートでしたが、後にメンズも展開。

阿部さんはもともとギャルソンで腕を磨いていたそうで、後に独立し自身のブランドを立ち上げたそうですね^^

サカイというブランド名は阿部さんの旧姓だそう。

日本初のブランドがファッション大国であるパリに認められるのはやはり嬉しいですね♪

ブランドコンセプトにもあるように、sacaiのお洋服は異素材の組み合わせが独特で美しいです。

運命の一着との出会い

今回は3年ほど前にあまりの美しさに一目惚れして購入したニットカーディガンをご紹介しようと思います!!

なんでもそうですが、悩むものは衝動買いせずいったん持ち帰りじっくり悩み、考えた末に欲しい!!、時間が経ってもふと思い出し”忘れられない”と思ったものは必ず手に入れるのが私の買い物のスタイル。

まさしくそんな出会いで、一目惚れしたもののお値段にも悩み一旦は諦めた商品でしたが、時間が経っても忘れられず買えば良かったという思いで後日買った思入れのあるカーディガンです^^

銀座のドーバーストリートマーケットにて購入。

買った当初は着られず眺めているだけでも幸せでしたw

数年たった今でも大切にしているお洋服です♪

シンプルなカーディガンと思いきやバックに秘密が!

そんな一目惚れした出会いのカーディガン。一見するとシンプルスタンダードな白のカーディガン。

綿100%の上質なカーディガン。

ですが、裏にすると!!

プリーツとフリル、プリントと繊細な仕立て!!!

これはもはや服の概念を超えている、、、!!(バックはポリエステル100%)

このお洋服に出会った瞬間、見た瞬間に感動して美しい!と思った衝撃が今でも忘れられません。

プリーツのきめ細やかさ、ドレープ感、そこにプリント柄をつけてしまうなんて、「流石」の一言です。

プリント違いもありましたが私は絶対にこれ。他は確か⭐︎の絵柄がついていた気がします。

私はこの柄に一目惚れ。

繊細な素材をニットと合わせる、一見ベーシックなアイテムも唯一無二の存在に。

そんなデザイン性に惹かれ購入を決めました。約6万円。

カーディガンに6万円は高いですね、、、w

でも本当に欲しくて上質なものって何年も褪せずに着るタイプなのですごくいい買い物をしたなと思っています♪

バックが繊細なデザインですから、当時はなかなか着れず着ても背もたれする時は細心の注意を払っていましたw

最初は眺めているだけで幸せした! 見ながら飲めるみたいなww

お洋服好きさんならこの気持ちわかるはずww

クロップドブラトップのみきて大胆に透け肌見せをしてもすごく可愛い。

エレガントなデザインだからこそそんなスタイルもありかなと。

sacaiは異素材の組み合わせがとても素敵なブランドです。

風が吹くたびに繊細にバックプリーツが靡いて、そんな姿もエレガントです。

それにしても本当にこのプリーツやフリルが繊細で美しい、、、

透けアイテムって女の子の特権だと思うんですよね。

シースルーとか、レースとか透け感って間違うと下品に見えてしまうけれど、だからこそ洋服そのものの上品さやエレガントさが大切だと思うんです。

あとはもちろん合わせ方。私は年齢的に20代なので上品さももちろん欲しいけれどどちらかというと強めに攻めたい派。

なのでブラトップとかアクセサリーでインパクト出したりとかそういう合わせ方が好きです!!

均等な完璧プリーツ

全てが美しいですが、なんと言ってもこの完璧なプリーツを見よ!

均等に揃っている。。

サイドにもプリーツがあることで裾部分が少し広がって見えて女性らしさが出ます。

プリーツとフレアな組み合わせ一体どんなパターン(型取り)をしているのか、、

これを維持させるための加工も気になる、、

編み物(ニット)との融合は今までにない発想。

まさに建築並みの逸品。

前面にも注目、細かなディティール

さて、前面の方はと言いますと、一見シンプルな普通のカーディガン。

ボタンもやや大きめ、丈感も少し長めの作り。サイドにも浅めのポケット。

ボタン部分にはテーピングが施してあって、デザインというよりは縮防止の役目のあるのかなと思っています。

綿素材のニットカーディガンなので、春先、秋口かなり重宝します。

全体的なサイズ感はやや大きめ。ちなみにこれはサイズ1。一番小さいサイズです。

世界に誇る日本製!Made in Japanです^^

余談ですが、お洋服のMade in〜って何を基準にしているか分かりますか?

よく生地の産地と認識している方も多いですが、違います。

どこの国で「縫製」をしたか、です。つまり生地を縫い合わせ、お洋服にした場所が産地になります^^

日本で縫製をすると人件費などの問題もあり高くなりがちですが、中国やベトナムなどにすることで人件費を抑えられ、お洋服のコストダウンにも繋がるんですね。

外国製だから悪いというわけではなく、(特にベトナム人は手先が器用だと言われています)、しっかりした会社であれば外国の工場のチェックも厳しく技術はもちろんですが、現地の労働環境やミスの発生件数などもしっかり調査をして一定の基準を満たしていないと取引をしないというところもあります。

「日本製」に対する考えや拘るかどうかは人それぞれですが、日本初のブランドとしてはやはり「日本製」という付加価値は個人的に高いと思います!

タグにはこんな記載も。風合い重視なのもうなづけます。

編み目も細かく繊細。

ボタンを開けて着るよりはきちんと閉めてor上のボタンだけ留めて着るスタイリングが好きです^^

どうしても前面の方が重いので少し前にずれてくる感じはありますが致し方ない。

白ボタンでまさに全体的にベーシックでクリーンな印象。

バックの繊細さを大切にしたいため、私はカーディガン一枚で過ごせる春と秋しか着ません。

この上にアウター羽織ったりなどはなんか気が引けてしまう、、

一度クリーニングに出しましたが、問題なく帰ってきました^^

あまり頻繁には着用せず、大事な時、気分が上がっている時に着て少しでも長く着られれば良いなと思っています^^

このようにニットカーデ以外にもsacaiには異素材の組み合わせが美しいアイテムが揃っています♪是非店頭で見て頂きたい…♪

コーディネート例⭐︎

さて、ここで合わせ方の一例をご紹介していきましょう!

先ほども合わせの一例を挙げましたが、中は大胆にブラトップのみでボトムはシンプルにデニムのスタイル⭐︎

日本だと勇気のいる格好かもしれませんw

でも可愛い^^海外スタイルが大好きなのでこれくらい大胆に着ちゃうのが好き♪自分が着たいものを着る!!

肌見せスタイルでもsacaiの上品さが際立ちます。

シンプルベーシックな格好だからこそアイテムのデザイン性が重要!

もちろんフェミニンにだって着られます♪

スカート合わせでレディな印象に。スカートもタイトなミディアム丈を合わせることでブリブリにならない綺麗めなフェミニンコーデに♡

足元はブーツでも可愛い!ヒールよりカジュアルな印象になるのでフェミニンを着慣れていない人でも挑戦しやすいかも!?

メンズの皆様はどちらの女性がタイプですか?w

あとがき

久しぶりのファッション投稿いかがでしたでしょうか。

やはりお洋服やブランドのこだわりを知ることも楽しいし、わかった上でファッションを楽しむのが好きです^^

今の時期はダウンに異素材の組み合わせのお洋服も出ていて本当に美しい、素晴らしい技術だなと感心するばかりです。

気軽に買える値段ではありませんが、買う価値はあると思います!

日本の文化同様、世界に通用する「イケてる」日本ブランドが今後も増えていくと良いなと思います♪♪

すでに「Made in Japan」は一つのステータスですから!

最後までお付き合いありがとうございました!

次回も乞うご期待!!

【関連記事】

コメント