コレは買いだ!男が惚れる傑作デスクランプ!

セルジュムーユデスクランプ1

前回、セルジュ・ムーユがデザインした フランス照明の傑作、SUSPENSION 3 BRAS PIVOTANTS(シュスポンション トワ ブラ ピヴォタン)について、如何に満足度が高い買物であったかをツラツラと書かせて頂きましたが、実はコイツには まだまだスピンオフとも云うべきエクストララウンドが隠されておりました。

ホントは前回のエントリの中に紛れ込ませたかった内容だったのですが、如何せん文字数が多くなりがちwwwという事で、今回満を持してセルジュ・ムーユ第2弾!という事でご紹介!

是非、前回と今回の記事を以って、一家に一台ご検討してみてはいかがでしょうか!(爆)

【関連記事】

まるっきり両手離しで褒めちぎれるか?と言われれば 多少目をつぶらないといけない内容はありますが(爆)、まさに【機能美】という言葉を傘に、我が家インテリアの主役とも成りうる存在感を見せつけるコイツ!
今回より暫くはそんな物欲解消シリーズの新企画として、いままであまりレビューしていなかった家具や家電というインテリアシリーズについて、満を持して筆を執っていこうと思います。
今回ご紹介するのは【ハンス・J・ウェグナー】が1957年にデザインした名作チェア、CH33でございます!何故このCH33に惚れ込んだのか!CH33のどういったデザインが好きなのか!今回はこのヘンについて詳しくシェゲナベイベーしていこうと思います。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

キリッとシャープにエレガンテ!

セルジュムーユ6

さて、コレについては前回も筆をとった内容ですが、ココンチの照明はなんといってもこの華奢なアームと独特なカタチのシェードでしょうか。
コレほどに長く広がるアームにも関わらず、必要最小限の細さとシェードの薄さで繊細さを表現するデザインこそが、コレほどまでにエレガンテに見せる要因ではないかと思います。

我が家ではダイニングの照明としてシュスちゃん(本名)を設置したのは前回の記事の通りですが、ここまでハマると他にも同じ照明が欲しくなってくるのが人情だ!(爆)ってな言い訳を武器に、他のラインナップ調べてみる事にしましたww。

とはいえ、オリジナルを買う!となると世界でもセルジュムーユを買うとなると、IDEEでのみ取扱いというのが、セルジュ・ムーユ業界での合言葉(爆)のようですが、リプロダクトで良いならば海外サイトを見ていくと壁に付けるタイプから、フロアランプや、デスクランプに至るまで結構イロイロあります。ヤルもんです。

海外直輸入ならココ(アリエキスプレス)がスーパー安いwww

安い 大量卸売、信頼できる 卸売業者から購入します。

ココは洋服から家電まで、中国工場が卸価格で直販する楽天みたいなサイト、といえば分かりやすいでしょうか。
中国サイトの割に、しっかりしてて日本語対応 且つ、送料無料というトンデモサービスっぷりwww

※IDEEだけがセルジュムーユのオリジナルを扱えるのは理由があって、まだまだセルジュムーユ師匠が無名だった時代からIDEEショップが御大を口説きにかかっていたらしく、その関係もあって、今ではオリジナルはIDEEでしか取り扱っていないとかナントカ。という事は、IDEEショップ以外で帰るセルジュ・ムーユは全てリプロダクト、、、という事なりますかね。

そんな中でイロイロ探していくと、やはり心を掴まれるのが、シュスちゃんと同じシェード 且つ、アームとシェードはボールジョイントというコイツ。

セルジュムーユデスクランプ10

フロアランプでも左の3アームを有したキングギドラタイプが有名
ただ、1シェード方がスッキリしていいよなぁ、なんて!
暗めな壁紙のお部屋にはスーパー似合いそうなイキフンがプンプン。

しかしながら、インテリア界隈の文献を読み漁った結果得られたセオリーから言うと、照明を設置するコツは『必要な箇所に必要な分だけ』との事で、我が狭小住宅においてはフロアランプにて照らすべき箇所が無い!(猛爆)

という事でフロアランプは泣く泣く見送りとなったのですが、それでも諦めの悪いのが私奴。イロイロ考えてみた結果、一つだけ有ったんです。
照明が欲しいけれど、まだ照明を購入していない場所が!

そう、書斎のデスクランプ!

書斎と言ってもショッピングモールのちょっと広い個室トイレより狭く、猫の額にも満たない小スペースで有名(爆)ですが、男の夢である書斎にセルジュ・ムーユが置けるなんてコレほど心躍る事はない是!となけなしの小遣いを握りしめ再び、ネットの大海原に出発したのでした。
(生憎、私奴在住の地方都市には、セルジュ・ムーユの照明を売っている程のオシャンティな場所は有りません故(猛爆))!

そ!し!て!

遂に見つけたのがコチラ!

セルジュムーユデスクランプ9

上でご紹介した1シェードのフロアランプの高さを小さくしたデスクサイズデザイン!
シェードの形状はダイニングに取り付けたシュスちゃんでお馴染みのソレ!

セルジュムーユデスクランプ8
シェードもボールジョイント仕様と抜かりなし!
暗めの壁紙を貼って貰った為、黒いアイアンがコレまたハマるぜ!

まぁ、例のごとくイロイロと不都合がないワケではありませんが、これで我が家のセルジュ・ムーユ第2号がやってきたワケですよ!
モチロン、リプロダクトですけど(爆)。ただ心のホクホク具合がパンパない是!

デスクランプとしての使い勝手は如何に!?

セルジュムーユデスクランプ16

さてさて、そんなこんな、この度 新たに編成される事となった 我が物欲艦隊が誇るインテリア艦隊に鳴り物入りで入隊し、武勲をまるっとさらっていく武闘派のセルジュ・ムーユ一門ですが、前回のシュスちゃんと同じくデスクランプと言えどもやはりクセがあります。

結論をいうと、そんなクセもどうという事もなく、愛嬌として容認できるほど魅力がありますが、デスクランプ購入を検討している世の諸兄諸姉諸君の人柱となるべく、クセが有ると申したポイントをご紹介ませうか。

クセがスゴイ①:シェードがデカいww

セルジュムーユデスクランプ11
さて、そんあクセの強いセルジュムーユのデスクランプですが、設置した際に一番に思ったのがコレwww(爆)
それもそのはず、元々フロアランプや、天井照明と同じ照明のシェードをそのまま流用している為、卓上で間近で見るとデカいww

おそらくそれもあってか、IDEEで取扱いのあるオリジナルのデスクランプは砲弾型の小型のシェードに変更されています。
コチラ↓↓

BUREAU TREPIEDイデーショップ オンラインはオリジナルデザインの家具やインテリア雑貨を取り扱うインテリア通販サイトです。

ただ、私奴は砲弾型よりも大きく羽根を拡げたような このシェードの方が好きなので、欲を言えるならデスクランプ用にリサイズしてほしかったなwwwなんて(爆)

とはいっても、アーム部分にもある程度の高さがありますので13インチのPCを拡げた位では干渉する事もなく、実用上の不具合は見られませんのでその辺りは大丈夫かと思います。

セルジュムーユデスクランプ1
我が書斎内部。
うーん、持ち主を取り残して スタイリッシュに成って行きますww

クセがスゴイ②:スイッチがクラシック

コレについては賛否があると思いますが、良くも悪くもクラシックな物理スイッチを有しています。
コイツ↓

セルジュムーユデスクランプ7
電源コードの途中に設置された物理スイッチ。
1950年代のプロダクトと考えると正解な様な気もしますがw

まぁ個人的にはコレはこれで逆に良いデザインだよなぁ、、、と思います。過去の名残だとしても、本体にスイッチが設置されているワケではなく、コードの途中というのがイイ!

コードを手繰ってスイッチをカチカチを切り替える作業が、何かしらの儀式の様で、『さぁやるぞ!』というキッカケにもなるのがウレシイです。

ただ、これは個人的な使用環境に則していないだけですが、電源コード内のスイッチの位置が微妙なんですよね、、、
というのも、私奴はゴチャゴチャした配線は机の下に引き回して隠したいタイプですので、卓上に空けた穴からコードを机の下の送り込んでいるんですが、全長1.5mのコードの0.5m地点にスイッチがある為、スイッチの位置が絶妙に使いにくいwwww(猛爆)

※これは使用環境による所が大きいですので、あくまでも私奴のケースでは、、、という事をご留意ください。

私奴はイロイロと考察した結果、電源管理が出来るマルチタップを導入し、ソチラ側のON/OFFにて照明点灯管理をする事としました。。

セルジュムーユデスクランプ7
電源タップも黒で統一する事にて、セルジュムーユとの調和を図るw
ただ、電源管理スイッチがあるといったものの、4口+4ポート(USB電源)の一括管理という痒い仕様ww オフにしたらiPhoneの充電ができない(爆)

この辺りは今後の製品ラインナップに期待ですが、色味は黒でUSB電源付き、更に3口以上の電源口があって且つ個別にスイッチが付いているタイプの電源タップがあれば是非教えてください!(爆)

クセがスゴイ③:スタンドの形状

まぁこればかりはどのデスクランプを買っても(机の側面から挟み込むタイプ以外)は、スタンド部分が邪魔になるのは仕方ない事だと思います。
このセルジュムーユも例外ではなく、細いアイアンで仕上げられたスタンド部はデザイン的にはカッコいいモノの、ある程度横幅があります。

セルジュムーユデスクランプ5

だいたい長さが底辺が20cmで高さが27cmくらいの2等辺三角形。
頂点部分の先端が球体になっていたりと細かいデザインは◎!

セルジュムーユデスクランプ3

ただ、3点設置の為、3か所全てが卓上に収まる必要があり、各自の机事情によっては、何かと干渉したりする懸念も。

幸い私奴の机はカウンター式となっており、左右のスペースは広く使える為、本デスクランプの足がPCやノート等に干渉する事はありませでしたが、導入に関してはこのヘンも考慮しておいた方が良いかもしれません。

男好きする書斎のアクセントに!

セルジュムーユデスクランプ14

さて、クセが強いと申したモノの、独特の形状と艶消しブラックというお色味がとても男好きされるのではないかと思います。

今回、書斎を作るに至っては、私奴の趣味を全開に押し出した引き籠れる場所を作る!というコンセプトがあったのですが、コイツ(セルジュムーユ)の導入によりまた一歩進むことが出来たかと思います。
もっというと、木とアイアンの相性は良いし、男好きするという観点からみても良いセレクトだったなぁと思います。

今更、アメリカンガレージテイストに振った書斎つくりとという方向転換はできませんが、渋めの【THE☆男好きする書斎】を作り上げて行ければ思います。
まぁこれも自分が惚れ込んだアイテムがあればこそテンションが上がるってモンですけどねwww

あとがき

さて、前回のセルジュ・ムーユの記事(シュスちゃん)にて触れたとおり、電球がデカすぎるとダサい!と書かしてもらいましたが、書斎用の電球ソケットサイズもE12でした(爆)

セルジュムーユデスクランプ12

今回取り付けた電球がコレ。
実験的な意味合いで購入した所謂シャンデリア球。
ラグビーボールよろしくな楕円形状。

セルジュムーユデスクランプ13

取り付けると、やはりシェードからはみ出て長い!
が、まだシャープな感じがでているので、円錐型よりはまだマシか(爆)

とはいうものの、ヘタにLED電球をセレクトした背反とでもいいましょうか、今付けている楕円型の電球ライフが50000時間あるとして、5時間/Dayの使用したとしても、ざっくり27年の期間が掛かっちゃう計算www

もっというとダイニングに取り付けたセルジュムーユ(シュスちゃん)の照明も変更して、今ついてる円錐状の電球が3つストックとして取れれば、書斎の照明は向こう100年は困らないという、在庫状況ww  相変わらずのエコ体質と言う名の貧乏症っぷり(猛爆)

もはや全てのストックを消化し、コイツに希望の電球を取り付けるのは孫の代までお預けとなりそうですwww

【関連記事】

まるっきり両手離しで褒めちぎれるか?と言われれば 多少目をつぶらないといけない内容はありますが(爆)、まさに【機能美】という言葉を傘に、我が家インテリアの主役とも成りうる存在感を見せつけるコイツ!
今回ご紹介するのは【ハンス・J・ウェグナー】が1957年にデザインした名作チェア、CH33でございます!何故このCH33に惚れ込んだのか!CH33のどういったデザインが好きなのか!今回はこのヘンについて詳しくシェゲナベイベーしていこうと思います。
今回より暫くはそんな物欲解消シリーズの新企画として、いままであまりレビューしていなかった家具や家電というインテリアシリーズについて、満を持して筆を執っていこうと思います。
ツイッターフォローボタン

【物欲解消備忘録ツイッターはコチラ!】
ブログ更新情報や、フライング気味な物欲解消案件を公開中です!(爆)
よろしければ是非フォローお願いします!

ツイッターフォローボタン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする