永久保存版!アーロンチェアvs.エルゴヒューマンvs.コンテッサを一斉比較!

エルゴヒューマン10

年末年始の物欲解消としてAmazonエコーだの、バーミキュラの炊飯器だのニンテンドースイッチだのと物欲解消を繰り広げておりましたが、実はこの物欲解消はまだ前半戦。

というのも、(Amazonエコーは除外するにしても)ニンテンドースイッチや、バーミキュラというのは私奴個人での使用用途ではなく、私奴家族としての物欲解消。いわば団体戦でございました(爆)

そうなるとカンの良い方はピンときたかと思いますが、その論調でいけば 私奴ちゃん貴の個人戦(爆)としての物欲解消のはまた別にあったのです!
というわけで、2017-18AWの冬場所における物欲解消備忘録(個人戦)がコレだ!

【関連記事】

遅ればせながら、世の諸兄諸姉諸君あけましておめでとうございます。 正月の三が日を過ぎてからの更新と、如何せん筆不精なきらいは隠しきれませんが(爆)皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか。
恐らく私奴が 今回とり行った比較検討結果を公開すれば、アーロンチェア→エルゴヒューマンという轍を通る人が今後は出てくるのではないか、などという自惚れすら見え隠れするほどに珠玉の検討が出来たのではないかと思っています(猛爆)
最早詳細のスペックを見れば見るほどにアーロンチェアに対するコンプレックスが目立ってくるのですが、何故私奴がエルゴヒューマンの購入と相成ったのか。 冒頭におっかなびっくりと申した内容がココで明らかになります。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

物欲解消個人戦はよもやの設備投資!

というワケで、よもやの個人戦はお小遣い(ボーナス分の臨時お小遣いも加算!)における物欲解消案件! 以前にツイッターでボーナスの使用用途について触れたことはありましたが、少々修正を加えた物欲解消となりました。

現時点でいえば、2017-18AWの冬場所における物欲解消は満足の一言ではありますが、いま時点でのこの満足度がこの先でどのように変化していくのでしょうか。
今回は少々個人的にもおっかなびっくりな買物をしてしまいました!

第1回戦!ブラウンズビーチのアーリーベスト

もはやメキシコのプロレス巡業よろしく第1回戦から好カードをマッチメイクするのが、私奴の物欲解消だ!という謎の興行師気質を炸裂させてセレクトしたのがコイツ!

グラッドハンド1

今までは若干キレイ目な感じの洋服のセレクトが多かったのですが、2017年の年末にグラッドハンドに手を出して以降、男臭い無骨なファッションにもチャレンジしてみよう!なんて色気が出て参りましたw

コレについては既に筆を執った内容となりますので、詳細はソチラでアツい想いをみて貰えれば嬉しいです。

アメリカンなアイテムながら、バブアーのインナーに使ってみてもハマる野暮ったさや、アメカジテイストなイキフンにもハマる超技巧派!もっというと、いままで持っていなかったテイストの新アイテム!と言うこともあって新鮮味も手伝ってこの冬の功労者として真っ先に名が挙がるのではないでしょうか。

準決勝戦:ラルフローレンのブランケット

ラルフローレンブランケット1

冒頭に本場所の物欲解消は設備投資、、、なんて筆を執りましたが、その設備投資の一つがコイツ。ラルフローレンのコットンブランケットを購入しました。

実はこのブランケットは昨年に店頭で見てからずっと想いを馳せていたブランケットで、セールが掛かったら買おう!と思っておったところ 年始より見事セール対象に! 現場で見つけるや否や、満を持してのお持ち帰りとなりました(爆)

というのも、ジツはラルフローレンのブランケットやタオルケットのデザインは結構好きなんですよね。 おそらくライセンス品だとは想いますが、アメリカブランドでありながらイギリスブランド的なオマージュが組み込まれているあたりに、ココンチの物語を感じる事ができます。

ラルフローレンブランケット3

ネイビーとブルーのお色がキレイなウェルズストライプ。
決して派手ではなく、好青年丸出しなデザインは非常に私奴っぽい(爆)

ラルフローレンブランケット2

近くで見ると、綾織りの影響もあってストライプのコントラストも強くないけど、遠目でみるとはっきりストライプというギミックでお色味も好き。
多分、ネイビーとか青とかの色には反応しちゃうクチなんでしょうね。

ラルフローレンブランケット5

素材はコットンブランケットをチョイス。
ウールは暖かいんですが、コットン生地の家でガンガン洗濯できる!という強みだって捨てがたい!

そんな使い勝手の良さから本ブランケットは我が王国である『書斎』への献上品となりましたが、コットン独自の肌触りや、厚手でしっかりとした生地がちょうどいい暖かさ!
今回はひざ掛けや肩掛け用途としての導入でしたが、 今の季節でいえば車のシートに忍ばせておくだけで、奥寺先輩(cv:長沢まさみ)と急な飛騨高山へのドライブデートとなった場合でも スッと差し出せは好感度アップ間違いなし!(爆)

ラルフローレンブランケット4

デザインと実用面に秀でたブランケット!
使っていないベルトで結わえれば アウトドアにも持っていける!

決勝戦!エルゴヒューマンプロオットマン

これだ!コレ!これこそが、個人戦における物欲解消の大本命!
設備投資と言う名目にて、かねてより欲しかった我が王国の玉座の誘致に成功しました。

エルゴヒューマン11

人間工学に基づいたハイエンドオフィスチェア!
さらにはヘッドレスト、オットマン付きというフル装備!
目一杯リクライニングしてオットマンを展開すれば寝れる!椅子の上で寝れる!

ただ、今回エルゴヒューマンへ着地するにあたっては様々な考察と葛藤、覚悟を要した事を備忘録という側面を存分に活かすために残しておきたいと思います。

というのも、実は私奴は前からアーロンチェアが欲しかった!(爆)のです。
あの、『逃げ恥』にてガッキーとイチャイチャした星野源兄さんの部屋に鎮座していた椅子であり、『君の名は。』にて奥寺先輩とイチャイチャした瀧君の部屋に鎮座していた椅子である。『成功者の椅子』の異名は伊達じゃない是!

しかし、何故アーロンチェアを差し置いてエルゴヒューマンというバイパスルートを走る事となったのか。 所謂高機能チェアと呼ばれるアーロンチェアを始めとした、コンテッサ、バロンチェア、そしてエルゴヒューマンという椅子をどういった角度から検討し、エルゴヒューマンという答えに行き着いたのか。

私奴と同じように高機能チェアの購入に悩む諸兄諸姉諸君の血肉となればこれ幸い!
参考になった是!という方はコメント欄に五・七・五のリズムでファンレターを書いてくれれば風情があっていいと思います。(猛爆)

高機能チェアを各社一斉比較!

エルゴヒューマン14

高機能チェアといっても仕事をする為のパフォーマンス向上を重視する椅子から、単純な所有欲を満たすための椅子まで様々です。

私奴でいえば紛れもなく後者で(猛爆)、前述した『書斎という王国に鎮座させる玉座として立派な椅子が欲しい!(爆)』というミーハー具合が明後日まで臭ってきそうなくらいの邪っぷりを発揮ww

ただ、かつての偉い人が言ったのです。
『地面(床)と身体の間に挟むモノは良い物を買え!』と。

それ故、こんな稚拙なブログを書く為とはいえ、
・今後の机に向かう時間を考えると 悪い投資ではないのではないか!
・良い椅子に座る事が明日の糧に、明日の希望になるのではないか!
・奥寺先輩との飛騨高山ドライブデートに繋がるのではないか!(爆)
というミーハー具合が翌月まで臭ってきそうなくらいの言い訳を駆使して、清水から飛び降りる覚悟を決めましたwww

ミーハー丸出しのスペック比較結果や如何に!?

そんなこんな。様々な言い訳を駆使して高機能チェアの購入を決意した私奴ですが、以外にも事前リサーチは欠かさないタイプでして、各社の候補製品一覧を作成してはどういった機能があるのかと、比較検討をしておりました。
参考までに、そんな書斎用の椅子を検討する際に自作した比較表がコチラ。

エルゴヒューマン1

高機能チェア界隈にて知らぬはモグリと称されるアーロンチェアから、国内高機能メーカーの雄、岡村製作所が誇るコンテッサも比較対象に!

ジツはこの比較表、近所の家具屋さんを巡って試座が出来た椅子の一覧でもあります。
当初は、オカムラ以外の国産メーカーとして、コクヨが誇るフラッグシップモデル『インスパイン』も候補としてノミネートされていたのですが、近所に取扱店舗が見つかなかった為断念ww

ただ、正直 この時点では心の中ではアーロンチェア一択だったんですよ。
だって、カッコいいからwww(爆)
もっというと、あのハーマンミラー社からリリースされている椅子というロマンもステキ過ぎて、仮に購入した場合、向こう10年間の所有満足感は枯れないと思う程に惚れてしまったww  おそらく、高機能チェアの入り口としてアーロンチェアに興味を持って調べる人というのは一定数いるのではないでしょうか。

次回予告!

さてさて、そんなこんなブランドイメージとプロダクトに付随するロマンで考えるとアーロンチェアに心を奪われていた私奴ではありますが、何の故をもってエルゴヒューマンの購入と相成ったのか。この辺りは詳しく筆を執り、念には念を重ねた言い訳を以ってご説明したいと思います!(爆)
というわけで、高機能チェア比較シリーズ!乞うご期待!

【関連記事】

恐らく私奴が 今回とり行った比較検討結果を公開すれば、アーロンチェア→エルゴヒューマンという轍を通る人が今後は出てくるのではないか、などという自惚れすら見え隠れするほどに珠玉の検討が出来たのではないかと思っています(猛爆)
最早詳細のスペックを見れば見るほどにアーロンチェアに対するコンプレックスが目立ってくるのですが、何故私奴がエルゴヒューマンの購入と相成ったのか。 冒頭におっかなびっくりと申した内容がココで明らかになります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする