4万5千円の高額ニット!ANDERSEN ANDERSENとは

アンデルセン16

先日の記事にてバブアーを買ったので今年はもう何も買わない(買えない)ぞ!と書きましたが、舌も乾かぬうちに 脊髄反射的に思わず食指を動かす自体に発展してしまいました。

ただ、コレは声を大にして言いたいのですが、
『むしゃくしゃしてやった。買物は何でもよかった。今は反省している。』
という、猟奇的な物欲解消ではなくて、好機を逃さぬ為の戦略的な物欲解消なのです。
言い訳としてもそっちの方がイイ(爆)

【関連記事】

さて、今回も前回に引き続き、デンマークが誇る超高品質セーラーセーターの代表格、アンデルセンアンデルセンについて筆を執らせて頂こうかと思いますが、その前にチョイと前段を。
昨年 命綱もなしに清水の舞台から飛び降りたアンデルセンアンデルセン。 昨年の冬はスキあらば着用するんだと、正に八面六臂の活躍っぷりを見せてくれたアンデルセンアンデルセンでしたが、あの衝動買いから早くもから丸一年が経とうとしております。
今回は『バツグンにイカしたフィッシャーマンズセーター』としてお馴染みのアンデルセンアンデルセンについて、超爆安でゲットする方法について筆を執りつつ、世の諸兄諸姉諸君の不安の種であろうサイズ感についてもまるっとレビューして行きたいと思います!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

メンズ・レディース不問!戦略的物欲解消アイテム!

さて、そんな今回脊髄反射的に食指を動かしてしまったというモノというのは(もはや冒頭の写真と表題でバレバレなんですが)、敏感な諸兄諸姉諸君はご存知でしょう、デンマーク発の超ハイクオリティーなニットブランド、ANDERSEN ANDERSEN(アンデルセンアンデルセン)のニットでございます。
パチパチパチ。

これはツイッターでも咄嗟につぶやいてしまった事ではあるんですが、火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の新垣結衣選手がスーパーかわいい、、、という事ではなくて、 このANDERSEN ANDERSEN(アンデルセンアンデルセン)のニットが20%OFFとなっておりました!!!

というのも、フラッと覗いたアマゾンの画面に『プライム会員限定の20%オフのクーポン』のバナーを発見。
あの最終の支払い確認の際に、クーポンコードを入力すると対象商品は20%オフになりますよ、とかそういったヤツです。

まぁスポーツ用品が対象とか良く見るヤツかなぁ、なんて思っていましたが よくよく見ると洋服も対象となっている事が発覚。
いやいや落ち着け。そうはいっても、対象商品もそんなに食指を動かすモノもないんじゃないの?なんて思いながら、試しに先日購入したバブアーを検索してみると、、、

クーポン対象になってましたwwww(爆)

ってか元々の値段が既に10%オフくらいになってて、そっから更に20%OFFってことは、実質30%OFFに近いじゃないかwwww
わははwww、皆さん!チャンスですよ!
定価で買った私奴の屍を超えて行ってください!(爆)

まぁ、実際はサイズ欠けの懸念とかがありますので、こういったセールまで待つ/待たないというのは一種の賭けではありますが、結果マイサイズがヒットする方はイイですね。

しかし、各セレクトショップ別注品の様なシーズンモノならまだしも、ビデイルSLような定番品なんてセール対象とせずとも毎年一定数は売れるだろうに、Amazonの販売意欲たるやスゴイなぁなんて関心しておりました。

ただ、その一方で バブアーの様な定番商品までもクーポン対象であるならば、まさか!、、、とこれも半ば冗談半分ながら 数年に渡る片思いを続けるアンデルセンアンデルセンを検索してみた結果、、、

クーポン対象になってましたwwww(爆)←2回目

アンデルセン18

Amazonは本気で小売店に牙をむいているwwww
近所のセレクトショップではアンデルセン-アンデルセンは毎年セール対象外だったのに。

しかも、まさかの20%OFF!
しかもこの時期に!
しかも新色が!
プライム会員でよかった!!!

予習を欠かさない私奴は 既にマイサイズの確認は実店舗で完了しておりました故(爆)、迷う事もなく、また希望カラーのマイサイズが残り1点というAmazonの販売戦略にもズブズブにハマり、まだ支給されぬボーナスと年末調整の還付金をアテに完全に捕らぬキツネのナントカを炸裂させてポチリ。

これに関しては私奴の中でも葛藤はありましたが、今回見送ったとしても いずれは物欲を炸裂させるであろう事や、このチャンスを逃した事に対するモンモンとした日々を考慮すると、この価格と 本格的な冬を迎える前のこのタイミングでの購入はベストな選択だった(これが前述した戦略的な物欲解消)と自負しています。

最早カードの請求については考えるのを止めました(猛爆)
※’16.11.18時点にて、今は全会員にむけての15%OFFクーポンに変更している様子です。(皆様お急ぎください!)

【関連記事】

今回は『バツグンにイカしたフィッシャーマンズセーター』としてお馴染みのアンデルセンアンデルセンについて、超爆安でゲットする方法について筆を執りつつ、世の諸兄諸姉諸君の不安の種であろうサイズ感についてもまるっとレビューして行きたいと思います!

アンデルセンアンデルセンとは

アンデルセン19

さて、毎度の事ながら前置きが長くなってしまいましたが、ココからが本題でございます。

ココンチのセーターについては2年前に近所のセレクトショップでただならぬオーラを発していた為 手に取ったものの 価格を見てクリビツ。

『エライ値の張るセーターだなぁ』というのが第一印象でした。

思い返せばこの第一印象は、かつて筆を執ったオールデンや、レミレリーフのデニムシャツのそれと同じですね。
価格も価格なもんで、その場では華麗にスルーできたのですが、そういうのが何故か後々気になる性分なんですよね。

何が影響してそんな価格設定なのかなぁなんて。
誤解を恐れずにいうと、『ブランドネームが付いているだけで値が張る様なモノ』はあまり好きではありませんが、値が張る事にそれなりの理由があるモノについては、チョット興味深いというか、その値が張る理由を体感してみたくなるという悪癖があります。

極論をいえば単に貧乏性なだけで、購入に際してそれっぽい理由が欲しいだけ、と言えばそれまでですが(猛爆)。
まぁ これも見た目がドンピシャに好みだった、、、という前提条件があってこそなんですが、

そういう意味では このアンデルセンアンデルセンは、近年私奴の中で巻き起こったニットブームや、もっというとローゲージニットに対する熱量がピークの頃に私奴の前に颯爽と登場。

バツグンのルックスと 素晴らしいまでの笑顔で私奴の心を撃ち抜いた鮮やかな手口たるや、らんま1/2 以降ショートカットヘアとなったガッキーこと新垣結衣選手を彷彿とさせるハート泥棒っぷりです。(さらに今期の『逃げ恥』にて手におえない程の魅力を振りまいておりますww)

また、ANDERSEN ANDERSENというブランド名ですが、ANDERSENという単語自体、ブランド発祥の地デンマーク語での発音では(アナスン)と発音するらしく、その他にも、ドイツ語発音では(アンダーゼン)、英語発音では(アンダースン) 、ノルウェー語発音では(アンデシェン)と国によって発音は様々らしいです。

もはやそうなると、前述の通り私奴の心をハート泥棒した鮮やかな手口から 個人的な日本語発音は(アラガッキー・アラガッキー)もしくは(アラガキユイ・アラガキユイ)としたい所ではありますが(猛爆)、やはり日本では『人魚姫』や『裸の王様』という超有名童話の作者と同じく(アンデルセン)と呼ぶのが定着した様です。
まぁスペルも同じですし。

サイズ感は如何に!?細かなディテールも光る!

最早どうでもいい内容で文字数ばかり増えておりますが、そろそろ気を取り直して我が家に嫁いできたアラガッキーアラガッキーをばご紹介しませうか。

もともと、ココンチのお国元であるデンマークは、いわゆる北欧諸国との位置付けでして、地図を見ても大きな半島と大小の島で成りたっております。
さらに寒い寒い北欧という土地柄と、海に囲まれた海洋国家という事で、海で働く漁師さんや 水夫さんの事を考えると、デンマークのニットというのは保温性を考えても進化するべくして進化した、大袈裟に解釈すれば文化品という側面もあるんじゃないかなぁ なんて思っています。

そんな前置きの上で今回ゲットしたコイツは、アンデルセンアンデルセンでも5ゲージの『THE NAVY-CREW NECK』というヤツをセレクト。
ココで言うネイビーはお色の事ではなくて、海軍のネイビーって事ですね。
そんなアンデルセンアンデルセンの全体像がコチラ。

アンデルセン16

アームホールがキュっとしまったタイトな出来栄え ちなみに170cm/63kgの私奴でXSサイズでジャストサイズ。

アンデルセン7

お色は今年の新色キャメルを選択。 この色が絶妙で、妄想が止まらないwww オフホワイトかネイビーも候補でしたが、それは後述にでも。

アンデルセン8

クルーネックといいながら立ち上がりがあるハイネック仕様。
このシルエットこそが私奴のハートを射止めた、アラガッキーアラガッキーのチャームポイント。

いざ着てみると、喉仏の下位まで立ち上がってます。
ただ、タートルネック程でもなくこの塩梅が新鮮! ボートネックにシャツを合わせる御仁は少なくありませんがこの立ち上がり幅は下にシャツを着ても絶妙にカッコいい。

アンデルセン10

慌ただしい甲板でも前後を気にせずに着用できるよう、前後の概念がないのもポイント。
前後が同じパターンですから、どちらを前身頃としてもOK。
襟裏タグのモタツキも皆無です。

アンデルセン14

袖口は防寒対策としてサムホールも装備。

アンデルセン17

使わないときは折り返しても良し。
この辺りでいうと、やはり前後の無い襟元のカタチがポイントでしょうか。

イギリスのガンジーセーターとも呼ばれるセーラーセーターでもよく見るディティールかと思いますが、こういうのを踏襲するあたりがニクいですよね! この他にも今回私奴が購入したのはクルーネックですが、タートルネックのラインナップもあります。

ココンチはタートルネックといえども折り返すと立ち上がりは低いタイプ。
コレはコレでアリですが、やはり最初はクルーネックが欲しかったんです。

あとは、シルエットもローゲージながら畦(あぜ)編み故にタイトにフィットしますし、前述のとおりアームホールもキュっとしまってホントカッコいいです。
お国は違いますが、同じ水夫用の洋服という事でバブアーと合せてもカッコいいです。

アンデルセン12

セージにオフホワイトもイイですが、このキャメルはより季節感がでます。
キャメル単体でも濃い目のジーンズから薄めのパンツまで、コーディネートを選ばずマッチしますね。

この辺りがキャメルを選んだ理由なのですが、それ以前にキャメルカラーのセーターを持ってなかったというのもありますケドね(爆)

【関連記事】

3年にも渡って押し寄せるバブアーの波は 未だに収まろうとも引こうともせず 延々と襲いかかってくるワケで、こりゃ買わないと収まらないよ と嫁を説得(もとい 報告)し、この度お持ち帰りと相成りました。

アンデルセンが高額商品たる所以は?

さて、上記はアンデルセンのルックスについてご紹介させて頂きましたが、冒頭の通りコイツは¥45,000という高額商品。

今からはチョイと視点を変えて、何故コレほどまでの価格設定となっているのか、、、についてフォーカスしてみようと思います。

当然、ここまで値が張るのであれば、中身(品質面)も納得できる内容であって欲しいですが、ガッキーがルックスだけでなく、性格までもカワイイ(個人的妄想)である様に、このアンデルセンアンデルセンの中身も十分に期待できますよ!

本当はこれからその内容について書こうとしておりましたが、生憎文字数も多くなってまいりましたので、今回は一旦ここで休題。

次回の記事では我が家のアラガッキーアラガッキーを隅々まで激写&激写し、あんな所からこんな所まで 存分に辱めてやろうかと思っております。 乞うご期待!

【関連記事】

さて、今回も前回に引き続き、デンマークが誇る超高品質セーラーセーターの代表格、アンデルセンアンデルセンについて筆を執らせて頂こうかと思いますが、その前にチョイと前段を。
昨年 命綱もなしに清水の舞台から飛び降りたアンデルセンアンデルセン。 昨年の冬はスキあらば着用するんだと、正に八面六臂の活躍っぷりを見せてくれたアンデルセンアンデルセンでしたが、あの衝動買いから早くもから丸一年が経とうとしております。
今回は『バツグンにイカしたフィッシャーマンズセーター』としてお馴染みのアンデルセンアンデルセンについて、超爆安でゲットする方法について筆を執りつつ、世の諸兄諸姉諸君の不安の種であろうサイズ感についてもまるっとレビューして行きたいと思います!
ツイッターフォローボタン

【物欲解消備忘録ツイッターはコチラ!】
ブログ更新情報や、フライング気味な物欲解消案件を公開中です!(爆)
よろしければ是非フォローお願いします!

ツイッターフォローボタン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする