【使用感レビュー】クラシックシェービングのメリット&デメリット!

クラシックシェービング メリット・デメリット02 グルーミング

どうも、こんにちは。ちゃん貴(@butsuyokukaisho)です。

遂に第3弾に突入したクラシックシェービングエントリー。
第1弾は購入報告、第2弾は個人輸入の手引き、を経て第3弾はスバリ、インプレッション!
購入したモノを実際に使ってみてどんな具合であったのか、満を持してレビューしてみたいと思います。

ただ、最初に結論だけ申しておくならば、、、

クラシックシェービングは剃り心地はモチロン、儀式としての満足度がハンパない是ww

という訳で、何を以って私奴がこう感じたのか、恥ずかしながら語っていきたいと思います!

【関連記事】

スポンサーリンク

クラシックシェービングの利点って何!?

では早速使用感レビューに移って行きたいと思いますが、上述した様に「満足感が有るという事は利点(メリット)がある」という事。

そしてその利点(メリット)の正体としては【物理的なモノ】も有りますし、モチロン【精神的なモノ】だってあります。
という訳でその【物理的】&【精神的】なメリットについてご紹介していきたいと思います!

メリットその①;超サッパリ!!猛烈な洗顔作用と美顔マッサージ効果!!

まずはコレでしょう。【物理的メリット】のトップバッターはといえば、

ズバリ、シェービング前の泡!!

そもそも、クラシックシェービングにおける泡とは、事前準備としてブラシで顔面に塗りたくるあのクリーミーな泡の事。
シェービングの際にカミソリの刃とお肌との潤滑油的な役割が得られるのでお肌へのダメージが少なくなる、、、とかそんな意図だったり、ブラシの細かい毛先でヒゲを掻き起し、カミソリへの食い付きを向上させるとかそんな感じ。

しかし、実はコレだけでは終わらないのがシェービング前の泡事情!!!

というのも、「毛先の細いブラシ」を使って「濃厚クリーミーな泡」を顔面に塗りたくる!!!というコラボレーション効果にて、毛穴の中の汚れにまでダイレクトアタックできちゃったり&ブラシによる皮膚へのマッサージ効果にて新陳代謝が改善するなんて都市伝説まで登場!!

よもや、カミソリを走らせずとも、泡を塗りたくるだけでやんごとなき効果が得られちゃう是!!

また、これで驚くのはまだや早くて、洗顔効果だけでもとてつもない効果が得られそうですが、

更にカミソリを走らせる事にて、ヒゲと一緒にお肌の古い角質まで削り取ってくれるのがクラシックシェービング!

お陰でクラシックシェービング後の爽快感たるや素晴らしいモノがありますし、誤解を恐れずいえば、翌朝のお肌の調子だってメチャクチャいい感じww(爆) 

近所に女性向けの顔そりを提案している床屋さんがあるのですが、これを体感してしまえば正直納得。

いっそ毎日クラシックシェービングが出来るように早起きしてみようかしらwww(猛爆)

メリットその②;圧倒的な深剃り

続いてはコレでしょう。
物理的なメリットの2つ目ですね。

というのも、ジツは私奴のおヒゲはまぁまぁのサイヤ人っぷりでして、瀕死の状態から復活するほど強くなって帰ってきます。まじで。

それもあって、18や19歳の頃は月に1回で良かったヒゲ剃りも、電気シェーバーによる界王拳で撃退を続ける事10ン年。
今では毎日戦いを挑んでくる位にガッツ溢れる猛者にまで成長し、毎朝シェーバーでパリッと撃退しようにも、夕方にはスベスベとは言い難い状態まで回復するofficial髭男dismです。は?

しかし!
そんな私奴のofficial髭男dism(?)も、

何故かクラシックシェービングを行った日は夕方になっても案外スベスベなんですよ!!

なんなら翌朝になってもギリギリセーフ(?)といったレベル(爆)で、明らかにクラシックシェービングを行う事で、ちゃん貴’s official髭男dism(3回目)の勢いは弱まっている事が実感出来るのだ!!

しかし、何故クラシックシェービングを行う事で、コレほどにもこれヒゲの勢いを抑制する事ができるのか。
これは、ひげ剃りのメカニズムを見れば一目瞭然でして、カミソリの刃が直接肌の上を滑るクラシックシェービングと、外刃と内刃でカットするシェーバーではそりゃ違うわなと。

出典;https://style.nikkei.com/

各社で外刃形状を工夫してはいるものの、どうしてもシェーバーは外刃の厚み分はヒゲが残っちゃう仕組みww
機構的には外刃の厚み(0.06mm程度)の差異でしかないのでしょうが、剃り心地にココまで影響するのは意外。
むしろ、今までシェーバーの能力を最大限発揮出来ていなかったのかもしれません。(シェーバーで剃るのも結構難しいのねwww)

そういう意味では朝ヒゲを剃って、夕方になっても まだヒゲが目立たないというのは、おヒゲが男dism(4回目)の方からすれば結構嬉しいポイントだと思います。

いうて、現在の私奴はマスクで口元が隠れるのを良いことに 口髭を伸ばして楽しんでいるクチなので、タフな髭男dism(5回)も無駄ではなかったんですけどね!(爆)

②圧倒的なランニングコスト

お金 2

さて、3つ目のメリットも物理的(というか経済的)なメリット。そうズバリ、コストです!
いやはや、ついに泥臭いハナシが出てまいりましたよ!(爆)

とはいえ、現在の日本はバリバリの資本主義社会。それからいえば、

コストだって大切なメリットですから、この辺りもキッチリご報告しておきたいと思います。

そもそも、ヒゲ剃りを行う為に必要な消耗品というのがこういう感じ。

◯;必要なモノ △;別に無くてもOK

こんな感じで、若干電気シェーバーの方が必要なアイテムは少ないですが、今後のコスト面でキモとなる【替刃】はいずれも定期的な交換が必要となります。 

しかし、そんな替刃の手配において、

圧倒的なコストメリットを見せるのが両刃カミソリ!!

というのも、実際にどれくらいコスト差が生まれるのか、、、という確認の為に、両刃カミソリ、多枚刃カートリッジ、及び 電気シェーバーにて実際のランニングコストを算出してみました。ちなみに、前提条件は下記の通りで、毎日ヒゲ剃りを行う事前提で計算してみました。

前提条件

【両刃カミソリ】
 ・Amazon choiceのミューレのR89を選択。
 ・替刃はシャープ系のアストラ。3枚/週の消費(高頻度交換)を想定。
 ・シェービングクリーム、アフターシェーブローションの類は含まず。

【多枚刃カートリッジ】
 ・Amazon内でも比較的安価なジレットフュージョンを選択。
 ・替刃はAmazon限定商品を定期おトク便を適用した最安値で計算。
 ・替刃は2週間で交換(高頻度交換)を想定。
 ・シェービングクリーム、アフターシェーブローションの類は含まず。

【電気シェーバー】
 ・Amazon choiceのブラウン series7を選択。
 ・替刃はメーカー推奨の18ヶ月交換。
 ・アルコール洗浄機、及び アルコール洗浄液は含まず。
 ・シェービングクリーム、アフターシェーブローションの類は含まず。

上記の前提条件を網羅した格好でシミュレーションしてみたイニシャル&ランニングコストがコチラ!!

価格はAmazon(’20年6月現在)の価格を適用

イニシャルコストの影響こそありますが、コレをみると両刃カミソリの圧倒的なランニングコスト(傾きの勾配のゆるさ)がお分かり頂けるかと思います。

それもあって、1年/2年経過時ではコスト差はこんな感じ。

【53週(1年)経過時】
 ・両刃カミソリ;¥9,385 (55週目で1位に逆転)
 ・多枚刃カートリッジ;¥9,300 
 ・電気シェーバー;¥15,000

【105週(2年)経過時】
 ・両刃カミソリ;¥11,725
 ・多枚刃カートリッジ;¥17,100
 ・電気シェーバー;¥19,000

なんと、2年間継続使用すれば、多枚刃カートリッジと比較してトータルコストは約30%も抑えれちゃう!!

いやはや、両刃カミソリのなんという低空飛行っぷりwww
もっとロングラン使用を想定するなら、この差は広がるばかりです。やるな。

とはいえ、いくらクラシックシェービングのランニングコストが安いとは言え、価格だけでシェービング手法を選ぶ程 野暮ではありません。
そもそも上述した経済的なメリットは結果オーライの言い訳ですし、正直いうと

私奴がクラシックシェービングに惹かれた【本質的な魅力】は、コスト面よりも 後述する【精神的なメリット】の方が大きいんじゃないでしょうか。

③大本命!道具がバチクソにカッコいい!

ミューレ05

これです。これぞ【精神的なメリット】と名高い大本命!
コレに関しては過去のエントリにて熱く筆を執った事もあって、今回のエントリでは改めて触れませんが、

【カッコいい道具を使う作業】というのは、男の子の心を満たしてくれる何かが有るんだ是!!!(爆)

正直いうと、コレはクラシックシェービングに限らずですが、私奴のモノ好きも、こういった思想が強く根付いているのかも知れません。

こういった道具がカッコいいモノは色々ありますよね。
例えば、フライパンや包丁といった調理道具だってそう。

沼感ハンパないけどww(猛爆)

【関連記事】

④大穴!周辺機器の充実度と香りの満足感!!

クラシックシェービング メリット・デメリット01

さぁ、散々続いたクラシックシェービングのメリットの4つ目がコレ。
イメージとしては【物理的なメリット】と【精神的なメリット】のハイブリット的な感じですが、端的に言えば

香りの癒し効果がスゴいんです。

というのも、コレも過去のエントリにて触れましたが、【香りもクラシックシェービングの楽しみ方のひとつ】だと思うんです。

そもそも、ホルダーとカミソリ自体には香りの要素はないんですが、なんといっても

シェービングソープ(クリーム)と、アフターシェーブローションの香りは結構楽しいんですよ。

シェービング メリット

ソープ自体に特徴的な香りがついている物が多く、ブラシでシャカシャカと泡立てた時点で香りが漂うので一気に雰囲気が変わります。
コレは是非ともお気に入りのソープを見つけたい!!

更に、カミソリ負けのケア用途であるアフターシェーブローションには、(抗炎症成分はモチロン)香水的な意味合いを持たせているブランドも多く、コレにも色々な香りがラインナップあるんですよ!! 

ちなみに、私奴はクラシックシェービングデビューに備え、奮発してサンタ・マリア・ノヴェッラのアフターシェーブローションを調達!!

サンタ・マリア・ノヴェッラ アフターシェーブローション

ココンチの製品は、アフターシェーブローションとはいえ 香水と同じ香りが付いていて、コイツは名作「ルシアンコロン」の香り!
シェービングでダメージを追った肌をひきしめつつ、ルシアンコロンの香りで気分も上々ww
香りも案外(1時間程度は)継続して香ってくれるので、香水代わりとしても使える是(爆)

【関連記事】

また、アメリカでお馴染みのアフターシェーブローションである【ポーチュガル】や【JPコロニア】のボトルはリキュール(お酒)を彷彿とさせるデザインでコレも素敵!!

ここらへんの香りは柑橘系とはいえ少々クセがあるみたいですが、洗面所に鎮座しているだけでテンションがアガるこのデザインは素敵だし、こういったアプローチはやっぱり欧米が上手だなぁww

しかし、ソープやアフターシェーブローション、及び、前回筆を執ったカミソリの替刃も含めて、

こういった周辺機器の充実っぷり(楽しみ方が多岐に渡る懐の深さ)も、コレクター気質の私奴としては惹かれるポイントですw(猛爆)

デメリットはパッションで解消せよ!

ここまでゴリゴリにメリットを紹介してきましたが、実際に使ってみるとやっぱり「コレは難しいかも、、、」と感じるポイントはあります。

という訳で、ココからは本ブログお馴染みの『デメリット』についてもご紹介したいと思います!!

ただ一言でデメリットといっても、何と比較してのデメリットなのか、、、というのは大切。
従いまして、本エントリでは今まで私奴が愛用していた電気シェーバーとの比較という視点でよろしくどうぞ!!

デメリットその①;紅に染まったこの俺を慰める奴はもういない

まず、クラシックシェービングのデメリットと言われて最初に思い浮かべるのはコレですね。

お肌へのダメージ!!!!

上述した通り、電気シェーバーはどうしても外刃の厚み分だけヒゲがお肌に残っちゃいますが、クラシックシェービングはお肌の上を直接カミソリが滑る為、更なる深ぞりが可能となります。

しかし、やはりメリットの裏には背反も有るわけで

・慣れるまでは全然剃れない
・逆にアタリが強すぎてカミソリ負けしちゃう
・意図せず顔面から血が滲んじゃう

といったトラブルも付き物。
よもや流血を確認した時に 脳内で再生されるのは決まってコレです。

紅(kurenai) / X JAPAN

しかし、それも考え方によっては自分の技量が足らない故の不始末。
紅に染まったこの俺を慰めるヤツはもういません。

でもね。

角度がばっちりハマるとジリジリといった何とも言えない音を鳴らし、かつ 窓ガラスの清掃員よろしくに顔面上の泡を綺麗に除去できるのが、

単純に作業として楽しい&気持ちいい!!(爆)

エラの部分や、あごの先端はなかなか難易度が高いですが、シェービングの上達っぷりが目に見えてわかるのも嬉しいポイント。
場合によっては毎日練習できちゃうもんで、趣味としても楽しみ易いでしょwww
ちなみに、私奴はホルダーが届くまで毎日この動画をみてイメージトレーニングしてましたww

Tutorial: Learn How To Shave With a Safety Razor

カミソリの角度からストロークの幅、速度までイメージにイメージを重ねた結果、デビュー初日から結構いい感じに剃れたんじゃないかな、、、と自画自賛してますwww

いうて、デビュー戦のアフターシェーブローションはバリバリ染みたけどな!!(←やっぱりへたくそww)

デメリットその②;面倒臭さはパッションでカバーせよ!

そして、続いてのデメリットがコチラ。
何そ隠そう、これこそがクラシックシェービングの最大の難点といっても過言ではないでしょう。

そう、時間と手間がかかって面倒くさい!!(猛爆)

考えてみれば、電気シェーバーといった文明の利器が出てくる時点で、ソリューション(問題解決)の意図が有るワケですよ。
それから言えば、そもそもクラシックシェービングというのは時間がかかる面倒くさいモノ、、、というイメージが当時よりあった事は想像に難くありません。

ただ、世の中が便利になったこの時代だからこそ、このクラシックシェービングの不便さが逆に新鮮。
似たような事例で言えば、手巻き時計のゼンマイの巻き上げを【一日の始まりの儀式】と呼ぶ方も多いかと思いますが、

例に漏れず私奴も、非効率な手間をあえて「儀式」として特別視する風潮が好きなんですww

それからいえば、クラシックシェービングだって手間をかけて蒸しタオルを準備したりソープを泡立てたりするワケで、【休日だからこそできる作業】を【休日を告げる儀式】として解釈できるんじゃないでしょうか。

また上述の通り、香りや道具で満足度が高いとなれば、グルーミングタイムも逆に特別感が出てくるじゃないですか。
もっといえば、朝からこんな手間と時間の掛かる工程をこなせるだけの時間と気持ちの余裕があればこそ、充実した一日の予感すら感じる事が出来たりして。

まぁ実態は面倒くさい手間をこなすための言い訳だとしても(爆)、こういった考えで乗り越えれるならソレもアリなんじゃないでしょうか!!

あとがき

ミューレ09

という訳で、購入後3週間で感じた内容でいえばこんな感じでしょうか。
もっと継続して使用するにつれて新しい発見もあるでしょうから、数カ月後にでも改めて筆を執るのも面白いかも知れません。

とはいえ、上述した様にクラシックシェービングを【儀式】として受け止める事が出来るのも、個人的には日常的にササっと処理ができる電気シェーバーがあるからこそだと思うんです。

だって、毎日クラシックシェービングを!!というのも(今は楽しいので全然問題ありませんが)、時間が無い時だったり、体調が優れない時なんかは負担に感じる事だってあるかも知れないじゃないですか。

そういう意味では電気シェーバーを否定するワケではなく、シチュエーションに合わせて使い分けれる(選択肢がある)環境下の方が、クラシックシェービングと付き合う上では精神衛生的にも良いのかなぁ、、、なんて思います。。

既に電気シェーバーをお持ちの御仁!!
是非、私奴と一緒にクラシックシェービングを始めてみては如何でしょうか!!(爆)

【関連記事】

コメント