実録!ZOZOSUITでオーダーしたらこうなった!【前編】

ZOZOオーダー16

早い所では梅雨も明けていよいよ盛夏本番!
各セレクトショップやインターネットショップでもセールが始まりまして、みなさま夏の準備はお揃いでしょうか。

振り返ってみると、先月のエントリはギャッベ一色という事で、ナカナカ洋服について筆を取れておりませんでしたが、ぼちぼちとネタは溜まってきておりますので、鋭意ご紹介していきたいと思います!
とか言っておいて、今回も過去のエントリに紐付いたシリーズネタだったりするんですが!(爆)

というのも、今回のエントリは先月に筆を取ったZOZOスーツの続編!
カンの良い方ならお気づきかと思いますが、ZOZOスーツで採寸したデータを元にオーダーした洋服がこの度無事に到着となりました!

正直いうと現物は1ヶ月以上前に到着しておったんですが(爆)、『ギャッベネタを書き終わるまでは筆はとるまい!』と焦らしに焦らし、満を持してお届けするネタでございます!

というわけで今回は【ZOZOが提案するジャストサイズ】とはなんだ!? を合言葉に、オーダーしていたジーパン、Tシャツについて実際の着用画像ふくめてご紹介したいと思います!

【関連記事】

まだまだ洋服好きと公言出来るほどに洋服を来た事も作った事もない私奴ですが、このZOZOSUITSが今後のアパレル業界にどういった変革をもたらして行きそうなのか、楽しみ半分で妄想してみようとおもいます。
気が付けはゾゾスーツの予約受け付けから半年が経とうとしています。 元々は早ければ11月にも発送予定との触れ込みもあって、ミーハーっぷりが三軒隣にも知れ渡る勢いでポチった(爆)のに、全く音沙汰が無いじゃないか!と意味なく待ち焦がれておりました!
今回はZOZOのお手並み拝見!という少々挑発的な意図(猛爆)もありまして、全てZOZOが推奨するサイズでオーダーをしてみました。 というわけで、その結果を着用画像にて比較してみたいと思います!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ZOZOが提案するジャストサイズとは!?

ZOZOSUIT13
さてさて、少し前回のおさらいも兼ねて筆を進めますが、ZOZOスーツといえば最早皆様お馴染のZOZO(旧スタートトゥデイ)社が無料配布している全身スーツ。これ一着あれば全身の採寸ができるという優れモノです!
もっといえば、コイツで採寸したサイズデータさえあれば自身のジャストサイズの洋服がオーダーできちゃう!というおまけ付き!

実際にそんな触れ込みの元、飛ぶ鳥を落とす勢いでリリースされたのがZOZOTOWNが展開するブランド【ZOZO】だったりして、手配できるアイテムもTシャツとジーパンという超スタンダードアイテムに絞っているのも何かポリシーを感じられます!

当初のセンサータイプからマーカータイプに変更となった事により量産性も向上したとかナントカで、本ブログをご覧の諸兄諸姉諸君のなかにも『ようやく届いたぜ!』という方も居られると思います。

しかし、こういったジャストサイズを提案してくれるサービスは洋服に無頓着な方には良いかもしれませんが、本ブログを見てくれている様な諸兄諸姉諸君にはどうなんでしょうか。 むしろTシャツとジーパンというアイテムへのコダワリはモチロン、サイズ感に至るまで一家言ある方も多いでしょうから、そういったダーゲット層は狙っていないのかもしれません。

とはいえ実際にサービスを体験せずに文句ばかり言うのもイマイチ筋が通りませんので、とりあえずはZOZOのお手並み拝見!なんてスーパー上から目線(猛爆)で早速Tシャツとジーパンをオーダーしてみました!

採寸の方法や、ZOZOでの注文の方法については、コチラ!
(今はBDシャツもオーダー可能との事!これは気になる是!)

気が付けはゾゾスーツの予約受け付けから半年が経とうとしています。 元々は早ければ11月にも発送予定との触れ込みもあって、ミーハーっぷりが三軒隣にも知れ渡る勢いでポチった(爆)のに、全く音沙汰が無いじゃないか!と意味なく待ち焦がれておりました!

到着!マイサイズTシャツ!マイサイズジーパン!

ZOZOオーダー1
というわけで、今回勇んでオーダーしたTシャツとジーパンがコチラ。

ただ、オーダーメイドとはいうものの身幅や肩幅等の寸法は3cm刻みで変更する事が出来たりと、ある程度は規格化されているパターンを組み合わせて適正サイズを見つける所謂パターンオーダーに近いシステムです。
しかし、パターンオーダーといえども一般既成品と比較してみても身幅や着丈などを選べるアドバンテージは他にはない魅力でしたので、内心楽しみにしていた所は隠しきれませんww

また、オーダー後の商品到着までの日数もある程度は覚悟していましたが、幸いにも私奴のサイズは在庫有り!との事でオーダー即日発送という何ともスピーディな対応でした。
そんな在庫も潤沢な量産型ともいえるマイサイズ(猛爆)のTシャツ、ジーパンを開梱してみた結果がコチラ!

案外生地はしっかりしてる! ZOZOの白Tシャツ!

そんなZOZOブランドのTシャツ。これは正直いろんな意味でびっくりしたんですよね。

まぁ、ビックリしたと言ってもポジティブ/ネガティブの両方の内容があったんですが、先ずはポジティブな面からご紹介したいと思います!

ポジティブその①;生地が案外タフ!

ZOZOオーダー2
そう、コレこそがいい意味で期待を裏切られたZOZOのTシャツ!

というのも、ココンチのオーダーTシャツは1着¥1,200という低価格っぷりを発揮。
正直、価格的な事もあって出来栄えにはあまり期待はしていなかったんですが、いざ開梱してみると案外生地にコシもあって悪くない! ポリ混なのかな?なんて思うくらいのコシだったんですが表示は綿100%との事でZOZOの根性が見えますww

というのも、繰り返しますが ¥1,200という価格帯は結構微妙なラインだなぁ、、、って思っていたんですよね。 正直、¥1,200もってユニクロにいけばソレっぽいしっかりしたTシャツは買えちゃいますが、あれはユニクロのスケールがあって成り立つ事ですから、新興のZOZOブランドが、さらにはパターンオーダーという在庫のダブつきを考えても、いい意味で期待を裏切られた!という他ありません。

ZOZOオーダー30
一度洗濯をした後の生地がコレ。
私奴はTシャツはネットにも入れないクチなのでガツンとそのまま洗濯しているけど、ヘンによれたりは無く、結構いい感じ。

ZOZOオーダー31
オンスは分からないけど、4ozくらいはあるかな。
フルーツオブザルームの5ozのTシャツよりは薄いけど、ユニクロのスーピマTシャツよりは厚い感じ。

今でこそ言いますが、ヘンな話 ヘインズのパックTくらいの生地クオリティを想定してたんですよ。まあ ヘインズのパックTは もはや確立されたアイテムなので、今更良し悪しを問うレベルではないのですが(爆)、このZOZOTシャツも 最悪インナー用途でいいや、と覚悟していたくらいww これからいうと案外ヤルじゃないか!ZOZO!

ポジティブその②;意表を突かれたバインダーネック!

ZOZOオーダー3
そして2つ目のポジティブポイントは、なんとバインダーネックだったこと!

というのも、Tシャツの襟リブは毎度毎度の着脱の際にどうしても負荷がかかる部分。
もっというとココのクオリティは値段と比例する事も多く、誤解を恐れずいえば安いTシャツは襟口からダルダルになりやすいんですよね。

ただ、何度も申しますが、コイツはまさかのバインダーネック!
かの有名なチャンピオン社が誇るT1011と同じバインダーネックでございます!
何がいいって、バインダーネックはタフだし、リブだけ伸びて浮いちゃうこともないのが◎!

グッドウェアのヘビーウェイトポケTも傑作である事には間違いありませんが、今回は今一度 舵を切りなおしまして、前回の予告通りチャンピオンのT1011をシェゲナベイベ—。

過去に筆を執った通り、私奴はT1011に感銘を受けて以降 バインダーネック教に入教したくらいの信者ですから(爆)、このディテールは地味に嬉しかったですww
前述したタフっぽい生地感と併せて考察しても案外使えるクオリティなんじゃないでしょうか。

これは私奴の妄想ではありますが、ZOZOはゾゾスーツもそうですが先行投資的に最初はガッツリばらまいて、後からしっかり回収するイメージがあるんですよね。
ですから、ひょっとすると このTシャツだって『品質面でのイメージ戦略として、あえて利益を犠牲にしている』と、思わなくもないです。

だって、最近オーダー出来る様になったBDシャツは¥3,800ですからね。
オーダーシャツでこの価格も十分破格ではありますが、ソーイング量に差があるとはいえ、なおさらTシャツの設定価格を調整しているようにしか思えないwww(爆)
まぁそういった意味ではTシャツに関しては買い増すメリットはあるかもしれません。

ネガティブその①;なんかサイズ感が大きくない!?

ただ、そんなタフな生地感とバインダーネックというデティールにワクワクしつつも、開梱直後に驚いたネガティブポイントがコレ。

『なんか身幅広くないか?』

というのも、私奴が愛用するチャンピオンのT1011と重ねてみたのがコチラ!

ZOZOオーダー6
着丈や袖丈は良いにしても、身幅が圧倒的に広い!
私奴はここまで太っていないぞ!!(爆)

案外、私奴のTシャツのサイズ感の好みがタイトフィットなのは認めるにしても、いくらなんでもこれは裏原ブーム当時のサイズ感じゃないか!

ZOZOオーダー32
裏原ブランドの中で私奴が大好きだったバウンティ―・ハンターのTシャツと比較!
久しぶりに引っ張り出したけど、このグラフィックに時代を感じるな(爆)
ってか、肩幅こそ違えど、身幅と着丈はバッチリ同じww

ただ、このサイズ感についても、開梱直後はネガティブなポイントだったとはいえ、実際に着用してみると、、、!!!
このあたりについては後述で着用画像と共にご紹介しまっす!

ちなみに

ZOZOオーダー5
ZOZOのTシャツは丸胴仕上げではなく、前後身頃の合せタイプでした!
ってかこの価格帯でいえば当然ですねww、 これは高望みしすぎました(猛爆)

ライトオンス故に夏でもOK!ZOZOのジーパン!

ZOZOオーダー16
さて、上述の通りTシャツの出来栄えが案外良かったので、ジーパンだって期待しちゃう!とワクワクしながら開封しましたが、結論として『ジーパンは大アリ』です!

というか、このジーパンとTシャツで併せて¥5,000という価格は、結構な事件ですよ!
恐らくキッズが高校生になったら、とりあえずコイツでジーパンとTシャツを作らせると思います。

というワケで早速詳細を見ていきましょう!

注目するべきはこの美シルエット!

最近はメンズ業界においてもワイドパンツの台頭が目立ってきてはおりますが、これもスタンダードなシルエットがあってこその選択。
ZOZOのジーパンもスタンダードな洋服がコンセプトに立ち上がっておりますので、シルエットも幾分スタンダート。ただコイツ、シルエットがすげーキレイなんすよ!

ZOZOオーダー10
ゾゾスーツでの採寸データを元に展開されただけあって、ウエストはもちろんワタリもゆとりだってちょうどいい。
テーパードもいい塩梅でコレは良いわ!

ZOZOオーダー33
生地はポリウレタン1%混のストレッチ仕様。
膝を曲げたりしても楽ちん。

ポリ混という事で加水分解による膝の抜けなんかを気にする方も居られますが、スラックスならともかくジーパンというカジュアルウェアですし、第一この価格帯ですからね。価格帯で考えるならば、これ以上望むことはないであろう出来栄えでした。

アタリの位置がドンぴしゃり!

ZOZOオーダー13

さぁ、これぞ今回ZOZOジーパンを購入するにあたって一番レビューしたかったポイント!
ダメージ加工の位置精度でござい!

これも過去に筆を執りましたが、リゾルトに出会うまでは私奴はジーパンを買ってはスソは必ずカットしておりまして、時代が時代なら『涙のレングスカット』というシングルを発表してもおかしくないくらい、スソをカットしておりました(猛爆)

よもやダメージジーンズを買おうものなら、膝のダメージがスネにあるわ、太もものアタリが膝に至るわ、あまつさえハチノスがふくらはぎに有るという 関節の数が増えたのではないか?と疑問を抱く程のチグハグっプリが炸裂。 かの名曲『涙のレングスカット』の歌詞中にもこの出来事が含まれている程に強烈なトラウマです(爆)。

ただ、今回遂にZOZOジーパンにてこのトラウマが解消されました!

ZOZOオーダー25

膝のアタリの位置もピシャリ!
生憎、モモのアタリは無かったのですが、これは嬉しい!

ZOZOオーダー13
ヒゲの位置はまぁ外れないでしょうが、注目するべきはコチラ!

ZOZOオーダー24実際に5時間くらい着用後のハチノスの位置と、ダメージ加工の位置が重なっている!

流石『サイズに合わせて加工位置を変更している』と謳うだけあって、ココンチのダメージ加工は多くの方のトラウマを払拭する良い起爆剤となりそうです!

裾はチェーンステッチと抜かりなし!

ZOZOオーダー17

コイツに関しては履き心地云々のメリットには関連しないアイコン的な意味合いが強いですが、裾の処理がチェーンステッチというのも大きなポイント!
私奴は中途半端なダメージ加工を選んだ事もあって、裾にもダメージ加工が施されていましたが、ワンウォッシュならばいい具合のアタリが期待できそう!

ちなみにアウトシーム部分は流石に耳付き、、、とはいきませんが(爆)、脇割りのステッチがネイビーという一捻り。

ってか、そう思うと、ユニクロ×カイハラのセルビッチジーンズって¥3,980でしょ?
スゴイなアレwww(猛爆)

価格なりのデティールはご愛嬌!?

ただ、シルエットやダメージ加工の位置精度等の特筆するべきポジティブポイントはあれど、やはり価格帯なりのデメリットポイントはボチボチあります。
(ジーパンというソーイング量が多い構造故、Tシャツよりもネガティブポイントが目につきやすいきらいはありますけどww)

まずはコレ。ウオッチポケットが簡略化されてる!

ZOZOオーダー26

左がZOZOジーンズに、右がリゾルト。
ウォッチポケットに若干の違和感があるけれど、ネタバラシはこちら。

ZOZOオーダー27ポケットの中がコチラ!
見える所だけ整備されて、何かガッツリ省略されてる!

まぁ、比較対象がリゾルト(爆)という、ジーパンの神様がディレクションしたジーパン!というのがフェアではありませんがww
ウォッチポケットに関しては、実際無くても困らないポケットではありますが、このあたりはコストを意識しているなぁ、、、と感じれるポイントです。
まぁ\3,800という価格で闘うには、仕方ないでしょうか。

ZOZOオーダー28ちなみに、同じようなウォッチポケットの構造をもっているのが『Still by Hand』という日本製のブランド。ココンチはスラックスタイプのポケット構造ですけどw

ZOZOオーダー29
ココンチも大きくウォッチポケットのデティールを省略しているものの、処理は丁寧。
同じデザインの簡略化だとしても、やはりZOZOジーンズの縫製の荒さは否めませんね。

あとは、裾のダメージ加工でしょうか。

ZOZOオーダー14
最近、ダメージジーンズを買っていないので、世の中のモノがどういった加工具合なのかは分かりませんが、印象としては荒いwww
とりあえず削ってればいいんでしょ?的なイキフンを感じるのは私奴だけでしょうか(爆)

ただ、繰り返しますけれど、¥3,800ですからねぇ。
今回はアタリの位置の確認もしたかったので、ダークインディゴを選択しましたが、次買うならワンウォッシュがおススメでしょうか。

まとめ・あとがき

さて、というわけで本編では到着したZOZOジーンズとTシャツの具合をレビューしてみましたが、アイテムとしての完成度でいうと、

・Tシャツはサイズを自分でコントロールできるなら大アリ!
・ジーンズは低コスト品と割り切れる事前提で、ワンウォッシュがオススメ!
・ジーンズのシルエットはキレイ!

コレです!

とはいえ、モノの具合はわかったとしても、実際に着用してみた際のサイズ感はどうだった!? という疑問は少なからずあろうかと思います。

というわけで、後編は『実際に着用してみてどうだった?』と銘打ち、実際の着用画像も踏まえてサイズ感をレビューしたいと思います! 乞うご期待!

【関連記事】

まだまだ洋服好きと公言出来るほどに洋服を来た事も作った事もない私奴ですが、このZOZOSUITSが今後のアパレル業界にどういった変革をもたらして行きそうなのか、楽しみ半分で妄想してみようとおもいます。
気が付けはゾゾスーツの予約受け付けから半年が経とうとしています。 元々は早ければ11月にも発送予定との触れ込みもあって、ミーハーっぷりが三軒隣にも知れ渡る勢いでポチった(爆)のに、全く音沙汰が無いじゃないか!と意味なく待ち焦がれておりました!
今回はZOZOのお手並み拝見!という少々挑発的な意図(猛爆)もありまして、全てZOZOが推奨するサイズでオーダーをしてみました。 というわけで、その結果を着用画像にて比較してみたいと思います!
さてさて、メキシコのプロレス興業ヨロシク、一発目から好カードを展開しますが、何を隠そうジーパンです。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする