気になる関税は!?超お得なオーバーダイラグの個人輸入奮闘記!【後編】

オーバーダイラグ02 インテリア

平成最後 且つ、令和最初のG.W.真っ只中!
皆様如何お過ごしでしょうか、ちゃん貴(@butsuyokukaisho)です。

前回のエントリでは一目惚れの結果、勢い余って個人輸入してしまった【オーバーダイラグ】をご紹介させて頂きましたが、今思うとタイトルにて『個人輸入奮闘記』と銘打っておきながら、蓋を開ければ個人輸入した現物のストロングポイントのみ紹介して終わるという、なかなかに後先考えないペース配分が光りましたwww(爆)

というわけで、今回のエントリでは前回の反省を活かして、前回エントリにて積み残してしまった【オーバーダイラグのデメリットのご紹介】と、表題通りの【個人輸入に伴う奮闘記/注意事項】をご紹介するべく、早速張り切ってシェケナベイベーしたいと思います。

【関連記事】

スポンサーリンク

お待たせしました!オーバダイラグのデメリット!

というわけで、先ず 今回のエントリの前半戦は【オーバーダイラグ】のデメリットについて!

前回のエントリではハイカロリーにて褒めちぎった【オーバーダイラグ】ですが、実際手元に届いて使ってみた結果としては、やはり少し気になるポイントだってあったりします。

というわけで、前回のエントリにてオーバーダイラグに興味をお持ちになった諸兄諸姉諸君が、実際に現物を購入した後に『こんなハズじゃなかった、、、』と落胆させぬ為にも(爆)、 私奴が人柱となって感じた 気になるポイント(デメリット)をご紹介したいと思います。

ただ、自分が惚れたモノであれば、多少のデメリットも含めて愛するのが私奴のポリシー。 

それ故、結論として今回のオーバーダイラグの魅力は全然薄れていない是!

実録デメリットその①;オイニーがゴイスー

さて、一発目のデメリットといえるポイントはコレ!
とはいえ、コレってウールを使ったラグでいえば(強弱の差はあれど)避けて通れない問題。
ちょっとケモノっぽいというか ウール特有の香りというか。

実際、過去に購入したギャッベにおいても寝転がるとそれっぽい香りはするんですよ。
ただ、そもそも嫌いな香りではない(ふわっと香る程度であればむしろ好きな部類)ですが、今回のラグに関してはチョットその香りが強すぎて気になっちゃうのが玉にキズ。

というのも、今回のラグは子供部屋に敷いたんですが、日中部屋のドアを締めたままにしておくと、夜その部屋に入ったときに絨毯のオイニーが充満しているんですよねwww

ただ、コレも原因はある程度分かっていて、想定されるポイントは2つあります。

1つ目は雑菌の繁殖が故に匂いがでるケースと、
2つ目はウールがもつ調湿作用の影響にて匂いが出るケース。

ただ、今回のケースで言えばウールの匂いがキツいので おそらく後者が原因だろうと思うのですが、前者でも後者でもコレを解消する方法があります。

そう、天日干しです!

というのも、仮に雑菌の繁殖が原因だとしても日光消毒の効果は期待できるし、後者のウールの調湿作用が起因した匂いだとしても、【ウール内に含まれた水分がウールの香りを纏って放出されている】と考えると一旦 天日干しにてリセットすれば理屈上は解消できます。

ただ、せっかくのオーバーダイラグ。もしくは他のウール絨毯だとしても、直射日光にて色褪せや変色を誘発させるのは本意ではないじゃないですか。
なので天日干しを行う際は

・裏返して色褪せを防止
・なるべく風通しの良いところに

この2点に留意してみてください。
実際、私奴もこの手順で幾分オイニーはマシになりましたwww
野外に干せるスペースが無い、、、なんて方は、エアコンのドライモードで除湿するのでも良いかも知れませんね。

ただ、気になるのが【何故ここまでラグが吸湿するような自体となってしまった】のか。
そもそもオーバーダイラグの購入先であるトルコは乾燥地域ですから吸湿とは無縁でしょうし、遠路はるばる多湿な日本にやってきた!と言うことで開梱後に勢い余ってグイグイと吸湿してしまったのでしょうかwww

基本的に根本的な原因(吸湿の原因)を解消しないと再発リスクがあるのがウールのオイニー。今回は暫定対策として天日干ししてみましたが、再発しそうな場合は別途調査してみます。

とはいうものの、例えウールのオイニーが苦手だとしても、上述の手順にて解消できるのもウールの特性。 ウール特有の匂いだけで敬遠されるのも勿体ない話ですから、回避できるアプローチは知っておいてもソンは無いと思います!

実録デメリットその②;ゴロンと横になるのはイマイチ

^_^まぁこれはデメリットというかオーバーダイラグの特性ですよね(爆)
というのも、そもそもウールの絨毯の特徴といえば、フカフカな踏み心地と肌さわり。

ギャッベ1

我が家のギャッベ。
染色されていないナチュラルウールが隙間なく縦に整列されてて、踏み心地と肌さわりは抜群!

https://chang-taka.com/gabbeh2/

ただ、オーバーダイラグに話を戻してみると、(前回のエントリの通り)もともと短い毛足をギリギリまで刈り込む事にて絨毯のダメージを目立たなくしていることもあって、端的にいえば絨毯特有の感触はなくて若干ザラザラ(と言うかツブツブ)してます。

オーバーダイラグ02

こんなカンジでウールのノットが並んでいるような具合なので、どこかゴツゴツしたような肌さわり。素足で踏んでも粒だったカンジは目立ちます。

それ故、ゴロンを横になってウールの感触を楽しむ!といったギャッベのような用途目的であれば、オーバーダイラグは候補からは外した方が良いかも知れませんね。

ただその分、例えばダイニングテーブルの下とかフロアのアクセントに使うにはもってこいの配色とデザインだと思いますけど。

日本では10万円のモノを2万円で買う!? Etsy初体験記録

お金 2

さて、そんなメリットとデメリットをご紹介したオーダーバイラグですが、コレ日本で現物を購入しようとすると結構な値段がするんですよね。例えばコレ。

まぁ、サイズは価格に比例してくるのですが、リビング用途になると 国内店舗では10万円近くするモノはザラにあります。
また、ウール素材でこの値段ですから、シルクといった希少素材なんかになると(新品よりは安いものの)ヤイソレ!と手が出にくいのが実情ではないでしょうか。

ただ、実はこの価格問題を解消できる裏技があります。

というのも、今回私奴が冒頭から触れている通り、このオーバーダイラグは海外から個人輸入にて購入しました。 そしてそのお値段がなんと2万円チョイ!

実際にこの現物が国内で販売された場合の価格は及び付きませんが、仮に国内オーバーダイラグの平均額が10万と比較しても 5分の1の出費で買えちゃうのはアツい!!

で、そんなスーパーお得な購入方法こそが、前回のエントリでも少し触れた【Etsy】というサイトを使います。

Etsy(エッツィと読むらしい)は、まだ日本こそ馴染みが少ないですが、いわば海外のメルカリとヤフオクの中間的なカンジでしょうか。 あ、値下げ交渉等はできるシステムではないですけどww

とはいえ、実際にサイト内を閲覧してみると案外秀逸だったりするもんで、ラグに始まり小物に照明、更にはヴィンテージのスカーフだったりと、結構物欲を刺激されるモノが多い多い!

というワケで、そんな超お得なEtsyでの購入方法をチョットご紹介したいと思います。

Etsyは海外版フリマサイト!支払いはペイパルで楽チン安全!

では先ず、Etsyのサイトに飛びましょうか。リンクはコレ。

Etsy - 誰にでもぴったりなハンドメイド、ビンテージ、オーダーメイドのユニークな商品をお買い物しましょう
ハンドメイドのギフト、ビンテージやトレンドのアパレル、ユニークなジュエリー、その他にも数え切れないほどたくさんの商品を見つけましょう。

まずはAmazonやメルカリ、ヤフオクと同じように検索窓に欲しい商品を入力します。
オーバーダイラグなら【over dyed rug】で良いかと思います。

【ちゃん貴ワンポイントアドバイス】
一応海外サイトなので日本語入力よりは英語入力の方がヒット率が高いですね。
とはいえ、私奴の英語力は【医者に止められているレベル】なので、欲しいモノがあれば先ず日本語で入力してみて、それっぽくヒットした中から英語スペル含めてコピペしてますwww

で、【over dyed rug】で検索すると、結構ヒットするんですよね。
こんなカンジ↓↓↓

この時点(’19.4.30現在)にてセール対象になっている奴もチラホラ!
何なら50〜70%オフになってるヤツもあるし、送料無料ってwww マジかw
で、後は日本のサイトと同じく、目ぼしいヤツを見つけたらカートに入れて、支払いするだけでOKですww

まぁ購入に際してはアカウント登録こそ必要になってきますが、Etsyでは日本語対応がバッチリ!という使い勝手の良さ!
海外サイトといえど日本のECサイトよろしくな手順でアカウント作成できちゃいます。

勿論、クレカ払いにだって対応しているし、海外サイトでカード番号の入力は不安、、、という方にはペイパルでの支払いが可能だったり決済だってスムーズ。

なにこれ。こんなに簡単に買えちゃっていいの?ww

英語表記の配達先はメモ欄に書いておけばOK!?

まぁ、この辺りの購入方法は、通販慣れしている人には問題ないと思いますが、より詳しく知りたいという方が居られましたら、私奴にEtsyを教えてくれたrejoiceさんが詳しくまとめてくれているので、そちらが分かりやすいかと思います。

【Etsyでお買い物 実況?!】英語ができなくても簡単 個人輸入ガイド♪
  こんにちは、rejoiceです。 我ながら子供っぽいなと思うのだけれど… アラフィフになった…

ただ、私奴が一点だけ声を大にして言いたい 注意点が有るとすればコレ、、、

宛名と住所は英語表記にしておかないと、日本まで届きませんwww(爆)

まぁコレは海外通販故に当たり前といえば当たり前なのですが(爆)、奇しくもサイト自体が日本人向けに最適化されているが故に、住所登録も日本語で完了しちゃって、実際に購入をした時に出品者に送られるデータが日本語だったりする罠www

日本語用に最適化された配達先の設定画面ww
このフォーマットでどうやって英語表記で書くんやw(猛爆)

とはいえ、この辺りはサイトデザイン的にどうしようもない所があります。
なので、私奴は購入時に出品者に対するメッセージを記載するスペースに

【My name】
******* (英語表記の名前)

【My address】
*******************(英語表記の住所)

といった英語での送付先を書いて連絡しました。
(住所の英語変換は、ググってそれっぽく書きましたwww)

ただ、今回の個人輸入に伴い1点だけボーンヘッドがあったとすると、上記の英語表記の名前を書き忘れていて(ペイパルの名義が英語表記だった為、省略できるかと思っていたww)、まさかの通関で『コマーシャルインボイスの記載内容が不十分です』というエラーが発生www  そらそうなるわなww(猛爆)

幸い、今回の配送業者は日本人向けのカスタマーサポートがあるFedExだったので、サポートに電話して無事通関できましたが、今回得た教訓としては、

名前と住所はしっかり英語表記で伝えよう!←当たり前www(猛爆)

気になる送料や納期、さらに関税はいくら?

さて、上述の通り、サクサクと注文することが可能なEtsy。
私奴も思いたったその日にアカウント作成⇒商品検索⇒購入⇒決済を完了させれましたし、今日びのインターネットの利便性たるや素晴らしいモノがありますね。
まぁ、宛先は書き忘れたけどwww(爆)

ただ、そんな個人輸入に際して皆様が気になる点といえば
送料と納期、そして個人輸入には付き物である関税というプラスアルファの出費ではないでしょうか!

というわけで本項では、今回私奴が【オーバーダイラグ】を個人輸入した際に 実際に掛かった経費をズバリご紹介したいと思います。
コチラ!!!!

・商品代金;21,072円
・送料;無料!
・関税;無料!
・配送期間;9日!

結論からいうと、商品代金意外の出費がない、というミラクルが炸裂!
なんかAmazonで買うみたいなイメージだった是www

ただ、このミラクルも タネ明かしをすれば非常にシンプル。
というわけで、Etsyにて商品代金のみで購入する方法や、納期の目安、はたまた通関に伴う注意点についてご紹介したいと思います。

まさかの送料無料!?トルコ⇒フランス⇒中国⇒日本の旅!

では早速、Etsyでの個人輸入に際して 送料を抑える方法についてご紹介したいと思います!
ただ、コレに関して言えばホントに簡単で、

ズバリ、送料無料の商品を買うだけ!(爆)

というか、Etsy内では送料無料の商品って案外多いんですよね。
ちなみに、商品検索する際に セールアイテムや、送料無料のアイテムだけソートする事もできちゃいますwww こんなカンジ↓↓↓

オーバーダイラグ09

ただ、送料無料となっているとは言っても、出品者もビジネス。
『上代には送料も含まれている』という解釈で間違いないとは思いますが、国際配送でも無料になるのはめちゃめちゃ意外。単純にゴイス。

当然、Etsyの中には送料が別料金の出品者(ショップ)もありますが、詳細ページには日本への送料も併せて表示されるので、後から送料で大幅に予算オーバーなんて事もありません。 こんなカンジ↓↓

送料

とはいえ、トルコからの送料ともなれば まぁまぁの金額が必要なんですけどwww

また、オプションで配送プラン(配送期間を短縮できるお急ぎ便的なアレ)も変更できるみたいですが、今回で言えばそこまで急ぎじゃないのと、本音を言えば内容がよく分からない(猛爆)ので申し込みませんでした。 多少時間がかかっても送料無料でいいのよww

FedEx履歴

ちなみに、今回購入したオーバーダイラクは、トルコを出発してフランスまで飛び、更に中国経由で日本にやってきた、、、というなんと羨ましいフライト記録!(猛爆)

もっといえば、今回購入した出品者さんは、注文確定した3日後には発送対応という海外らしからぬ神対応。時差的な事を考えると稼働日2日くらいですか。有難や。

そこから遠路遥々海を越え、順当に進めば約一週間後には我が家に到着という、可もなく不可もないスピード感!(注文後、発送まで3日+輸送に7日の10日間!)
まぁ、n=1 のサンプル結果とはいえ、目安としては遠からずだと思いますよ。

まさかの関税フリー!? 個人輸入にEtsy良いかも!

関税 税金

さて、Amazonでも楽天でも日本の主要なECサイトであれば、商品代金と送料を支払いすればソレ以上の追加料金は原則的に不要です。

ただ、海外通販ともなればソコから更にキャッシュオンされる可能性があるのが関税!
昨年末より米中貿易摩擦の報復関税云々で話題になったヤツですね。

関税を乱暴にいえば、海外から物品を輸入した時は輸入元(今回で言えば私奴)が、購入代金の数% を税金として支払います!というヤツ。

関税がかかる/かからないの基準は私奴もよく分かりませんが、過去にラルフローレンの洋服を個人輸入した際には関税にヒットしたこともあって、今回も追加予算が必要かも、、、なんて身構えておりました。

ただ、蓋を開けてみると今回は関税を請求される事も無く、冒頭の通り 追加料金が掛からぬまま我が家に嫁いできたオーバーダイラグ!

まぁ上述した通関エラー(送付先の宛名の書き忘れww)の際に、電話口で個人輸入である旨(法人の買い付けじゃない)を説明した事が効を奏した可能性もゼロではありませんがコレはラッキー! いや、ラルフローレンを輸入した時も個人輸入だったんだけどww

今回がレアケースなのかどうかは分かりませんが、こんな感じで気軽に輸入できるのなら、Etsyってスーパー便利! インテリア系のアイテムも多いので、これからの新生活にも便利そうです。というか、私奴もちょっとハマりそうです(猛爆)

ベニワレン

ってか、この通り、ベニワレンも格安過ぎてwwww
うーん、眼福ではありますが、身体には良くないな(猛爆)

あとがき

シャルル・ド・ゴール

そんな今回久しぶりに敢行した個人輸入。

上述の通り、基本的にはすんなり対応できたものの、シッピング履歴の追跡を行っていた時にもっと勉強しておけばよかったなー、、、という自体が発生ww

というのも、今回のラグはフランスを経由するって事で、世の皆様が一度は立ち寄ってみたい空港TOP3に入るであろうシャルル・ド・ゴール空港に立ち寄ったみたいなのです。

で、そのときにシッピング履歴に表示されていた内容が

Charles de Gaulle(シャルル・ド・ゴール)

だったんですが、このスペルを読んだ私奴の対応がコレ!
『ん?チャールズ?デ、ガウル?え!?なにそれ!何処!?』(猛爆)

よもや自分の恥を晒すようで恐縮ですが、コレくらい英語(まぁ上のはフランス語なんでしょうけど)が苦手な私奴でも個人輸入ができちゃう世の中!(爆)

そう考えると、本ブログをご覧の諸兄諸姉諸君だって 個人輸入は楽勝だ是!(自虐www

コメント