父と息子の親子コーデの鉄板アイテムはコレだ!

パタゴニアフリース1

さて、今年の4月以降、本ブログを再開しまして半年以上が経過しました。
こんな話の長いまとまりきらない変態記事でも、読んでくれている人がいるのはとても嬉しい限りです。有難うございます。

しかしながら、こんな辺境のブログに辿り着いている事を考えると、この記事を読んでいる方も、多かれ少なかれ変態なのだと思うのですが(爆)
すみません、失言でしたwwww

さて、そんな変態の私でも、実は来年の4月から小学校に上がる愚息がおりまして、そんな息子も多少なりとも変態の血を継いでいるのか、最近の専らの楽しみは録画したドラマ『逃げ恥』を私奴と一緒に視聴し、ガッキーは可愛いよなぁ、、、と2人で目をハートマークにして恋馳せる事。
ただ、以外にも息子は 主人公みくりさんの友人役の『やっさん』役の女性も気になる様子で、この年で保育所の女の子よりもテレビの女優に恋するあたり順調に変態が育成されております(猛爆)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

息子と同じ格好をしたいのか、同じ格好をさせたいのか、、、

さて、大きく話が脱線してしまいましたが、今回はそんな息子に関する事について筆を執ろうとおもいます。

とはいっても本ブログに我が愚息が登場するワケではなく、今回ご紹介するのは世のお父さんなら一度は妄想したことがあるであろう親子でのお揃いコーデについて。

過去にも筆をとりましたが、私奴が(オシャレかどうかは別の話ですが)洋服が好きな事もあって、できれば子供も洋服を好きになってもらいたい!ということでお父さんと同じ洋服のKIDSサイズを購入しては着用させて遊んでおります。

まぁ実際それは大義名分でして、本音は『自分と同じ趣味の洋服を着てくれたら、嬉しい』といった、自己満足なのですけど。

幸いにも我が家は男の子を授かりましたので、前述の通り楽しい思いをさせてもらっていますが、この子供用のアイテムが結構カワイイんですよね。(多分女の子では同じ様な事はしていると思いますがwww)

ただ、子供の成長は早いもんで、折角かったアイテムも1シーズンで着れなくなるという寂しさwww
しかし、この子供用のアイテムが結構カワイイんですよね。(2回目)

2回も連呼するということで如何に思い入れがあるのか ご理解頂けたかと思いますが、そんな事もあって、今では着れなくなった当時の洋服は捨てれずに絶賛保管されております。

というワケで、今回はそんなチビとのお揃いアーカイヴを、自身の備忘録も兼ねてご紹介したいと思います。

世のお父さん、もっというとお孫さんをお持ちのお爺さんや、旦那さんへのプレゼントを迷う奥様のご参考となればこれ幸い。

お揃いアイテム①:星条旗セーター

星条旗ニット2

これは見覚えのある方も居られると思いますが、昔某レンタルブログサービスのヘッダーにも設定していた画像ですね。
何を隠そう、私奴が敬愛するラルフローレンのセーターです。
分かり易すぎるTHEアメリカ なプリントがカワイイ。

これについては、私がラルフローレンが好きなこともあったのですが、子供ができたら絶対に着せたいアイテムの心のベストテン第1位の座に永らく鎮座していた親子コーデの殿堂入りアイテム。

星条旗ニット1

あと、ジツは私奴が着ているサイズも実はキッズのLサイズ。
子供が大きくなって、このサイズが着れる様になったら、また自分用を買おうかな(爆)

ホント、コイツは子供服のテイストとアメトラな雰囲気がバッチリ融合した秀逸なアイテムだと思います。
シャツをインして襟を覗かせてもイイですし、TシャツでラフにきてもOK。

個人的には同柄でもショールカラーよりも断然クルーネック派です。
そして素材がコットンというのもイイですよね。
子供が何かをこぼしても、ガンガン洗えますし、お色もネイビーならあまり汚れも気にならないし、ウールのチクチク感もないですから。

まぁ、しかし結論的には なんといってもカワイイの一言に尽きますね。

今では息子もサイズが合わず、着る機会もありませんが、絶対捨てないwwww
今後、孫が出来たら着せてもらおうww(爆)
そしておじいちゃんとのお揃いコーデをさせてもらおう(猛爆)

これは私奴が好きなだけかもしれませんが、ラルフローレン自体は私奴のツボを結構ついてくるキッズ洋服が充実しています。
3月の卒園式とか、スーツをお揃いに、、、なんて妄想もとまりませんwww

嫁の顔を想像すると戦々恐々ですが、せめてネクタイだけでもwww(猛爆)

お揃いアイテム②:ポンプフューリ― & エアマックス

ポンプフューリー1

コチラは記憶に新しい所でありますが、私奴がオーダーしたポンプに対して、トリコカラ―の子供用ポンプ。
子供用にはポンプシステムはなく、ポンプ部をおすとぴゅーぴゅーと音がなるシステム。

そしてもう一つのお揃いスニーカーがこちら。

親子コーデ2

そしてエアマックスのエッセンシャルカラー。
このカラーに一目惚れして自分用に購入するも、1年後にアマゾンでキッズサイズを発見。
後に高橋名人をも超えたと言われる音速のポチリを体現させるキッカケとなった逸品。

親子でお揃いコーデを検討されている方にとって、スニーカーのというのは結構取り入れやすいアイテムかもしれません。
クリスマスプレゼントに、奥さん(旦那さん)と子供さんへなんて言うのもアリではないでしょうか。 奥さん(旦那さん)がスニーカー履く人ならイイと思います。

ただ、キッズシューズ自体、履き心地は分かりませんので何ともレビューしにくいですが、私奴がエアー入りのスニーカーを初めて履いたのが中学生の頃。
数か月に渡って両親に懇願し 買ってもらった記憶がありますが、そう考えると親父から勝手にエアマックスが支給される我が息子はなんて贅沢なんだ!(爆)

私奴自身、上写真のエアマックスはお色味が気に入って 履きつぶしてしまいましたが、何故かキッズサイズは息子には不人気でして、エアマックスよりも、ポンプを好んで履いておりました。 幸いポンプフューリ―は最後まで履きつぶしてくれましたが、不人気であったエアマックスは いまでもキレイなモンですが、サイズアウトにより私の保管庫に移動です

ただ、お揃い自体はまんざらイヤでもないのか、草臥れた私奴のエアマックスを捨てるというと なんとも悲しい顔をするので、未だに捨てれず。

親子コーデ3

ならば、と代わりに1年前に新調したオールホワイト×ガムソールのエアマックスとの3ショット。 (ホワイトは穿くシーンが限られる為、まだまだキレイ)

幸いポンプフューリ―は最後まで履きつぶしてくれましたが、おそらく仮面ライダーがプリントされた靴があれば、ポンプフューリーであろうとも見向きもされなかった事は想像に難くありませんwww

まぁ子どもの好みはそんなモンですよね(爆)

お揃いアイテム③:PatagoniaのレトロX

これはお好きな方であれば、一度は通る道かと思います。

パタゴニアフリース1

格好にくたびれておりますが、この風貌からどれだけヘビーユースしたかが分かるかと思います。

大人用のレトロX自体が値上がりしており、ヤイソレと手が出るモノで無くなってきておりますが、 マダマダ子供用はお求めやすい価格設定になっています。

パタゴニアフリース2

コチラはBOYSとBABYの比較。
ポケットの形状等含めてBOYSと同じ。 結構いい出来。
改めてみてもBABYのレトロXはスーパーかわいい。

余談ですが、上記のBOYSサイズのLサイズはジツは自分様に購入したんですが、私奴の場合、身幅、肩幅は丁度良かったのですが着丈が若干短く改めてメンズのレトロXを購入するという勉強代を支払った逸品です。

とはいえ、遊休させておくのも勿体無いということで、愚妻に取られました(爆)

まぁ女性であれば、着丈も短さも影響ありませんし、BOYSサイズもアリではないでしょうか。

パタゴニアフリース3

奇しくも家族3人のお揃いを私一人で手配してしまうというオチw
さて、肝心の機能面についてですが、外側のフリースは大差無いように思うのですが、内側が異なります。

パタゴニアフリース4

メンズラインは厚手のメッシュ素材ですが、KIDSはナイロンの裏地のみ。
コレだけでも結構防寒性が異なる不思議。メンズラインの方が温かいです。

キッズ向け商品には無いといった機能面での削減が有る為かと思いますが ルックスだけでいうと改めてみてもBABYのレトロXはスーパーかわいいです。(2回め)

このテのフリースジャケットやベストはイロイロなメーカーが類似した商品を出していますし、中にはpatagoniaのオマージュの様なロゴもあったりしますが、やはり配色と色合わせの妙は本家が頭一つ抜けている様な気がします。

欧米人は瞳の色が違う事もあって、我々日本人とは見えている色彩感覚とは異なるのかもしれませんww

お揃いアイテム④:ロッキーマウンテンのダウンベスト

ロッキーマウンテン3

コチラもアメリカさんが誇るダウン御三家の一つ、ロッキーマウンテン フェザーベッドです。

ココンチはなんといってもヨーク部の革仕立てではないでしょうか。
ネイビーやダークブラウンに染められた濃い目のお色もステキですが、ベージュのナチュラルカラー は捨てがたいモノがありますね。

ロッキーマウンテン2

KIDS用といっても、ヨーク部の革には抜かりなし。
結構しなやかでいい感じ。

ロッキーマウンテン1

ココにつく汚れやキズがイイんですよね。
ああ、これはあの時のキズだな、、、なんて成長記録的な。
まぁ知らない間についてるけど(爆)

ロッキーマウンテン4

ダウンもパンパンに詰まってて、ここいらはサスガのロッキーマウンテン。 KIDS用途とはいえ抜かりありません。

ロッキーマウンテン5

大人用のロッキーマウンテンといえば、襟元にボアのついたクリスティーが有名ですが、 着用時期が限られそうな事もあってボアなしを選択。
単純にタマ数の少ないKIDS用にクリスティーがなかった事もあるんですが(爆)
これでお色も仕様もお揃いとなりました。

ダウンベスト自体、袖がないので防寒性としては中途半端なんじゃないの?なんて食わず嫌いをしていた時期もありましたが実際に着用してみると体幹が暖かいだけで結構違うモノですね。

また、アウターのインにもジャケットの上にも、袖がないだけあって着ぶくれしないのがウレシイポイント。 ここいらは別途また筆を取りたいと思います。

お揃いアイテム⑤:LLビーンのビーンブーツ

親子コーデ4

コイツに至ってはツイッターでフライングして公開してしまいましたが、、、

くるぶし以下はダークブラウンのゴム素材による一体化成型。
アッパー以上はブラウンレザーで、トラ紐の編み上げ。 この風貌はまさか、、、

もはやこのブログをお読みの方であれば、お分かりかと思いますが、100年をこえて変わらないデザインを貫く、アメリカのアイコン的なアウトドアブーツ。
そう、ビーンブーツタイプのブーツです(爆)

というのもLLビーン自体はKIDS用品の取扱いはありますが、ビーンブーツに至ってはKIDSサイズがありません。
それ故、コイツ自体はLLビーンではなく、ビーンブーツタイプ、という位置付けとなります。 ではコレはどこで見つけたのか、、、という事なのですが、我が愚息の洋服の調達の際に、 毎度お世話になっているGAPに出向いた際にコイツを発見!
子供よりも先に私奴の琴線を刺激されてしまいましたwww

やるなGAP。。。
※GAPのKIDSラインは、結構カワイイデザインが多いですし、大人の洋服をそのままリサイズした様な デザインもイイんですよね(爆)

親子コーデ18

しかも、中はシンサレートライナーって事で防寒性もバッチリ。 本家のビーンブーツのオリジナルはアンライニング仕様ですから、GAPは進化しているwww

親子コーデ1

生憎、ソールはチェーン柄ではなく、ギザギザの溝ですが、グリップは申し分なさそう。

親子コーデ7

コスト面からアッパーは合皮ですが、トラ紐が思った以上にしっかりしていて、雰囲気は出ています。
ゴム長靴の代替用途としてもオシャレでカワイイです。

コレは私奴の個人的な思いで子供に履かしたい!と嫁に説明し購入したのですが、息子も息子で結構気に入った様子。
自ら『今日はビーンブーツ!』と気に入って着用しております。 決して湿地帯に入る用事や、湿地帯に入る機会が有るワケでもありませんが、自らブーツを履きたいと言う息子にちょっと感動しています。

親子コーデ5

本家のオリジナルとパチり。
サスガに少々のデザイン差はありますが、お揃いといっても過言ではない。

あとがき

ジツは今回のお揃いコーデネタを書くきっかけとなったのは、何を隠そう このGAPのビーンブーツでした。

というのも、子供用のビーンブーツを購入したのが11月末。
その時点ではビーンブーツ自体は私奴の物欲リストの第13位くらいにランクインしていたものの、 上位カーストであるバブアーやアンデルセンアンデルセンを優先的に処理しておりました。

ただ、我が家の近代史として後に語り継がれるであろう『2016 GAPビーンブーツの変』により 私奴の物欲ランキングが急変動。
一挙に株を挙げたビーンブーツ師匠が1位に躍り出てまいりました。

LLビーンブーツ16

届いたばかりのビーンブーツ。
普段は私奴の洋服をベースに子供の洋服を買っていたのですが、まさか順番が逆になるパターンもあるとは、、、

このビーンブーツについては筆を執りたい内容も多々ございます故、また改めてご紹介させて頂きたいと思います。

さて、先日息子へ購入したビーン風ブーツを購入したら、思いの外 出来が良くて自分様にもビーンブーツを衝動買してしまった旨を、ツイッター及び 本ブログに記載させていただきましたら 思いの外 皆様よりリアクションを頂きまして。

あとがき②

今回ご紹介したアイテムは具体的に同じメーカーのKIDSアイテムでしたが(ビーンブーツはちがいますがwww) よく似た色合わせや雰囲気の洋服となるとお揃いコーデは多岐に渡ります。

中学生ともなると自分で洋服を選んだり、好みが出てきたりするでしょうから、 親目線でいえば、こういった楽しみ方も今しかできない楽しみ方ではないかと思います。

私奴の理想は親子で洋服をシェアできるくらいに洋服に興味をもってくれればうれしいのですが。。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする