VRゴーグルで1人映画館!?格安VRゴーグルの利点と落とし穴!

VRゴーグル7

私はガジェットの類に明るい訳では無いんですが、心惹かれるモノがありまして、この度買ってしまったものがあります。
ソイツが標題通り、VRゴーグル。

VRゴーグルといってもPSVRに代表されるような本格的なVRモニタではなくて、中にスマホの類をセットする超簡易的なアレです。価格帯も数千円程度のアレ。

VRに関してはまだまだコレから、、、といった分野かと思いますがスマホを用いるタイプのVRゴーグルはある程度カタチが見えてきたトコロもあるかな、、、ということで遅れ馳せながら今回遂に購入。
結論としては『オモチャとしてアリ』です。

ただ、VRゴーグルにも落とし穴がありますので、コレから筆を執る内容が、今後購入を検討されている諸兄諸姉諸君の血となり肉となれば幸いです。
では早速シェケナベイベー!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

遂にココまで来たか!昨今のお手軽テクノロジー。

VRゴーグル8

さて、そんなVRゴーグルですが、ピンからキリまで様々なガジェットがありますね。
VRの定義については色々とありそうですが、ややこしいのがARと言われるモノ。
これについてはあんまりテキトーな事を書いちゃうとサチモスよろしく『もうグッドナイト』と言われかねない内容(爆)なので、あくまで私奴の解釈としてですが、ちょっと備忘録も兼ねてご紹介。有識者の方アドバイスくださいww

AR(Augmented Reality:拡張現実)とは

現実世界に空想をドッキング(合成)させて、そこに有るように見せる技術と理解してます。例えばポケモンGO!でポケモンを捕まえる際に、カメラをONにしておけば、レンズ越しの空間にポケモンがいるように見えるアレです。
ライブ会場なんかのスモークを焚いた空間で、プロジェクター的なアレで何か移したりするのも、ある種ARの一環かもしれませんね。その内カメラやゴーグルがなくてもARの物体が立体的に見えたりするのでしょうが、今はこんな感じの解釈で良いかと思います。

VR(Virtual Reality:仮想現実)とは

これはARと違って、見えている空間自体を非現実てきな仮想空間で有るように見せる技術、と理解しています。
とはいえ、いまYouTubeで見れるVR画像も現実世界のどこかで撮影した画像でしょうから厳密にはVRとは呼べないのかもしれませんが、今いる現実と違う場所に居るように感じれる、といったニュアンスが近いのかもしれません。例えばドラクエの世界をフルCGで再現した中に没入出来るようになれば本当のVRと呼べるのかもしれませんね。

VRゴーグルの役割とは

VRゴーグル6

VRの定義云々は上記で遠からずかと思いますが、ソイツを身近に見れるようにする為の道具こそが、ようやく今回ご紹介したかったVRゴーグルなのです!

コイツの役割としては具体的には1つだけ。
左右の目にそれぞれの画像を表示させて見れるようにすること。
※ココ大事です!コレに関する内容は後述します!

この左右の目に見える画像は全く同じ画像でも良いんですが、チョット前に流行った3D映画の様に左右で微妙にカメラ角度の異なる画像を写すことで、実際に立体的に見える事ができたりもします。これは、我々のような30代ソコソコの世代であれば見に覚えがあるであろう、20年以上前にニンテンドーが時代を先取り過ぎた事で有名な、据え置きハード機バーチャルボーイを彷彿とさせる内容ですねw。

私奴が小学生当時にリリースされ、短期間で製造中止となった近未来感溢れる伝説のハード機。今更ながらちょっと欲しいwww(爆)

もっというと、ジャイロセンサー(スマホ等に付いてる角度とか水平度とかが分かるセンサ)との組み合わせて、上下左右の画像までみれちゃうなんてギミックを有しているのも珍しくなかったりします。 スゴイですよね。細かな仕組みはサッパリわかりませんが(猛爆)

どのVRゴーグルを買うべきなのか

VRゴーグル5

ふう。またしても購入品とは異なる場所で文字数をとってしまいました(爆)が、ココからが本題。

前述の通りVRゴーグルといってもピンからキリまでありまして、フラッグシップ的な位置付けのPSVRは5万円だったり、HTC社のViveなんかは10万円位しますし、専用ハードやPCが必要だったりとナカナカはハードルが高い。(その分、高性能なVRがみれるのでしょうが、、、)

となると、お手軽にVRを楽しむとなると、スマホをセットするタイプのVRゴーグルが良いかと思います。私奴が買ったのもコイツですし、価格帯だって数千円とか決して高すぎる事も無いですしね。ただ、ココの市場については各社イロイロな工夫を凝らしたモノをリリースしていますので、ソレらを踏まえてご紹介したいと思います。

VRゴーグルその①;ダンボールタイプ

これはYouTubeの元締めであるGoogleが仕掛けたVRゴーグルですね。
『Google Cardboard』という名前ながら、なんとダンボールで組み立てるゴーグルというかビューアーというか。

コイツはダンボール故に低価格で、先ずはVRを体感したい!というエントリーモデル的な扱いですが、誤解を恐れずいうと、現時点コイツはオススメできません。
理由は後述しますが、この価格出すならプラスチック製のバンドで固定出来るタイプが買えちゃいますよ!

VRゴーグルその②;ヘッドセットタイプ(ヘッドホン無し)

おそらく各社の一番ラインナップが多いのが、ココらへんだと思います。
ただ、部品的にみても、OEM先は同じで、プリントか色違いが各社からリリース、といった塩梅だと思いますが、構造故にソコまで大差ないんじゃなかろうか、、、というのが本音です。

私奴も店頭で、3000円のゴーグルと2000円のゴーグルを掛け比べて見ましたが、差は分かりませんでしたwww(爆)
というのも、映像の描写元のスマホが同じ以上、おそらく映像的な事を差別化できる要素はレンズの精度とか、拡大の色味とかそのあたりしかありません。

とはいえ、2000円前後といった価格帯でレンズの具合が劇的に向上するかといえば、期待薄。大体どんぐりの背比べ状態ですから、そう言った意味では好みのお色や、オモチャと割り切って低価格品を選んでも問題ないかと思います。

VRゴーグルその③;ヘッドセットタイプ(ヘッドホン有り)

コイツはその②で紹介したゴーグルの頭に固定するためのバンド部分にオープン型のヘッドホンがついた感じ。だいたい3000円〜位で展開されています。

ヘッドホンが合ったほうがVRの世界に没入できる、、、といえばそうですが、基本的にヘッドホン無くてもイヤホン接続ずれば問題ありません(爆)
まぁ、このアタリは好みにもよりますし、よりメカメカしいルックスのガジェットが欲しいならば、ヘッドホンタイプが良いかと思います。

どれがオススメ?ちゃん貴セレクトはコレ!

さて、そんなVRゴーグルですが、Amazonを覗いても『VRゴーグル』で検索すると出て来る出て来る。上記にリンクを貼った『VOX 3DVRゴーグル』というのがベストセラーとして出てきますが、個人的に言うならばもっと安いやつで十分なんじゃないかとwww

そうなると、ハコスコ系のダンボールタイプ(大体1000円くらい)のヤツを買うの?となりますが、コレもノンノン。1000円以下のプラスチックタイプの奴がありますよ。

コイツは安価ながら、VRゴーグルの基本的な調整内容は網羅しているので、コイツでVRの雰囲気は分かるかと思います。
これ以上の上位機種の違いは何か、、、と聞かれても、焦点距離の調整がし易いとかその辺りじゃないかと。まぁ樹脂カスがレンズに付着していたりと、それなりの要メンテナンス具合は価格なりだったり、ヘッドホンもBluetoothイヤホンで代用前提(優先タイプでも可能)ですけど。

ただ、ダンボールタイプと同価格帯でありながら、頭に固定できるゴムバンド付きのプラスチック製という事で、敢えてダンボール製を選ぶ理由も無いかと。
更には前述した通り、スマホをセットするタイプのVRゴーグルの構造自体ある程度完成していますので 画質に対する大きな相違も期待できないとなると、この辺りの格安エントリーモデルで雰囲気を味わいつつ、新たな技術的なブレイクスルーの後に展開される習熟品を待つのが最適解なのでは、、、という見解です。

VRゴーグルの落とし穴

とかナントカ、偉そうにVRゴーグルのオススメを語っているものの、ジツはコイツに手を伸ばしたのは、Amazonプライム特典である、プライムビデオの映画をVRゴーグルで見たかったから。

イメージだけでいうと、『映画を目の前にセットしたスマホで大画面で没頭できる!』『ヘッドセットとして固定しているから、ベッドに寝転がった状態で見れちゃう!』
という国民の3大義務である『勤労の義務』を放棄するようなスーパーナマケモノタイムを夢見たものの、やはり世界はソコまで甘くありませんでしたww(猛爆)

VRゴーグルで見るには2分割画面が必要!

冒頭に説明しましたが、コイツが有るからこそ、立体的な映像が見えたりする訳で、フツーにVRゴーグルにiPhone画面に映した動画を映して(セットして)も映画館の用に見えませんでしたwww(実話ww)

私奴もココの勉強が足らず、購入後にこの事実に気がついたというボーンヘッドっぷりですが、コレは是非とも皆さんに知っておいて貰いたい!
おそらく同じような野望を秘めている方も少なくないと思いますが、是非とも有志にプライムビデオの動画を2分割してVRゴーグル用に映してくれるアプリを開発して欲しい!

VRゴーグル1

VRゴーグルで鑑賞するにはこのような2分割画面が必要!
YouTubeなら全ての動画で対応出来るんですけれど、、、

画素数が小さく、高画質な画面はまだ見れない

さて、前述した2画面表示が出来ないとVRゴーグルでは鑑賞できないのは 想像出来る範囲かと思いますが(私奴は想像が足りませんでしたが(爆))、コイツはまさに落とし穴というべき内容。
というのも、私奴が愛用しているiPhone7の画面の分解能は1334×750。

で前述の通り、VRゴーグルで動画を視聴するには、単純に液晶部分を2分割する必要がある時点で 1画面のピクセル数はその半分の667×750となります。
もっというと、その2分割した画面内で16:9のアスペクト比を再現するとなると、最大でも667×375pixという、YouTubeでいえば低画質と言われる画質が最大限!

VRゴーグル1

実際2分割画面のイッパイイッパイに表示されている、、、というワケでも無いので 更に画像表示が小さくなる、と考えるとソコまで高画質の動画は見れません、というが構造上再生出来ないという罠ww(爆)

このあたりも新たなブレイクスルーが必要ですが、やはり映画だ何だを没入してみたい場合は、なんだかんだ映画館 若しくは 暗くした部屋にテレビで、、、というシチュエーションが一番かもしれませんwww(爆)

ただ、元々画質の荒い 昔のYouTubeの動画とか、それこそ私奴の永遠の映像教典である『水曜どうでしょう』をYouTubeで見るには、このVRゴーグルで没頭できちゃいますけど!(嬉)

あとがき

ちなみに、YouTubeの動画であれば、iPhoneの公式アプリを下記手順で操作することにて全てVRゴーグル対応動画に変換できちゃいます!(画質は上記の通りそれなりですけど、、、)
その手順がコチラ!
公式アプリでお好みの動画を再生した後、

VRゴーグル3

右上の・・・の箇所をタップ。

VRゴーグル2

Cardboardで視聴をタップ。

VRゴーグル1

出来た!これで、一人映画館スタイルで見えちゃいます!

案外、スマホをセットしたVRゴーグルは重くて、イスに座って見るのは大変です。ベッドやソファにもたれ掛かったり、ベッドで横になったり、、、というスタイルがオススメです。

だって、首が猛烈に疲れるもの(爆)。
あと、もっというと目も疲れますけれどね!(猛爆)
そして、本格的なVR動画はめっちゃ酔いますけどね!

まだ本格的な大枚叩くにはチョット時期尚早な感はありますが、そういう意味ではやっぱりオモチャ用途と割り切って、格安品を使用するのが良いんじゃないでしょうか。
数千円でVRを体感する!という意味では案外買いない逸品でした!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする