5年でココまで変わる!ヌメ革BREE(ブリー)のエイジングっぷり

ブリー5年使用後

いきなりですが、スマホをお使いの諸兄諸姉方、ケースはお付けになられていますでしょうか?

無躾ながら私奴はケースはつけておらず、その昔 『イヤよ。やめて、はOKサイン』 とhideが唄った様に ダチョウ倶楽部ヨロシクなノリで、裸をイヤがるiphoneをそのまま使用しております。

しかしながら、裸で使用しているとは言ったものの、決してケースと云う文化を嫌悪している訳ではなく、むしろケース/カバーというカテゴリーは大好物。

ペンケースやブックカバーであったり、もっというと、どこにでもあるBICボールペンを差し込むペンカバー?なるモノに至るまで、生活において不必要なモノにまでこだわって、使用時の満足度を高めるという行為は非常に有意義なお金の使い方かと思います。

iphoneにおいては、そんな私奴のハートをラブ☆ズッキュンする程のケースに出会えていないと言うのが裸で使用する最大の理由ではあるのですが、いざ手元にある私奴の愛するケースの類を思い浮かべてみると、革製品が圧倒的に多いという事実を再発見。

いや、ただ単に革製品が好きなだけなんですが、今回はそんな私奴が敬愛する革製品についてのアツイ気持ちをこの場を借りてシェゲナベイベー。 iphoneにおいても私奴の趣味嗜好にドンズバな革ケースがあれば良いのですが。

【関連記事】

ヌメ革エイジングの楽しさを教えてくれたBREEの小銭入れだけは、この先もずっと使い続けていきたいくらい。これはもはや意地にも近いですねwww
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

革製品の魅力といえば

さてさて、もはや好き勝手に進めますが、私奴が革製品が好きな理由の筆頭が、経年変化。

要するに使い込むにつれて、革が柔らかくなったり、手に馴染んだり、色や光沢に深みが出てきたりというヤツ。
巷ではエイジングと称されているようです。

最近では最初からエイジング加工されていたり、新品の状態から革がすでに柔らかかったりと、加工(エイジング)技術が秀逸になってきてはおりますが、やはり自分で育てた革製品というのは 加工品のそれとは異なり、当然ながら良く自分に馴染みます。

たとえソレが単純な思い込みだったとしても、新品状態から見守ってきたZ!という愛着がパンパなく、とてもカワイイく思えるものなのです。
(むしろ、そのエイジング=愛着という面が私奴を魅了するところなのかもしれません。)

恐らく全然興味のない方も居られるとは思いますが、人生1度くらいは革製品を 自分仕様に育ててみては如何でしょうか。

大げさではなく、ホントに価値観が変わるかもしれませんよ。
というのも、先日ちょいと時間があったので、私奴が愛用している革製品の手入れをしたんですが、その中で私奴が愛用するコインケースにクリームを塗り塗り。

そこでふと思ったのですが、このコインケース。改めて見ても良くもここまで育ってくれたなぁ。。。とちょっぴり感動。 その勢いあまって今回 筆を取った次第なのですが、今回はその私奴愛用のコインケースをご紹介いたしませう。

ヌメ革でお馴染み!BREEのコインケースの魅力

さて、前述した愛用しているコインケースというのがこちら。

ブリー新品状態
ちなみに、コレは新品時の状態。
コレが愛用していくとこう変わる!

ブリー5年使用後

明らかに黒くなってるwwwwww

コレ、光の加減とかでなく、実際の目視に近い色味です。ホント。
まぁ、手の脂や汚れ等による変色の影響は否定しませんし、きたねーなー!と言われればそれも否定は出来ないです。

ただ、BREE(ブリー)社の名誉の為に言いますが、異臭とか色移りとか そういった被害は皆無ですwwww)

とはいっても、当然ながら一気にここまで変色した訳ではなく、薄いベージュからチビチビと時間をかけて今の色味まで育ててきた事や、定期的に手入れをしてきた思い出など、思い返せばこのBREE(ブリー)には浪漫がウルトラ詰っている訳です。

多分、捨てろ!と言われても捨てれないwwwwww

あと15年以上は使い続けて、ファッションに興味を持ち出した息子から 『このBREEのコインケース、超カッコイイ!ちょうだい!』 と言われるのが夢ww

ちなみにコイツは購入から5年目に突入。(ちなみに3代目www 初代と2代目BREEは双方ともに いい味が出てきた矢先に外出先で紛失という悲惨な末路wwww)

あ、ココンチのキーホルダー↓↓

ブリーキーホルダー

コレも、上記コインケースと同じヌメ革を使用しており、更に価格も数百円とお財布にも優しいww

私奴もこのキーホルダーを絶賛エイジング中ですが、数年後にコイツが黒々としてきたらさぞカッコイイだろうな、、、と今からヨダレが止まりませんwww

小銭入れに関しても、そこまで高価でもないので、本内容にて興味をもたれた方は是非。私奴と革友達になりませう(爆)

あとがき

ちなみに小職のiphone。

裸使用のツケなのか何かは判りませんが、アルミボディのエッジ部分に僅かながら塗装のゲーハーを発見。

多分、ポケットへ入れる際のジッパー等との接触が原因かとは思いますが、使用3ヶ月にて早くも”味”が出て来ました。

ただ、ルックス的な評価でいえば、中途半端なヤレ具合が一番カッコわるい!
コレは上記の革製品にせよ何にせよ、ずべてに共通する事ですが、エイジングにおいては多少なりとも我慢の時期が存在すると私見しています。

あの、アレです。髪伸ばそうかなーと思っても、中途半端な長さだと逆にうっとおしい的な。 どうせならガッツリ長かったら、目にも入らんのにー的な。

やはりピンかキリか。新品がヤレヤレか。両極端がイイですね。
ただ、新品はルックス的な魅力が永年固定値なのに対して、エイジング品の魅力は継続して右肩上がりですから。 使えば使う程、渋みが増すのだ。

ただ、携帯は2年周期で機種変する為、いよいよ渋みが出るか出ないかの時期にオサラバというオチwwww

【関連記事】

ヌメ革エイジングの楽しさを教えてくれたBREEの小銭入れだけは、この先もずっと使い続けていきたいくらい。これはもはや意地にも近いですねwww
ヌメ革というのは、植物より抽出されるタンニンという成分にて革をなめした状態の革を指します。 一般的な革製品は、この状態から染色や、シボ・型押し加工等、様々な工程を経て製品化されるのですが、一般的なヌメ革とは染色も加工もされていない、言わば 『すっぴん』状態となります。
新品状態をおろした場合、すぐには使用ぜす1ヶ月は準備期間として御留意ください。 と、いうのも、この1ヶ月の過ごし方によって、今後のヌメ革のエイジング具合に大きな差が発生してくるのです。 『一年の計は元旦にあり』と言われる様に、『ヌメ革の計は購入後1ヶ月にあり』といっても過言ではありません。
さてさて、ヌメ革メンテナンス第3段! 多少更新の間隔が空いてしまいましたが、とうとう本編に突入しませうか。 今回は、ヌメ革製品をおろした!日光浴もすませた!いざ、使わん!としている方に対する、私奴オススメのお手入れ方法です。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする