BELAFONTE/ベラフォンテで男臭いアメリカンスタイルを!

ベラフォンテ デニム38 ジーパン

こんにちわ、ちゃん貴(@butsuyokukaisho)です。

前回のエントリにてディテールやシルエットについてご紹介してきたベラフォンテのゴールデンエイジデニム!
シルエットも含めてクラシックな洋服との相性は言わずもがな!といった雰囲気はご理解頂けたかと思います!

というわけで、今回はそんなゴールデンエイジデニムと私奴のワードローブを駆使して【ちゃん貴流のコーディネート提案】をしてみようではありませんか!

中には田舎でこんな格好をしていると浮いちゃうようなコーディネート案もいくつかありますが(爆)、お洒落は自分の為でもありますからTPOが守れていれば全然オッケー!!!街でこの格好をしている人を見かけたら、それは恐らく私奴です(猛爆)

皆様、声かけてくれたらコーヒー一杯ご馳走しますよ!(爆)

【関連記事】

スポンサーリンク

コーディネート案①;夏場は開襟シャツで涼しげに!!

というわけで早速コーディネートを考えて行きたいと思うのですが、まずは足元の猛暑に対抗するべく 今重宝しそうな格好がコチラ。

アロハ;SUNSURF ✕ BEAMS
ブーツ;オールデンチャッカブーツ

夏っぽいアロハとの組み合わせ。
レーヨンのアロハは汗でシワが目立ちがちなので、インナーのヘンリーネックをチラ見せさせるのが好きです。

赤色のアロハは配色的にも濃紺のパンツにはよく似合いますが、意外にもグリーンもきれいだな。
そして、ストンと落ちるパンツのシルエットにも合う!
赤はパリッと髪をキメて着たいけれど、グリーンならベージュのパナマとか合いそうです。

また、昨年から狙っていたアイテムと合わせてみたのがコチラ!!

ベラフォンテ デニム33
イタリアンカラーシャツ;JELADO
ハット;H.W.DOG

ズバリ!イタリアンカラーのシャツ!!
行きつけのバーバーのマスターが着ていて超カッコよくてずっと欲しかったんだけど、コチラも稲妻オンラインフェスにてゲットした『JELADO/ジェラード』のシャツ!
そして、クラシックを感じるロングブリムのハット!

JELADO 01

アーバンヴィンテージを歌うジェラードのこういったクラシックな織柄とか’50sを感じるイタリアンカラーとか素敵。
どことなくロカビリーな雰囲気もあって、ベラフォンテとの相性は言うまでもありません。

H.W.DOG01

ちなみに、H.W.DOGのハットはこのコーディネートを妄想して買ったんですけど、使い勝手が良すぎて超満足ww 
コイツについては追って筆を執りたいと思います。

やっぱりファッションっていうのはこういうコーディネートの妄想が楽しいんだよね。

コーディネート案②;ヘンリーネックには相性抜群!サスペンダーも忘れずに!

また、オープンカラーシャツ以外にもこういったハイウエストパンツと相性が良いのがヘンリーネック!

ベラフォンテ デニム36
ヘンリーネックTシャツ;GLAD HAND
サスペンダー;A vontade

ヘンリーネックは白でも黒でもカッチリキマるし、ハットを合わせるのが超素敵!!

ベラフォンテ デニム022

またヘンリーとの組み合わせに忘れてはいけないのがサスペンダー!!
シャツと合わせるのは定番ですが、ヘンリーネックとサスペンダーというのが当時の土臭さを再現していてめっちゃ雰囲気ある!

オールドホームステッダー トランクス04

夏はグラッドハンドのヘンリーだけど、秋口にはオールドホームステッダーのヘンリーも良いよなぁと。
どうせなら首元にバンダナ巻いたって良いと思います。秋口が楽しみ!!!

一般的な女性ウケは絶望的だけどなww(猛爆)

コーディネート案③;ハイウエストを活かしたショート丈トップスで!!

あとこのハイウエストなシルエットだからこそやりたいのがショート丈トップスとのコーディネート。
例えばコレ。

ベラフォンテ デニム37
半袖カットソー;ベラフォンテ

雰囲気のあるボトルシップ柄が光るのは、ジーパンと同じくベラフォンテの半袖カットソー!
恐らくベラフォンテ自体がトータルコーディネートを提案しているんだと思うんですが、このカットソーは着丈が超短いんです。

故に、フツーのジーパンでは着丈が合わずに着れないけど、ゴールデンエイジデニムくらいハイウエストだと違和感無く着れるし、逆にこのサイズバランスが良いなと。足長く見えるしwww

ベラフォンテ デニム30
Gジャン;ドゥニーム2ND

あとはGジャンだってクラシックに着れる!
ヘンリーネックはパンツインして、サスペンダーで吊った上にGジャンという、クラシック炭鉱夫コスプレ!(爆)
土臭くて素敵じゃないか!!!

また秋口のワークスタイルを考えるなら外せないのがコチラ!

コーディネート案④;秋こそ本番!シャツをあわせたクラシックスタイル!

正直ゴールデンエイジデニムは、このコーディネートをイメージして買ったといっても過言ではありません。
そう男臭いワークスタイル。例えばこういった奴。

ベラフォンテ デニム35
シャンブレーシャツ;ラルフローレン
ベスト;ブラウンズビーチ

両胸にポケットのついたワークシャツにサスペンダーという鉄板スタイル。
ってかH.W.DOGはココでも活躍するし、なんならお馴染みのブラウンズビーチの超バイブレイヤーっぷりwww

ベラフォンテ デニム31
ウエスタンシャツ;RRL

また白シャツだってカッコいいし、ウエスタンシャツがハマる!
手前味噌ながら、タイトなトップス ✕ ルーズなジーパンのサイズパランスがいい感じ。ハイウエストなのも◎!

これならブラウンズビーチのジャケットを買って、2ピースで合わせるのもカッコいいよなぁww(猛爆)

コーディネート案⑤;ブリティッシュなワークスタイルで冬場も安心!!

と、ここまではアメカジっぽい雰囲気で纏めてみましたが、ハイウエスト+若干のテーパードといったディテールを鑑みるに、ヨーロッパ的なイキフンが香るのもコイツの魅力!! というわけで冬場に着てみたいヨーロッパアイテムの妄想が捗ります。例えばコチラ。

ベラフォンテ デニム029
アウター;バブアービデイルSL
ニット;アンデルセンアンデルセン
ブーツ;トリッカーズ

やはり冬場に欠かせないクラシックシェルアウターといえばバブアー。
近年人気が上昇してきたスペイ(ショート丈)に合わせても素敵そうですが、ラギッドな雰囲気はビデイルでも健在。
インナーはアンデルセンアンデルセンでヌクヌクに!
ってかこの試着のときは超暑かったwww(猛爆)

ちなみに、お色味的にはキレイめに合わせる事もできるんですが、如何せんロールアップしちゃうとカジュアル感が凄まじい。
故に、やっぱりドレスアップを図る場合はキッチリとスラックスを合わせた方が良いかな、、、と思います。
やっぱり適材適所。あえて外す、、、というテクニックも分からなくは無いですが、そうするなら少なくとも裾の処理はキッチリしたいかな(爆)

あとがき

2019award 革靴

こういったデニムを合わせた男臭いコーディネートを考えていると、やっぱりトゥのポッテリしたプレーントゥシューズが欲しくなるんですよね。例えば、黒のサービスシューズ的か、もしくはサドルシューズ。

今日現在はプレーントゥを合わせたいシーンには オールデンのチャッカブーツ中将が対応してくれていますが、今後の人生を考えると一足は持っていても良いかなと。

そうなると次にぶち当たる問題は、プレーントゥを狙うか、サドルシューズを狙うか問題。

いまさら何のストーリーも無さそうなローコストアイテムを2つ買ってお茶を濁すのはポリシーとは異なるし、プレーントゥならやっぱりオールデンが良いよなぁとか変なビョーキも出てくるし(爆)、いっそ黒✕黒のサドルシューズならサービスシューズ的にも使えそうだと思う反面、やっぱりサドルシューズ買うなら黒✕グレーがロカビリー的には魅力的だな、、、と思ってみたり。
いっそシッカリしたプレーントゥとサドルシューズの大人買い、とかアタマおかしい事考えちゃうのは 誰のせい?ソレはアレだ!夏のせい!!(ex.サマージャム95)

欲しいものを買い集めると、いずれは物欲にアガりがあるかと思っているものの、まだまだ先は長そうですww(猛爆)

【関連記事】

コメント