今買うべきサングラスの大本命!クラブマスターの武勲たるや!

クラブマスター9

先日は我が地方都市もこの夏の最高気温を更新したりと、まさに盛夏本番。

ここまで暑くなるというか、日差しがキツくなってくると恋しくなってくるモノといえば、満場一致でガリガリ君かと思いますが、次点で挙げるとするならばサングラスではないでしょうか。

というワケで、本日はそんなサングラスについてシェゲナベイベ—。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

サングラスに対するイメージは?

これは私奴だけかもしれませんが、ジツは10代〜20代後半に至るまで サングラス=カッコつけアイテムの代名詞という認識が強くて、個人的に装着するのに謎の勇気が必要なアイテムの筆頭でした。(猛爆)

まぁ正確には勇気というよりは、頑張ってカッコつけてます感が出るのが こっ恥ずかしかった、というのが正解かもしれません。

オシャレはしたいんだけど、頑張ってます感は出したくない!という二律背反的な思春期丸出し感がハンパないですが、まさかコレを20代後半まで引きずるとは思いませんでした(猛爆)

ただ、最近になってそんな心境にも変化がありまして。
といいますのも、歳のせいか神経が図太くなってきたのでしょうか、まぁまぁサングラスを付けるという事に対する抵抗感が薄れてきたんですね。
言い換えれば、カッコつけるという事への恥ずかしさがなくなってきたのかもしれません。

まぁどうせ目一杯かっこつけた所で福山雅治にはなれないんだから、多少カッコつけて何が悪いんだ!という開き直りに近い境地かもしれませんが、まぁ そんな前置きはおいておくとしても、そんな心境の変化がありまして ここ近年はサングラスの出番も増えてまいりました。

昨今のサングラス事情は?

さて、一概にサングラスといっても(スポーツグラスはおいておくとして)大定番と呼ばれるモデルから、昨今の流行モデル形状からレンズカラ—まで、選択肢としては幅広くあるかと思います。

かくいう私奴においてもサングラス歴は浅いですが定番と呼ばれるモノと、その時の流行モノの2種類を抑えるようにしておりますが、この2刀流スタイルが結構スタイリングに重宝するんですよね。

まぁサングラスの流行といっても、さほど奇抜にデザインが変わるワケではありませんし、逆にいえば流行遅れなんてデザインもナカナカありませんので、シチュエーションによっては永く愛用できるのは嬉しいところ。
※2002 みたいな、ゼロの箇所がサングラスになったヤツは別ですけどwww

例えば、今年でいうと、カラーレンズが流行でしたでしょうか。
個人的にはクリアフレームがちょっと気分でして、クリアフレームにブルーレンズってなサングラスがドンズバ仕様でした。

とはいえ、小遣い制度を導入されているしがない小市民の私奴にとって、いくら流行だ!気分だ!といっても毎度毎度 先立つモノを確保するのも難しいわけです。
そうなると、やはり短期的な気分でいうと、ローコストな製品に流れちゃったりするワケですね。
ちなみに、今年の私奴の短期的物欲を刺激したドンズバモデルはコチラ。

サングラス

クリアフレームのラウンドフォルムで、レンズはブルーミラーというこれでもか!という夏限定の個人的物欲モデル。
来年も付けたくなるのか不明なコチラは、¥3,000程度というプチプライス。
とりあえず、気分だけね。

来年も使用頻度が高くなりそうならいいヤツほしいんですが(爆) まぁこれでも、雰囲気はでますよ。
ただ、やはりかけ心地は価格なりではありますし、調整も自分でやらないといけませんが、潮の香りをチョチョイと味付けする分には十分すぎる活躍っぷり。

つって、潮の香りだの何だの言うていますが、こちとらサーフィンなんかやったこともありませんし、もとい 泳ぎだって決して得意ではないという始末(猛爆)。
もはや私奴の丘サーファーっぷりたるや、夏の間だけで良いのでワーゲンの旧ビートル(水色←ココ大事)にルーフキャリアをつけて、中古のサーフボードをボルト固定しちゃいたいくらい、丘サーファー偏差値は上昇中です。(いや、興味はあるんですよ。ホントに)

もう話の脱線っぷりにハンドル切り直すのも大変ですが、本題はここからwww。

とはいえ、前述した流行モノは置いておくとしても、やはり定番と呼ばれるモノはズバリ!な逸品が欲しいじゃないですか。
これも繰り返しますが、サングラスにも定番と呼ばれる形は存在しますし、そういったモデルを選べば本当に長く愛用できます。

そうとなると次の話としては、男性サングラスの定番と呼ばれるメーカーは一体なんなんだ?という話になりますが、世の諸兄諸姉諸君に聞いたとしても、そこはやはりベタにRay-Ban(レイバン)という答えが一定数以上ランクインしてくるのではないでしょうか。 (もちろんそれ以外にもカッコいい定番グラスは多々ありますが。。。

ただ、一概にRay-Ban(レイバン)といっても、トップガン 及び、西部警察でお馴染みのタレサン オブ タレサンズの異名を持つアビエイターから、ジョンレノン兄さんも愛用したと言われるラウンドと呼ばれるモデルまで。
さらにはボブ・ディラン御大も一緒に風に吹かれた事のある大定番ウェイファーラー兄さんに至っては、レンズサイズが異なる仕様までありますし、折り畳み式もあったりしちゃったりして、兄さんだけでもラインナップは多岐に渡ります。

この様に、前述した代表作を考察してみても、やはり名実ともにRay-Ban(レイバン)というブランドは押えておいて間違いない逸品だと言えるのではないでしょうか!

今買うべき大本命モデルはコレだ!

さて、そんなRay-Ban(レイバン)のサングラスですが、かくいう私奴もかのウェイファラー兄さんのレンズを交換して普段使いのメガネとして愛用していた事もあります。

ウェイファーラー2

私奴のウェイファーラー。
外見はフツーのブラックフレームなのに、内側にレイバンのロゴが散りばめられたデーハースタイル。

コイツは有り難くも愚妻が旅行に行った際のお土産として、2009年に我が物欲艦隊に入隊しました。
ただ、冒頭のとおりサングラスをかけるのに意味不明な勇気が必要であった時期もありwww、使用頻度を上げるが為にサングラスレンズを通常のレンズに入れ替え、普段使いの眼鏡へコンバートした経緯があります。

ウェイファーラー

いまでは長期にわたる任期を経て2015年に退役。
(私奴の物欲艦隊における最終階級は少将。)

普段使いのメガネの座を後任に譲り、年金生活をおくるという引き際も鮮やかな往年の名将です。
しかしながら、近年のサングラス開戦に伴い、このウェイファーラー退役少将が再びサングラスレンズを纏い 現役復帰する日も近いか!?と私奴界隈ではもっぱらの噂です。

おっと、またも話が大きくそれましたが、ではこのウェイファーラー退役少将なき今、現在の物欲艦隊のアイグラス軍を指揮する将校は誰だ?という事なりますが、そいつはコチラ

クラブマスター2

ブロウタイプのフレームにゴールドのリムが渋い。
コチラもウェイファーラーに並ぶRay-Ban社の大定番、クラブマスター御大でござい。

何を隠そう、このクラブマスター准将こそが現在の我がアイグラス艦隊を率いる将校です。 (先のサングラス開戦における華々しい武勲により、この夏を以って大佐→准将へ昇進。おめでとうございます。)

実は、クラブマスター准将と双璧をなすと言われる名将がもう一人いるのですが、コチラはまた改めて筆をとりますのでお楽しみに。

【関連記事】

さてさて、そんな多少タイムリー感に欠ける内容とはなりますが、今回 夏っぽい記事と銘打ちますのは、具体的にいうとメガネ・サングラスの類です。

さて、このクラブマスター准将について備忘録的に筆を走らせますと、彼が我が物欲私兵艦隊に入隊したのが2013年の春となります。
クラブマスターのもろもろの武勲については過去より耳にしておりましたが、特に手にする機会もなく時だけが過ぎていたのですが、ふと立ち寄った近所のショッピングモールのメガネ屋さんにて偶然の出会いを果たします。

当時すでにウェイファーラー少将を愛用していた私奴ですが、ここでの出会いも何かの縁!と試着を決断。
これはウェイファーラー少将の時も体感したのですが、Ray-Banのサングラスはデフォルトの調整状態で何故か絶妙に私奴の顔面にピタっとハマるんです。
これこそ運命デステニー!と言わんばかりの出会いを果たします。

そんなデステニーなファーストコンタクトではありましたが、当日は我が艦隊への入隊を許可する事なく冷静を装い帰路についたものの 帰宅後はどうも気になって仕方がないんデステニー。
今でも思いますが、そこまでモンモンとするという事はもはや運命デステニー。(しつこい)

まぁもうそうなりゃ買いますよね(爆)
決めると早い私奴とすれば、翌日(爆)には再びそのメガネ屋に出向き、必殺カード払いにて急場をしのぐという荒業を経て、我が艦隊に中佐待遇にて厚く遇する事を決意。
翌月のカードの支払いに目を丸くした事は触れないでおきましょう。

クラブマスターの華麗なディテールを一挙公開!

さて、鳴り物入りで我が物欲艦隊に入隊したクラブマスター中佐(当時)でしたが、入隊当時より佇まいが異なっておりました。

というワケで、チョイとここいらでクラブマスター准将(現在)のディテールをばご紹介しませうか。

クラブマスター3

時を経て仲間となったウェイファーラー少将とクラブマスター中佐(当時)
メガネ用途とサングラス用途という、当時の黄金コンビの輝きたるや。

クラブマスター5

Ray-Banのレンズ(内側)に刻印されるRBの文字がキラリ。

クラブマスター4

表のレンズ端にもロゴがキラリ。

クラブマスター7

蝶番も小さいながら5枚番と高品質の証。
世にクラブマスタータイプのサングラスは数あれど、ここいらRay-Banが人気たる所以でしょうか。

クラブマスター6

ネジやノーズパットに至るまでゴールドで統一されており、不思議と成金っぽいイヤラシさはなし。

クラブマスター10

こんなとこまでRBの文字ww
こういう細かなディテール好きだわww

クラブマスター8

ケースはウェイファーラー少将と同じ形でした。
このケース、カッコよくて素敵!

前述した通りと鳴り物入りで我が物欲艦隊に入隊したクラブマスター中佐(当時)ですが、やはり歴戦の名将は戦い方も鮮やか。
ド定番とも言われる程のカタチであるが故にどんなスタイルにもバチコンとハマる汎用性に、クラシックな雰囲気が最高に気分です。

クラブマスターくらいのデザインが丁度いい!

もはや、30をも過ぎますと仮面ライダーを彷彿とさせるカイデーなサングラスよりも、クラブマスター中佐(当時)の様に小ぶりに見えながらも存在感のあるサングラスがカッコいいかと思います。

そんな『クラブマスターマジック』といわれる程の活躍を見せつけ、2014年の夏には大佐に、今年の夏をもって准将に昇進というスピード出世っぷり。
我が艦隊への登用以降、季節を問わずアチラコチラのお出かけの友として重宝しております。

クラブマスター9

パリッとセットした髪型から、キャップにニット帽までまさに大車輪の活躍っぷり。
ジツは2014年にはウェイファーラー少将の退役に際して、メガネへのコンバートをも検討されましたが、とりあえず見送り。

結果としてそのままサングラスとして登用し続けてたワケですが、特に日差しの強い今年になってその判断は正解だったと思います。
本日も子供と散歩の際に准将とともに出発。
5歳の愚息からも冒頭に紹介した今年の個人的ドンズバモデルのクリアフレーム×ブルーレンズ伍長は総スカンでしたが(爆)、クラブマスター准将に至ってはカッコいいともっぱらの評判です。(ホントにww)

メガネユーザーが抱えるサングラスへの悩み

上記の通りクラブマスターの評判は上がるばかりですが、ただひとつ欲をいうと私奴、視力が悪いのでサングラス単体での着用となると車の運転が出来ないんですね。

故に度入りのカラーレンズを入れたいんですよ。

ただ、クラブマスター准将に度入りのレンズを入れちゃうと、レンズに入ったレイバンのロゴが無くなっちゃう、という悲しい背反。。。
別にロゴでイバリを効かせてるワケじゃないんですが、毎年夏になるとこの件で揺れるんですよね。
なにかうまい方法はないものかと模索中でございます。 (まぁコンタクトも持っているので、正直どうとでもなりますが)

あとがき

さてさて、備忘録ついでにもうひとつ申しておきますと、私奴ジツは都合さえ合えばアビエイター御大も我が艦隊へ登用したいんですよね(爆)

ただ、過去の試着の結果 絶望的だったのが、生憎あのテのサングラスは眉毛と目の感覚が狭い人が似合うんですよね。 したがって、THEアジア顔の私奴はまだまだ修行が足りませんwww

もう少し年齢を重ねて眉毛が下がってきた頃にようやく似合うようになるかもしれませんし、似合わないままかもしれません。
ただ今後、何かの縁でアビエイター御大がわが艦隊へ入隊した暁には、アイグラス軍の将校として厚く遇する事をここに約束します!

ちなみに、最近ではクラブマスター准将の親族にあたるクラブラウンドという新人が士官学校に入校してきた様子。

わが艦隊への登用は検討中ですが、クラブマスター准将によく似たディテールながら、レンズ形状が丸く 最近の流行感がピシャリ!

コレはこれで女性でもバッチリ似合いそうな雰囲気がヒットの予感。
なんだかんだ、やはりRay-Ban(レイバン)が好きなんでしょうね。私奴。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする