コスパ炸裂!1/5の値段で買えるH&M謹製バギーズショーツ!

H&Mスイムパンツ

G.W.も昨日をもって閉店ガラガラ。
今日からまた仕事という方も少なくないと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

長い方ですと9連休ですか。とても羨ましい反面、9連休もしたら仕事を忘れてしまいそうで(爆)、5/1、5/2と出勤で良かった是!とムリヤリ自分を納得させておりますwww(猛爆)

とかなんとか言いつつも、本ブログはキッチリG.W.をまるっと計上するという筆不精っぷりが炸裂(猛爆)www

ネタはあったものの筆を取れなかった罪悪感がちょっと心残り、、、ということで、今週は先週分の挽回作戦と銘打って勇んで筆をりたいと思いまっす!(爆)

というわけで今回は季節的にもタイムリーな逸品をご紹介!
ただ標題からして中身がバレバレな感は否めませんがww、舶来ファストファッションブームの立役者、H&Mで思わず衝動買いしてしまった珠玉の逸品をとくとご覧あれ!

【関連記事】

よもや夏の大定番としてラインナップされるバギーズショーツですが、何故世の諸兄諸姉諸君のハートを掴んで話さないのか。 世に蔓延るバギーズショーツレビューとは一線を画す別の切り口にてコイツをレビューして行きたいと思います。
短パンといえばメンズの洋服でありながら年々裾丈が短くなってきておりますが、私奴は結構短い丈が好きです(爆)というのも、スケボーしかりサーフィンしかりオールドスクールなスタイルが好きなんですが、そういった写真集とかみると短パンの丈って短いんですよね。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コレはまさかのP社のバギーズショーツ!?

さてさて、勿体ぶっても意味がありませんのでサクッとご紹介したいと思いますが、コレこそがH&Mで衝動買いをしてしまった逸品! 皆さん、このカタチに見覚えありませんか?

H&Mスイムパンツ
こ、こ、こ、コレは!?
パタゴニアのバギーズショーツにクリソツじゃないか!

というわけで思わず赤と黄色をまとめ買いをしてしまったワケですがwww(猛爆)、何を隠そうコレこそがH&Mのスイムパンツでござい!

いや、コレホントにびっくりしましたwww
というのも、息子の洋服を買いにフラッと寄ったは良いものの、メンズコーナーの一角にこいつを発見! むむむ!?と二度見した瞬間に手に取っていましたww

というのも、驚くべきはコイツの値段なんですよ。コチラ。

H&Mスイムパンツ6
目を疑う程のコスパの炸裂っぷりww
なんと¥1,299と¥1,499という素晴らしいコストパフォーマンスが炸裂!
※2種類の価格帯の商品の差異については後述参照。

案外、このテの買い物は『安物買いの銭失い』になりやすかったりするんですが、それを加味してもこの価格帯は少々衝撃的。

というのも、本家のバギーズショーツの定価が¥7,020。
もっといえば、バギーズショーツ自体が夏場の超定番商品と化している為、どこのショップにおいてもまずセール対象にはなりにくい性質があったりするので、値段だけで言えばH&Mのバーギーズショーツ風のパンツは本家の約1/5という超低価格っぷりwww

もちろん、本家と比べちゃうと幾分見劣りしちゃう部分はありますが、本家1着分の値段で、5色分のカラバリ含めてをゴッソリ買えるというのはスーパー魅力www

バギーズショーツ1
ちなみに、ホントにタイミングよく、この春に3年ぶり(2回目)の買い替えを行った本家のバギーズショーツ!
男は黙って5インチ!って、コレだけみてもクリソツだなwww

よもや夏の大定番としてラインナップされるバギーズショーツですが、何故世の諸兄諸姉諸君のハートを掴んで話さないのか。 世に蔓延るバギーズショーツレビューとは一線を画す別の切り口にてコイツをレビューして行きたいと思います。

これぞ、H&M のスイムパンツの底力!

H&Mスイムパンツ12

見れば見るほどにバギーズショーツと似通っているH&Mのスイムパンツ。
というわけで、早速コイツがどれほどにPatagoniaを意識した作りとなっているのかご紹介して行きたいと思います!

とはいっても、バギーズショーツ自体がショーツとしての基本ディテールが詰まったデザイン故に、それをいっちゃあ全てのショーツがパクリになっちゃうんですけれど(猛爆)

驚くべきはこの生地感!

というのも、店頭で思わず目を疑ってしまったのはこの生地感なんですよね。
なんせ、イキフンがPatagoniaのサプレックス・ナイロンにスーパー似ている!

ちょっとハリコシがありながらもサラッとしてライトな生地感はまさにサプレックスナイロンのソレ!イエローのスイムパンツの方がより似ている気がする。

H&Mスイムパンツ10
この凹凸感が洗いざらしたサプレックス・ナイロンっぽい!
生地はポリアミド(ナイロン)だそうで、成程、バギーズショーツと同じか。
生憎、撥水加工まではされてないけど、まぁ¥1,299という価格だしww

ちなみに、今年の新作で展開されている単色のスイムパンツはイエローのみ。
他にもラインナップはありましたが、プリント柄が多く、このちょっとオレンジがかったイエローは目を引きます!

H&Mスイムパンツ11
そして赤色(というか朱色)の方は例年の定番商品の様子。(¥1,499)
コチラはポリエステル素材ながらも、コットンライクでちょっとマットな感じ。

ただ、コチラ(赤色;ポリエステル素材)のシリーズは、とても発色がいいんですよね。
本来ナイロンの方がお色がキレイに出るというのが通説ですが、同じくブルーやサーモンピンクなんかも良いお色でした。

ただ、デザイナーの意向なのでしょうか、前提的に淡色系が多くて、濃いめのパリッと鮮やかなお色となると赤色/ネイビー/オリーブが良かった様に思います。(Patagoniaの色味にも近かったwwww(猛爆))

バギーズショーツ3
ちなみに今期のバギーズショーツのサプレックス・ナイロン生地がコチラ。
これは新品状態だけど洗いざらしにするとシワがでてきてイイ感じになるんだよね。

ゴムウエストにドローコード付き

これは定番ディテールではありますが、Patagoniaも同じですね。

Patagoniaはインナー側にコードが出ているのに対して、H&Mはアウト側に。
この辺りは好みでしょうか。

H&Mスイムパンツ3
イエローのコードが可愛い。

H&Mスイムパンツ4
赤の方はガシッとしたコットン平紐。
これはコレでクラシックでいい。

H&Mスイムパンツ14
ちなみに、赤色の方は、地味にコードをインナー側にして使うことも可能なデザイン。
このちょっと凝ってる作りが¥200の価格差となっているのかなwww

ただ、両方共にしっかりハトメが付いているのが良いなぁと。
ステッチとハトメではどちらがコストかかるのか分からないけど、私奴はハトメがある方が好きww

赤いスイムパンツのドローコードを、同系色のロープに変更するのも良いかもしれない。
モンベルなんかに行けばテント用のロープも様々取扱があるし、長さの量り売りをしてくれるのでそういったカスタムも楽しいかもしれない。

サイドと右後ろにはポケット完備!

H&Mスイムパンツ9

H&Mのスイムパンツにはポケットの類が一切付いていないタイプも売っているんですが、水着用途のみならずアクティブに使いたい場合はポケットはあって欲しいですよね。

今回購入した2色共に、ポケット自体はついているんですが、ココはコスト面への影響なのか結構違いがあります。
というのも、サイドポケットは両者とも同じ様に作られているんですが、バックポケットは若干仕様が異なるんですよね。

H&Mスイムパンツ13
サイドポケットは黄色も赤も同じく、インナーがメッシュ機構のポケットが。
一応カンヌキ留めでポケットの上下部に最低限の補強はついてるww
ただ、バックポケットにはコスト面の差異が見え隠れしてくる。

H&Mスイムパンツ8
今期の新作(イエロー)はパッチポケットタイプが採用されています。
ドレイン用途でしょうか、バックポケットにもハトメをつかった仕事が光ります。

H&Mスイムパンツ7
対して定番品の赤色はセットイン・ポケット(?)です。
ポケットのスレキはメッシュ仕様でコチラも排水性に考慮した作り。
上の写真の通り、荷物が不意に落ちないようにベルクロでの開閉管理が可能!

バギーズショーツ4
参考までにバギーズショーツはフラップ付きのセットイン・ポケット。
やはりこういった細部に価格の差異はでてきますね。

この辺りは改めてバギーズショーツの記事にて紹介してみようと思います!
乞うご期待!

インナーショーツも!ランにジムにと大活躍の予感!

あと、バギーズショーツで忘れてはイケないのが、インナーショーツ。
正直、昔はインナーショーツが邪魔でカットして外したりしてたんだけど、一度ノーパン(というかその為のインナーショーツなんだけど(爆))で穿いてみると、気持ちよさが全然違う!

H&Mスイムパンツ5
表生地と同色のメッシュ生地。
ただ、このメッシュ生地は幾分安っぽいのが難点(爆)

バギーズショーツ6
本家バギーズショーツはは着心地にもこだわったメッシュ生地。
まぁ、これが1/5の価格差の所以でしょう。

ただ、こういったコストダウン箇所が見え隠れしたとしても、次項に記載するシルエットで 及第点を大きく飛び越えた逸品になったりするんですよね。

裾幅広め✕裾丈短めの野暮シルエット!

H&Mスイムパンツ1

昨今はショーツといえども、インコテックス等のイタリアパンツ専業メーカーが手掛ける美シルエットのバミューダなどが永らく台頭しておりましたが、永らく続いた美シルエットの反動なのか、元々の取り回しの良さが再注目されたのか、正反対の野暮ったいシルエットのバギーズショーツが再び注目されているのはご承知の通りかと思います。。

そしてそんな野暮ったいシルエットこそがPatagoniaのバギーズショーツのウリだったワケですが、このH&Mのスイムパンツもそのシルエットを漏れなく踏襲しているトレンドっぷりを見せつけています!サスガ!

この3つのシルエットを比較してみるとこんな感じ!


イエローは裾丈が短めだった為、ワンサイズ上のサイズをセレクトしましたが、結果としてPatagoniaとほぼ同じ様なシルエットを再現している事が分かるかと思います。

案外、週末であれば風呂上がりにコイツ、、、といったスタイルであれば案外不便なく一日中過ごせちゃいそうwww

コレは買うべき!?見送るべき!?

えーと、コレは結論からいうと『気になったなら買い』の判断で良いかと思います。

というのも、シルエットや生地感を総括すると、バギーズショーツの代替品として十分な活躍が期待できると思います。

勿論、上述したとおりバギーズショーツと比較して細かなディテールには差異があるのは仕方ありませんが、気兼ねなくガンガンに履きつぶす感覚で穿けるのは魅力です。

もっというと、ショーツとしてさほど複雑なソーイングをしているワケでも無いので極端に耐久性が落ちるという事も無いでしょうし、先ずこの価格帯というのが試しに買ってみる!という意味でも選び易いと思います。

個人的には赤色の方のスイムパンツがオススメですかね。
なんせバックポケットの具合をみても、¥200高い分細かい仕事に優位性がありそうなんです(爆)

H&Mスイムパンツ16
案外、デーハーだと敬遠されがちな赤色もコーディネート的には合わせやすかったりする。
この夏はこのH&Mのスイムパンツ2着+バギーズショーツ1着があれば過ごせるんじゃなかろうかwww

よもや夏の大定番としてラインナップされるバギーズショーツですが、何故世の諸兄諸姉諸君のハートを掴んで話さないのか。 世に蔓延るバギーズショーツレビューとは一線を画す別の切り口にてコイツをレビューして行きたいと思います。

あとがき

ちなみに、上記のコーデ案で使った赤いキャップもH&M謹製という、まさかのH&Mにハマりかけている私奴ww
ショートスパンでの流行の消費、、、と言われているけれど、案外使えそうなモノも混ざってたりww

H&Mキャップ1
¥999というこれまた格安っぷりが炸裂ww
フロントにワッペンでも縫い付けたら化けないかなコレ?

H&Mキャップ2
強引にストーンウォッシュをかけたような毛玉感はご愛嬌だけど(爆)、色抜けもイイ感じ。
ブラス色のバックストラップもしっかりしてて好感触。

こういった小物を見ちゃうと、H&Mもやるもんだなぁなんて思っちゃうwww


ボルドーのLLビーントートを合わせてもイイ感じ。

今回も引き続きLLビーンのトートのスピンオフ企画! 題して『チキチキ☆痒いところに手が届け!実用性重視ver.の使い勝手や如何に!』
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする