【コーディネート提案!】どう着る?ナナミカのステンカラーコート!

ナナミカ129

変則的なブログの更新で、炊飯器⇒コート⇒炊飯器⇒コート、、、なんてチグハグなエントリが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ちゃん貴です。
(各内容毎に連続させれば良かった、、、と今更ながら猛省中www)

さて、今回のエントリは最早エントリの標題でバレバレですが、前々回のエントリにてご紹介させて頂いた【ナナミカのステンカラーコート】のスピンオフ企画!

というのも、過去のエントリでも触れた通り、ナナミカのステンカラーコートの汎用性たるや、目を見張るモノがございます故、『如何に便利なアイテムなのか!』を検証する為にも、具体的なコーディネート案を私奴なりのアプローチにてご紹介してみよう!という新企画!

題して『チキチキ★ちゃん貴プレゼンツ!ナナミカコーディネート2018春場所!』

というワケで思春期以降 洋服が好きになったは良いものの、スタイリストやデザイナー、はたまたアパレル店員という洋服に関連した職業には進まなかった保身っぷり(爆)は精彩こそ欠きますが、ある意味『リアルな大人のコーディネート』が提案できるのでは無いかと思っています。

いつもならコーディネート案の洋服について詳細クレジットは入れないのですが、今回はお試し新企画と言うことで、具体的に記載してみました。更には、過去に本ブログでご紹介した厳選ワードローブが至る所に登場します(爆)

ここで提案したコーディネートの好き嫌いは有ると思いますが、もしも気に入ったコーディネートがありましたらば、コメント欄から5・7・5のリズムでコメントを頂ければ、風情があって良いかと思います!(猛爆)

【関連記事】

前回よりランニング関係の記事を投稿しておりましたが、ちょっとタイムリーにアップしそこねた記事がありましたので、今回割り込みで投稿させて頂きます。
そろそろ衣替えをしたい気持ちが昂ぶってくるのですが、如何せん春っぽい装いを意識しながら 時折感じる寒さを凌ぐとなると、この時期の洋服はなかなか難しいwww ただし!ジツは私奴はそういった用途の最適解であろうモノを知っている!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

どう着る?ステンカラーコート

さて、ナナミカのステンカラーコートといっても、お色や素材含めてラインナップはイロイロあります。 その中でも私奴がセレクトしたのはコチラ。

ナナミカ101
デニム ✕ ゴアテックスという歴史的素材が融合した、タイムレスなコート!

前回のエントリでは、コイツの薀蓄や詳細のディテールについて鼻息荒くご紹介しましたが(爆)、やはり本来のオシャレの楽しみ方としては『このカッコいいコートを如何に着倒してやろうか!』とイロイロと妄想することではないでしょうか。

と言うワケで、僭越ながら私奴が元より少ないセンスをふり絞りながらww各季節ごとにコーディネート案を考えてみました!

ステンカラーコートコーデ案;春

かの浅田次郎御大が筆をとった名作『プリズンホテル』は 『春』が4部作のフィナーレでしたが、本ブログでは春が一発目!
だって、今すぐにでも着たいじゃない!というわけで、先ずは 明日からでも着れる春先のコーディネート案から考えてみました!

記念すべき一発目は最近、イロイロな洋服屋さんや雑誌でも見かける”ちゃん貴風スポーツミックススタイル!”

ナナミカ101

キャップ:エベッツフィールド
Tシャツ:ウェアハウスのベースボールTシャツ
スエットパンツ:BEAMS×Champion リバースウィーブ
ソックス:スケーターソックス
靴:アディダス スタンスミス(いまセール中だ是!)

これで着るならフロントはオープンにして、スケーターソックスのトリコロールのラインも見せたいww
あえて丸眼鏡なんかかけたりして、シティボーイ気取るのもイイかも(猛爆)

ステンカラーコートというドレッシーなアイテムながら、デニム生地故にカッチリしすぎず、イイ感じのMIX感が出ると思います。
ただ、この格好は30過ぎたオッサンには少々若すぎるww(猛爆)

と言うワケで、ちょっと落ち着いたイキフンで着るならば、これかな。

ナナミカ104

カットソー:セントジェームス
パンツ:PT01 ネイビーチノ
ローファー:ジャランスリウァヤ ネイビーローファー

これくらいのマリンスタイルも春先ならでは。
バスクシャツは春夏の特権ですからこうして着用できる時期が増えるのは有り難い!

ナナミカ105

キャップ:ラルフローレン
Tシャツ:Champion T1011
ジーパン:PT01 オリーブチノ
靴:VANS ヌメ革スリッポン

これ位ラフな格好でも許容できるのは良い。
あれだな、レイバンのクラブマスターをかけてもキマるかも!

そんなこんな考えると、冬物セールの残りとはいえ、ココンチのコートであれば2月~4月中くらいまでなら春先でも問題なさそう!なんなら、案外冷える夜桜花見でも重宝しそう。

ステンカラーコートコーデ案;秋

さて、シーズンは飛んで秋。
まぁサスガに夏場は無理だとしても、ちょいと冷え込んで着た秋口にでもチョイと羽織って季節感を演出できるのがコイツのニクイ所。

全体的にトーンを落として秋っぽく。
全身ネイビーのワントーンかと思いきや、サンドベージュのチャーチのチャッカブーツは私の中でのお約束ですww ネイビーのカーディガンを着たり、ニット帽は濃い目のお色でも良いかも。

ナナミカ103

ニット帽:ハイランド2000
BDシャツ:ラルフローレン
パンツ:トゥモローランド
靴:アディダス スタンスミス

案外、中に着るシャツを替えてもイケるwww
グレーパンツの素材感で秋口のテイストを匂わせれますね!
もっというと、グレーパンツにスタンスミスは一度やってみたかった(爆)

ナナミカ106

シャツ:レミレーリーフ
ベスト:パタゴニア レトロX
ズボン:PT01 ネイビーチノ
靴:トリッカーズ カントリーブーツ

ちょっと若作りかもしれませんが(爆)こんな感じで着込めば晩秋くらいの冷えてきた頃にも対応可能。レトロXのブラウンカラーは季節感を出すのにスーパー便利ww

ナナミカ107

シャツ;ラルフローレン
ネクタイ;ラルフローレン
ベスト;ブラウンズビーチ
ズボン:PT01 ネイビーチノ
靴:オールデン チャッカブーツ

元々ステンカラーコート自体がドレッシーなアイテム故に、思い切ってキレイめにタイドアップしてもハマる。
タイの色味をオールデンを合わせてみたり、ブラウンズビーチの色味も秋口の季節感を出すのにも重宝します。

僕は基本的に秋物については暖色系のアイテム足しときゃいいんでしょwww的な短絡的な思考(猛爆)なんで、基本は春物をベースにお色や、素材を変えてみながらお茶を濁し、、、ゴホン!汎用性を持たしています(爆)

ステンカラーコートコーデ案;冬

薄手とはいえゴアテックスの恩恵により完全防風のコイツは、晩秋はモチロン冬でも全然問題無く愛用できちゃう優れもの!

ダウンジャケット等と比べると保温性こそ低いですが、前述の通り防風性能はピカイチですから、インナーに保温性の高いニットなんかを着こんでやれば、豪雪寒冷地のようなシチュエーションを除けば対応可能でしょう!

ナナミカ110

ニット:グランサッソ
パンツ:インコテックス コーデュロイ
手袋:デンツ ディアスキングローブ
靴:オールデン チャッカブーツ

これくらいの小奇麗なカッコでも良いし、

ナナミカ109

パーカー:ラルフローレン
ベスト:ブラウンズビーチ
ジーパン:LVC 501(66前期モデル)
靴:CEBO マウンテンブーツ

なんてカジュアルに振った服装でもイケる!
RESOLUTEだとスリム過ぎるので、LVC位がアメカジ感が出て良いかなぁと。

ナナミカ108

シャツ;ラルフローレン
ニット;アンデルセンアンデルセン
パンツ;トゥモローランド
シューズ;アディダス スタンスミス

上述した秋口のコーデにアンデルセンアンデルセンを重ねた感じ。奇しくも過去にアンデルセンアンデルセンをご紹介した時のこのコーデの上に、そのままナナミカを羽織る結果に(爆)。
ただ、唯一真面目にポイントを挙げるとすれば、シャツはニットの下からタックアウトさせて、襟(上)と腰(中)と足元(下)で白色の面積バランスを取る感じでしょうか。

コーディネート結果;ちゃん貴 総評

ナナミカ105

上記の通り、イロイロとコーディネート案を妄想してみましたが、想定以上に使い勝手が良い!

というのも、やはりデニムという生地が カジュアル過ぎず 且つ、ドレスに寄り過ぎない絶妙なバランスを実現しているのかもしれません。

よもや、これは器用貧乏を超えた汎用性の高さなんじゃないか!?と思うほどで、コレほどに多方面に睨みの効くモノといえば、コイツ以外にはオロナインくらいしか思い浮かばないww(爆)
いやはや、本気でオフ用途におけるデニムコートの見る目が代わりましたwwww
ただ、オン(というかビジネス用途)では100%NGでしょうけどw

コイツを買う時の言い訳を考えてみる

ナナミカ108

上記内容より、世の諸兄諸姉諸君にナナミカのステンカラーコートが如何に秀逸なアウターであるのかお分かり頂けたかと(勝手に)思っています(爆)

ただ、一つ問題があるとすれば、ココンチのコートは『欲しいから買おうか、、、』的なノリで買える程 安い買い物では無いということww
通常のコットン生地のコートで6万円弱ですか。 このデニムの奴で言えばなんと定価78,000円(税抜き)!税込8.6万円のコートなんて、フツーに考えると買えない是www

これば、一部の富豪を除いて皆同じで、私奴も例外ではありません。
しかし、何故、一介の雇われサラリーマン 且つ、絶賛お小遣い生活中の私奴が、このコートを買えたのか!? この辺りについて 少々 火に油を注いで見ようと思います(猛爆)

言い訳①;金額の大きさと、価格の高さは別物である。

これは私奴の持論ではあるんですが、私奴の解釈する金額とは、額面通りの値段。
10万ならば10万円、100円なら100円です。
数学的な『大きい/小さい』といった概念ですね。

対して価格となると、私奴の解釈は『モノの出来栄えに対して支払うべき金額』です。
コレについては金額の様に『大きい/小さい』ではなくて『高い/安い』という概念になります。

あれですね、同じ100円でも、牛丼一杯が100円となると、安い!となりますし、何の変哲もない爪楊枝1本が100円となると、高い!となる感覚ですよね。

で、何が言いたかったかと言うと、金額に捕らわれず、価格にて購入を判断するというのが私奴のポリシー。

ただ、この高い/安いの判断は、その時の懐具合や、もっというと体調(気分)にも左右されちゃう事もあって、ナカナカ幾らの価格であればOK!なんてボーダーラインが難しかったりします。 ただ、そんな時に私奴が良くやる考え方がコレです。

言い訳②;コストメリットをユニクロと比較して考えてみる。

ユニクロ

これは実際にナナミカを購入する際に、自分自身への言い訳として使った事例でもありますwww

というのも、このナナミカの実用性については前回のエントリにて触れた通りで、コイツ1着あれば春秋冬と3シーズンは重宝する万能アイテム。
それ故、仮にナナミカの購入を見送ったとしても、各シーズンで新しいアウターを購入する場合の諸費用を計算してみると、案外ナナミカだって買えちゃうじゃないか、、、という結論に至りました!

例えば、ユニクロを例に考えてみても、春先にスプリングコート(Ex.ブロックテックコート)を買うとした場合、10,000円位の出費は必要となります。
さらに秋口にアウターを買う、、、となってもユニクロUのステンカラーコートは13,000円くらいするもんで、春・秋の時点で¥23,000位の出費が想定されちゃう。 その後、冬場のともなれば コート一枚では寒いから防寒着としてシームレスダウンが必要だよね、、、となると、ココでも¥13,000が必要となります。

つまり、ユニクロで3シーズンのアウターを買ったとしても通年で¥36,000の出費は想定できるワケで、ナナミカのコートのセール価格が¥40,000程度で有ることを考えると、ココの金額差をどう考えるか、、、と言う事ですよね。

今回はユニクロを例に挙げましたけど、下手なセレクトショップオリジナルだと、コート1着で20000円とかザラ(特に冬モノ)ですから、良くも悪くもユニクロをベンチマークとするとコスト面の不安は納得し易かったりします。

最近はユニクロでも10,000円を超える高額商品も続々と増えてきまして、『ユニクロで10,000円の商品!?』なんて驚きも少なくありませんが、他のファストファッションブランドと比較しても、同じレベルで作り込んだ製品同士を比較すると、ユニクロの価格が高い!という意見はあまり聴きません。

むしろ安すぎるくらいのモノだって有るわけで、そういう理屈をウマく転がす事ができれば、『どうせユニクロでも同じ金額が必要となるなら、ココはちょっと背伸びしてナナミカを、、、』なんて、自己肯定が出来ちゃうというカラクリです!

しかし、この作戦に落とし穴があるとすれば、ユニクロとの比較ばかりを全面に押し出しちゃうと、アンデルセンアンデルセンの様なシーズン物を買う時の言い訳が苦しくなってくる諸刃の剣(猛爆)ww

言い訳③;極論で攻めてみる!

議論

まぁ、上記のユニクロと比較する事も大義としては同じなんですが、ワイフを説得する時に使うのがコレ。

同じ金額を使う事を前提とした場合、『良いモノを長く使う』vs.『多くのオシャレを短期間で消費する』という2択なら、どっちをえらびますか?

私奴としては、前者を常々選択したいと思っていますし、琴線を刺激するモノもそういった思想の上で作られたモノが多かったりします。
※どちらが良いとか、悪いとか、そう言った問題では無くて、これはファッションに対する考え方です。(ジツは私奴のワイフは後者タイプですし)

個人的には お洒落は 合理性やコストメリットばかりを重視して決められるモノじゃないと思っているので、あくまでコレはモノを購入する時の言い訳なんですけどね、、、

いやはや如何せん貧乏性なモノで、こんな言い訳でもしない限り、私奴の中で稟議承認が下ろせない小心者なんですwww 逆に言えばこの程度の理論武装で稟議が通るザル決済なんですがw(猛爆)

あとがき

これは仮の話ですが、出来栄えがスゴイ良くて、カッコよくて。更にはコスト面も財布に優しいアウターが市場に出るとするじゃないですか。 恐らく、私奴はソレを買うと思います。

でも、絶対にソレだけじゃ満足できなくなって、ロマンだのサイドストーリーだのと屁理屈を並べてバブアーやナナミカを買うんだと思います。(猛爆)

あと、今回3シーズン用のコート!と銘打ってコイツを買いましたが、きっと秋口には忘れてる自信がありますww
THE こんにゃく意志(爆)

【関連記事】

前回よりランニング関係の記事を投稿しておりましたが、ちょっとタイムリーにアップしそこねた記事がありましたので、今回割り込みで投稿させて頂きます。
そろそろ衣替えをしたい気持ちが昂ぶってくるのですが、如何せん春っぽい装いを意識しながら 時折感じる寒さを凌ぐとなると、この時期の洋服はなかなか難しいwww ただし!ジツは私奴はそういった用途の最適解であろうモノを知っている!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする